マクラーレンF1代表 「メルセデスとの関係は今年の進歩の大きな鍵」
マクラーレンF1のチーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、メルセデスのF1パワーユニット部門との“センセーショナル”なパートナーシップが彼らの進歩を助けたと語る。

アンドレアス・ザイドルは、ホンダとルノーのF1エンジンを搭載した不毛な時代を経て、マクラーレンがF1マシンの真のポテンシャルを評価する方法はタイトルを獲得したF1エンジンを搭載することだと感じていた。

そして、今年からメルセデスのF1エンジンに切り替えたマクラーレンは、基本的に昨年のシャシーが継続され、許された開発トークをすべてメルセデスエンジンへの適応に使用したにも関わらず、すぐに競争力をみせた。

アンドレアス・ザイドルは、多くの成功を収めてきたマクラーレン・メルセデスのパートナーシップを復活させる背景にあった理論について説明した。

「まず第一にマシンのラップタイムはもちろん全体的なパッケージの結果であり、パワーユニットはその中で重要な役割を果たしている」とアンドレアス・ザイドルは語った。

「メルセデスエンジンを採用することにしたときには明確な理由があった。ワールドチャンピオンを獲得したパワーユニットをマシンの後部に配置したかった」

アンドレアス・サイドルは、ルノーから切り替えの背後にあった理由には、マクラーレンのF1マシンには基本的なペースがあり、メルセデスのパワーユニットが優位に立っていることを考えて「チームとしてどこに立っているかを知るため」にエンジンクオリティの観点から「可能な限り最高のリファレンス」を求めたと説明した。

そして、近年のメルセデスの成功は、マクラーレンが再び過去のエンジンパートナーとペアを組んですぐに競争力を発揮できたことは驚くことではなかった。

「この関係の最初の数か月、それがどのように始まったのかを見ると、とにかくとても満足している」とアンドレアス・ザイドルは付け加えた。

「ブリックスワースとウォーキングの両方のチームは、新型コロナウイルスの制限下にあっても、このパワーユニットを和我々のマシンに統合するために冬の間センセーショナルな仕事をしたと思う」

「信頼性の問題もなく、最初のテストから本当に準備ができていた」

アンドレアス・サイドルは、メルセデスのF1エンジンへの切り替えはマクラーレンにとって「素晴らしい結果」であり、偶然ではないと感じているモンツァでのダニエル・リカルドのレース勝利という形ですでに成功を収めていると感じている。

「今年我々が達成できた結果は、ウォーキングのチームがマシン側でも行った素晴らしい仕事とともに、それ自身のために語っている」とアンドレアス・ザイドルは付け加えた。

マクラーレンは、勢力図のトップエンドにゆっくりと戻ってきたが、アンドレアス・ザイドルは、メルセデスが直接の競争の邪魔してくるとは考えていないと語った。

「私は確信している・・・それが将来のチャンピオンシップのための戦いで我々の邪魔になることはないだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / メルセデス