2021年08月のF1情報を一覧表示します。

2021年 F1ベルギーGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2021年8月29日
2021年 F1ベルギーGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想
ピレリは、2021年 F1世界選手権 第12戦 F1ベルギーGPの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を発表した。

ピレリは、ハンガロリンクに昨年のと同じC2(ハード)、C3(ミディアム)、C4(ソフト)とレンジの中央の硬さのコンパウンドをノミネートしているしかし、土曜日はFP3でドライタイヤを試したランド・ノリス(マクラーレン)を除いては全員が雨用タイヤしか使用しなかったため、全ドライバーが全種類の新品のドライタイヤを残している。

2021年 F1ベルギーGP 予選:トップ10 ドライバーコメント

2021年8月29日
2021年 F1ベルギーGP 予選:トップ10 ドライバーコメント
2021年 F1世界選手権 第12戦 F1ベルギーGPの予選でトップ10入りしたドライバーのコメント。

1位:マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
「このホームグランプリでポールポジションを獲れてとてもうれしい。簡単ではなかった。ラップをまとめるのが大変で、正しいタイミングと適切なラインを探りながら、どのくらいのスピードでコーナーに進入すべきかを判断した。長い赤旗中断の後だったので、難しかった。また、タイヤの熱入れも重要で、このような長いコースではラップタイムに2~3秒の影響が出る」

2021年 F1ベルギーGP 予選:ドライバーコメント(11位~20位)

2021年8月29日
2021年 F1ベルギーGP 予選:ドライバーコメント(11位~20位)
2021年 F1世界選手権 第12戦 F1ベルギーGPの予選で11番手~20番手だったドライバーのコメント。

11位:シャルル・ルクレール(フェラーリ)
「僕たちにとって今日の予選はトリッキーだった。マシンバランスにはとても満足していたし、コースコンディションを考えると全体的なパフォーマンスは悪くなかっただけに残念だ。後から考えれば、Q2でタイヤ交換を遅らせた方が良かったかもしれない。でも、後からそう言うのは簡単だ」

マックス・フェルスタッペン 「ウェットではラップがすべてだとは思わない」

2021年8月29日
ポール獲得のマックス・フェルスタッペン 「ウェットではラップがすべてだとは思わない」 / F1ベルギーGP 予選
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、2021年F1ベルギーGPの予選でポールポジションを獲得。それでも「もっお良い仕事ができたかもしれない」と振り返る。

Q3開始前には再び大雨となり、不安定なコンディションの中でセッションがスタート。ウエットタイヤを装着したランド・ノリス(マクラーレン)が、アタックの1台目となりましたが、オー・ルージュでコントロールを失い、激しいクラッシュを喫し、赤旗中断となる。マシンの撤去や路面の処理を行う間に雨が強まったこともあり、再開まで45分間の中断になった。

セバスチャン・ベッテルが見せた優しさ「ノリスの無事を確認したかった」

2021年8月29日
セバスチャン・ベッテルが見せた優しさ「ノリスの無事を確認したかった」 / F1ベルギーGP 予選
セバスチャン・ベッテルは、F1ベルギーGPの予選で大クラッシュを喫したランド・ノリスの事故現場でマシンを止め、ノリスが無事であるかを確認する優しさをみせた。

セバスチャン・ベッテルは、予選Q3がスタートした際、雨脚が強まっていたことでチーム無線で赤旗中断を要求していた。その直後、ランド・ノリスはオー・ルージュでハイドロプレーニングを起こし、高速でバリアにクラッシュしてラディオンで止まった。

アルファタウリ・ホンダF1 「角田裕毅の本来の目標はQ2進出だった」

2021年8月29日
アルファタウリ・ホンダF1 「角田裕毅の本来の目標はQ2進出だった」 / F1ベルギーGP 予選
アルファタウリ・ホンダF1のテクニカルディレクターを務めるジョディ・エギントンが、2021年F1ベルギーGPの予選を振り返った。

ウェットのトリッキーなコンディションのなか、ピエール・ガスリーは順調にQ3まで駒を進めて6番グリッドを獲得。角田裕毅はQ1で敗退して17番手だったが、他のマシンのグリッド降格により、決勝を16番グリッドからスタートする。

マックス・フェルスタッペン 「F1タイトルは事故ではなく最速マシンで決まる」

2021年8月29日
マックス・フェルスタッペン 「F1タイトルは事故ではなく最速マシンで決まる」
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、過去2レースで苦しん大きな挫折が、2021年のF1ワールドチャンピオン争いにおいて最終的に決定的なものにはならないとし、レッドブル・ホンダが、ルイス・ハミルトンが運転するメルセデスよりも速いマシンを自分に与えられるかどうかに帰着するだろうと語る。

わずか2レース前のF1イギリスGPでは、マックス・フェルスタッペンは、ドライバーズランキングで33ポイントのリードを築いてポールポジションからスタートした。

MotoGP:ホンダ 2021年 第12戦 イギリスGP 予選レポート

2021年8月29日
MotoGP:ホンダ 2021年 第12戦 イギリスGP 予選レポート
ポル・エスパルガロ今季初ポールポジションを獲得。マルク・マルケス5番手とRepsol Honda Teamの2人が好グリッドから決勝に挑む
2年ぶりの開催となったMotoGP 第12戦イギリスGPの予選は、午前中は雲が多く気温も13℃前後だったが、午後はところどころ青空が広がり、気温は18℃まで上昇した。そのため、初日から大幅にタイムが短縮されるという厳しい予選で、ポル・エスパルガロ(Repsol Honda Team)が今季初ポールポジション(PP)を獲得、Repsol Honda Teamに移籍して初のPPを獲得した。

MotoGP:ヤマハ 2021年 第12戦 イギリスGP 予選レポート

2021年8月29日
MotoGP:ヤマハ 2021年 第12戦 イギリスGP 予選レポート
Monster Energy Yamaha MotoGPのファビオ・クアルタラロがQ2で3番手とし、全12戦中11回目となるフロントローを獲得した。チームメイトのカル・クラッチローは19番グリッドを獲得している。

PETRONAS Yamaha Sepang Racing Teamのバレンティーノ・ロッシはFP3で7番手としてQ2に直接進出、8番手を獲得しグリッド3列目。チームメイトのジェイク・ディクソンは、MotoGP初レースを21番グリッドからスタートすることとなった。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 5 | 6 | 7 |...| 57 | 58 | 59 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム