マックス・フェルスタッペン 「F1タイトルは事故ではなく最速マシンで決まる」
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、過去2レースで苦しん大きな挫折が、2021年のF1ワールドチャンピオン争いにおいて最終的に決定的なものにはならないとし、レッドブル・ホンダが、ルイス・ハミルトンが運転するメルセデスよりも速いマシンを自分に与えられるかどうかに帰着するだろうと語る。

わずか2レース前のF1イギリスGPでは、マックス・フェルスタッペンは、ドライバーズランキングで33ポイントのリードを築いてポールポジションからスタートした。

しかし、その後の2戦ではメルセデスの2台からの接触によってポイントを失い、ルイス・ハミルトンが8ポイントのリードを築いていた。

ルイス・ハミルトンは、F1イギリスGPでのマックス・フェルスタッペンとの衝突にスチュワードからペナルティを科されたが優勝。F1ハンガリーGPでの1コーナでレッドブルの2台を潰したのはバルテリ・ボッタスだった。

マックス・フェルスタッペンは、チームメイトのセルジオペレスとは異なり、レースにとどまることができましたが、RB16Bが損傷したため、9位でフィニッシュし、ハミルトンは2位でフィニッシュした。

F1ベルギーGPのメディアデーで Sky F1 から、最近のカリブ海での休暇中にチャンピオンシップで40ポイント以上先を行っていたはずかったことについて考えたのかと尋ねられたマックス・フェルスタッペンは「そうなっていた可能性はあったし、そうなっているはずだった。でも、それについてはあまり考えたくはない」とコメント。

「結局のところ、僕たちが十分に速ければ、チャンピオンシップに勝つことになるので、実際には問題ではない。十分に速くないならば、40ポイントのリードでさえ十分ではない」

「もちろん、最後2レースが少し違ったものになっていて、まだリードしていたら、それは常に素晴らしいことだ。でも、それは“if”だ。先を見て、ここで良い週末を過ごした方がマシだ」

モナコからオーストリアのダブルヘッダーまでのペース面で支配的だったマックス・フェルスタッペンは、過去2回の1時間の予選で最速タイムを記録して復活したメルセデスと戦わなければならない。

「彼ら(メルセデス)は、過去2レースの週末に確実にパフォーマンスを向上させたと思うので、それを少し取り戻すのはもちろん僕たちの責任です」とマックス・フェルスタッペンは付け加えた。

「ここが僕たちの最高の週末でなくても、何も失うものはない。今回は、結果とペースの点で僕たちにとってベストなトラックではなかったけど、今年は少し良くなる可能性があるし、おそらく少し雨が降るかもしれないので、何が起こるか分からない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1