2021年08月のF1情報を一覧表示します。

2021年 第12戦 F1ベルギーGP:ピレリ 決勝レポート

2021年8月30日
2021年 第12戦 F1ベルギーGP:ピレリ 決勝レポート
悪天候のため、ベルギーGPはF1史上最短のレースとして成立し、ハーフポイントが適用された。レッドブルのマックス・フェルスタッペンが優勝し、ウイリアムズのジョージ・ラッセル、メルセデスのルイス・ハミルトンが続いた。

当初のスタートから3時間以上遅延後、全ドライバーがCinturatoブルー・フルウエットタイヤを装着してピットレーンから再スタートした。

アルファタウリ・ホンダF1 「空力セットアップは最適化されていた」

2021年8月30日
アルファタウリ・ホンダF1 「空力セットアップは最適化されていた」 / F1ベルギーGP 決勝
アルファタウリ・ホンダF1のチーム代表を務めるフランツ・トストが、2021年F1ベルギーGPの決勝レースを振り返った。

降り続く雨によりセーフティカー先導走行のみでの終了となり、規定周回数に満たずハーフポイントの付与となったF1ベルギーGPで、ピエール・ガスリーは6位入賞を果たし、アルファタウリ・ホンダF1は4ポイントを獲得。角田裕毅はセルジオ・ペレスのクラッシュによって1つ順位が繰り上がり、15位でレースを終えた。

2021年F1ベルギーGP:3分27秒071秒…史上最短レース記録を大幅更新

2021年8月30日
2021年F1ベルギーGP:3分27秒071秒…史上最短レース記録を大幅更新
2021年のF1ベルギーGPは、このスポーツの71年の歴史のなかで史上最短のレースとして記録されることになった。

最終的な分類は、危険なウエットコンディションのなかでセーフティカーの後ろで完了した最初の公式レースラップの終わりとなった。つまり、マックス・フェルスタッペンのレース優勝時間は3分27秒071秒だった。

F1レースディレクター、1周レースにハーフポイントを付与した理由を説明

2021年8月30日
F1レースディレクター、1周レースにハーフポイントを付与した理由を説明 / F1ベルギーGP
F1レースディレクターのマイケル・マシは、1周目の終わりの順位から最終リザルトが取得したにもかかわらず、F1ベルギーGPでトップ10以内に終わったドライバーにハーフポイントが与えられた理由を説明した。

日曜日のスパ・フランコルシャンは集中豪雨に見舞われ、セーフティカー先導でフォーメーションラップが数周完了する前に25分のディレイとなった。

ホンダF1 田辺TD 「どこかで4基目を入れてペナルティの可能性は高い」

2021年8月30日
ホンダF1 田辺TD 「どこかで4基目を入れてペナルティの可能性は高い」
ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治は、今後のレースで4基目のパワーユニットを投入してペナルティを受ける可能性は高いと認める。

ホンダF1は、第7戦フランスGPで2基目のエンジンを投入したが、第10戦F1イギリスGPではマックス・フェルスタッペンがルイス・ハミルトンとの接触によって大クラッシュ。このクラッシュが原因でエンジンにはクラックが入り、プラクティスでは使えるものの、レースでの使用は不可能な状況となった。

ランス・ストロール、セーフティカー先導の1周のレースで10秒ペナルティ

2021年8月30日
ランス・ストロール、セーフティカー先導の1周のレースで10秒ペナルティ / F1ベルギーGP 決勝
アストンマーティンF1のランス・ストロールは、レースが完全にセーフティカーの後ろでの走行となり、たった1周しか行われなかったにも関わらず、F1ベルギーGPで10秒ペナルティを科せられた。ストロールの過失ではないが。

前戦F1ハンガリーGPでのクラッシュによる5グリッド降格ペナルティにより、ランス・ストロールは最後尾からスタートする予定だったが、アルファロメオがキミ・ライコネンのリアウイングのアセンブリを交換してピットレーンスタートとなったことで19番グリッドに昇格。

F1首脳陣、ベルギーGPの“茶番劇”回避のために緊急会議

2021年8月30日
F1首脳陣、ベルギーGPの“茶番劇”回避のために緊急会議
F1の利害関係者は、7度のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンによって「茶番劇」と名付けられたF1ベルギーGPの繰り返しを将来どのように回避できるかについて話し合うために会議を行う。

F1ベルギーGPは3周を走行したが、すべてセーフティカーの後ろでの走行であり、悪天候のために中止が宣言され、結果はわずか1周で分類された“F1史上最短”の“レース”となった。

F1レースディレクター、セルジオ・ペレスがレースに出走できた理由を説明

2021年8月30日
F1レースディレクター、セルジオ・ペレスがレースに出走できた理由を説明 / F1ベルギーGP 決勝
F1レースディレクターのマイケル・マシが、セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)がF1ベルギーGPへの出走を許可された理由について語った。

セルジオ・ペレスは、F1ベルギーGPのグリッドに向かうレコノサンスラップでターン6の“レ・コーム”でコントロールを失い、バリアへとクラッシュ。右フロントサスペンションを破損し、グリッドに並べない状態となった。

フェルナンド・アロンソ、何もできず11位「ある意味で衝撃的」

2021年8月30日
フェルナンド・アロンソ、何もできず11位「ある意味で衝撃的」 / F1ベルギーGP 決勝
フェルナンド・アロンソは、F1ベルギーGPでセーフティカー先導の2周でポイントを付与するという決定に呆然とした。

スパ・フランコルシャンではレース当日に大雨が降り、F1ベルギーGPを成功させるために2回のスタートが試みられたが、どちらもコンディションの犠牲になった。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 57 | 58 | 59 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム