コルトン・ハータ 「アンドレッティ以外でのF1転向は難しい年齢」

2024年1月15日
コルトン・ハータ 「アンドレッティ以外でのF1転向は難しい年齢」
アンドレッティ・グローバルのインディカー・エースであるコルトン・ハータは、マイケル・アンドレッティが2025年にF1参戦を実現していない限り、F1に転向すのは時間的に不可能だと認めている。

FIA(国内自動車連盟)は10月、アンドレッティの新F1プロジェクトに正式なゴーサインを出したが、これはチームがF1組織およびそのCEOであるステファノ・ドメニカリと商業的条件に合意することが条件としており、まだ保留中となっている。

フェラーリF1代表 「アンドレッティはF1に付加価値をもたらさない」

2023年12月28日
フェラーリF1代表 「アンドレッティはF1に付加価値をもたらさない」
スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表であるフレデリック・バスール、アンドレッティの参入によってF1に11番目のチームが誕生する可能性に対して非常に批判的な表現をした。

フェラーリのチーム代表であるフレデリック・ヴァスールがマラネロでのクリスマスディナーで触れた多くのトピックの中に、F1の将来についての考察も含まれていた。

アンドレッティ フォーミュラEでのFIAとの経験がF1参入の火付け役

2023年12月18日
アンドレッティ フォーミュラEでのFIAとの経験がF1参入の火付け役
F1は、モータースポーツという点では、他のどのシリーズよりも規模が大きく、高価で、複雑である。しかし、フォーミュラEやエクストリームEのようなはるかに小規模なシリーズに参加することは、将来のF1チームがドアに足を踏み入れるのに役立つ可能性がある。

少なくとも、アンドレッティのフォーミュラEとエクストリームEチームのチームプリンシパルであるロジャー・グリフィスはそう語る。

マイケル・アンドレッティ F1参入を最初に拒まれた1986年

2023年12月16日
マイケル・アンドレッティ F1参入を最初に拒まれた1986年
マイケル・アンドレッティが、自身の名を冠したチームでF1に参入するという試みは、激しい抵抗に直面している。

FIA(国際自動車連盟)は、アンドレッティのエントリーを承認し、ゼネラルモーターズという大手自動車メーカーの支援を得たにも関わらず、既存F1チームは収入減を懸念し、FOM(フォーミュラワン・マネジメント)の商業的な交渉も進展していない。

マクラーレン アンドレッティF1参入への反対は「提案の理解不足もある」

2023年12月14日
マクラーレン アンドレッティF1参入への反対は「提案の理解不足もある」
マクラーレンのCEOであるザック・ブラウンは、アンドレッティのF1グリッド入りに対する反対は、提示された実際の提案についての理解不足に基づくものだと主張している。

FIA(国際自動車連盟)は2月、2025年のF1参戦を目指す“1つまたは複数”の 新チームを特定するための関心表明プロセスを開始した。

アルピーヌ アンドレッティとのF1エンジン交渉を継続の意向

2023年11月30日
アルピーヌ アンドレッティとのF1エンジン交渉を継続の意向
アンドレッティ・フォーミュラ・レーシングが数年以内にF1に参戦することが期待される中、アルピーヌはグリッドに加わる可能性のある新チームへのF1パワーユニット供給を徐除外していない。

アルピーヌは、アンドレッティのF1参戦オファーが受け入れられれば、マイケル・アンドレッティのチームとF1パワーユニット供給に関する真剣な協議を再開してもいいと述べた。

F1チーム ゼネラルモーターズの参入は歓迎もアンドレッティには反対

2023年11月22日
F1チーム ゼネラルモーターズの参入は歓迎もアンドレッティには反対
キャデラックがエンジンメーカーとしてF1に参入する意向を表明したが、マイケル・アンドレッティは、グリッドに新たなライバル迎えることに懐疑的なチームを説得するには至っていない。

先月、FIA(国際自動車連盟)はアンドレッティが11番目のチームとしてF1に新規参入することを承認した。アンドレッティは以前、キャデラックをブランディングパートナーとして迎え入れると発表していた。

FIA会長、GMのF1参入表明でFOMのアンドレッティへの抵抗を暗に批判

2023年11月15日
FIA会長、GMのF1参入表明でFOMのアンドレッティへの抵抗を暗に批判
FIA(国際自動車連盟)のモハメド・ビン・スライエム会長は、キャデラックが独自のパワーユニットを製造することをコミットしたことを受け、アンドレッティ・キャデラックはF1の「スポーツにとって良いことだ」と改めて強調し、FOMの抵抗を暗に批判した。

マイケル・アンドレッティ率いるアンドレッティ・グローバルとゼネラルモーターズのブランドであるキャデラックの連合は、F1グリッド入りを目指して活動を続けている。FIAの承認はすでに下りているが、F1からの反応は控えめに言っても冷ややかだ。

マイケル・アンドレッティ 「GMパワーユニットはF1への強力な追加」

2023年11月15日
マイケル・アンドレッティ 「GMパワーユニットはF1への強力な追加」
マイケル・アンドレッティは、ゼネラルモーターズ(GM)がF1パワーユニットサプライヤーになある意向を表明したことを受け、F1への「強力」な追加になると強調した。

アンドレッティ・グローバルとGMブランドのキャデラックの連合は、2025年を目標にF1グリッドへの参戦計画を進めている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム