F1 アンドレッティの2025年F1参入拒否 声明全文

2024年2月1日
F1 アンドレッティの2025年F1参入拒否 声明全文
F1は、アンドレッティが2025年から選手権に参戦するという入札を拒否。現状のマイケル・アンドレッティのチームには、11番目のグリッドを獲得する基準を満たしていないという結論に達した。

昨年1月、マイケル・アンドレッティは、ゼネラルモーターズのキャデラックと組んでF1に参戦する計画を発表。3月にはFIA(国際自動車連盟)が新規参入F1チームの申請プロセスを正式に開始し、10月にアンドレッティの入札にゴーサインを出した。

F1 アンドレッティの2025年のF1参入を正式に拒否…2028年に可能性残す

2024年2月1日
F1 アンドレッティの2025年のF1参入を正式に拒否…2028年に可能性残す
F1はアンドレッティの2025年のF1参入を拒否したことを発表。マイケル・アンドレッティのF1参戦の望みはひとまず潰えた。

しかし、FOM(フォーミュラワン・マネジメント)は、アンドレッティに今後数年間のグリッド獲得を正当化できないと判断した理由を詳述した長い声明の中で、2028年から11番目のスロットを獲得できる可能性があることが明らかにされた。

オトマー・サフナウアー アンドレッティF1のチーム代表就任の可能性

2024年1月31日
オトマー・サフナウアー アンドレッティF1のチーム代表就任の可能性
アルピーヌF1チームの元チーム代表であるオトマー・サフナウアーは、アンドレッティの名を冠したチームのF1参戦が承認された場合、チームを率いる可能性についてマイケル・アンドレッティと話し合いを持ったことを明らかにした。

サフナウアーは2022年シーズンに向けてアルピーヌに雇用されたが、英仏メーカーが苦境に立たされたため、2年目の途中で更迭された。

アンドレッティ 2025年のF1参戦に向けて作業中の風洞モデルを公開

2024年1月31日
アンドレッティ 2025年のF1参戦に向けて作業中の風洞モデルを公開
アンドレッティ・キャデラックF11チームが最初の風洞モデルを公開。2025年のデビューに向けて作業を続けている。

FIA(国際自動車連盟)は10月2日にアンドレッティの入札にゴーサインを出したが、F1組織とステファノ・ドメニカリCEOが承認する第2段階はまだ通過していない。

アンドレッティ F1参入に向けてレッドブルやメルセデスから人材を引き抜き

2024年1月30日
アンドレッティ F1参入に向けてレッドブルなどから人材を引き抜き
アンドレッティは、F1参入に向けて風洞テスト、部品生産、採用を全力で進めており、テクニカルディレクターのニック・チェスターは、レッドブル、メルセデス、フェラーリ、マクラーレンのスタッフが全員このプロジェクトに飛びついたと主張している。

アンドレッティ・キャデラックは、統括団体であるFIA(国際自動車連盟)からF1に適合する承認をまだ得ていないにもかかわらず、早ければ2025年にグリッドに加わることを目標に、F1チームを結成する準備を進めている。

マイケル・アンドレッティは「何年も前」にF1チームを買収すべきだった

2024年1月23日
マイケル・アンドレッティは「何年も前」にF1チームを買収すべきだった
マイケル・アンドレッティは「何年も前」に F1チームを買収すべきだったと元F1最高経営責任者のバーニー・エクレストンが語った。

いくつかの大きなカテゴリーで大成功を収めているモーターレーシングチームを所有しているにもかかわらず、マイケル・アンドレッティはF1への参戦を切望している。

コルトン・ハータ 「アンドレッティ以外でのF1転向は難しい年齢」

2024年1月15日
コルトン・ハータ 「アンドレッティ以外でのF1転向は難しい年齢」
アンドレッティ・グローバルのインディカー・エースであるコルトン・ハータは、マイケル・アンドレッティが2025年にF1参戦を実現していない限り、F1に転向すのは時間的に不可能だと認めている。

FIA(国内自動車連盟)は10月、アンドレッティの新F1プロジェクトに正式なゴーサインを出したが、これはチームがF1組織およびそのCEOであるステファノ・ドメニカリと商業的条件に合意することが条件としており、まだ保留中となっている。

フェラーリF1代表 「アンドレッティはF1に付加価値をもたらさない」

2023年12月28日
フェラーリF1代表 「アンドレッティはF1に付加価値をもたらさない」
スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表であるフレデリック・バスール、アンドレッティの参入によってF1に11番目のチームが誕生する可能性に対して非常に批判的な表現をした。

フェラーリのチーム代表であるフレデリック・ヴァスールがマラネロでのクリスマスディナーで触れた多くのトピックの中に、F1の将来についての考察も含まれていた。

アンドレッティ フォーミュラEでのFIAとの経験がF1参入の火付け役

2023年12月18日
アンドレッティ フォーミュラEでのFIAとの経験がF1参入の火付け役
F1は、モータースポーツという点では、他のどのシリーズよりも規模が大きく、高価で、複雑である。しかし、フォーミュラEやエクストリームEのようなはるかに小規模なシリーズに参加することは、将来のF1チームがドアに足を踏み入れるのに役立つ可能性がある。

少なくとも、アンドレッティのフォーミュラEとエクストリームEチームのチームプリンシパルであるロジャー・グリフィスはそう語る。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム