マイケル・アンドレッティ、既存F1チームの反対に困惑

2023年11月2日
マイケル・アンドレッティ、既存F1チームの反対に困惑
マイケル・アンドレッティは、既存のF1チームからの抵抗と、新たな運営がチームの価値を下げるという主張に当惑している。

アンドレッティは、FIAに関心表明書を提出した4つの団体のうちの1つで、次の段階に進むことが認められた唯一の団体だ。F1がその申請を受理すれば、早ければ2025年にもアメリカのチームがグリッドに並ぶ可能性があり、現在検討中だ。

F1、ゼネラルモーターズに他チームとの提携を打診との報道

2023年10月26日
F1、ゼネラルモーターズに他チームとの提携を打診との報道
F1は、アンドレッティを裏切り、重要なアメリカ市場で2番目に大きな自動車メーカーであるゼネラルモーターズの支持を奪おうとしている。そう主張するのは、AP通信のスポーツライターを長年務めるジェナ・フライヤーだ。

FIAは最近、アンドレッティが2025年にもF1に参戦することを申請していることを認めたばかりだが、最終的な決定はリバティ・メディア傘下の商業権所有者であるフォーミュラ・ワン・マネジメントの手に委ねられている。

アンドレッティ、2023年仕様のF1マシンを完成させてトヨタの風洞でテスト

2023年10月21日
アンドレッティ、2023年仕様のF1マシンを完成させてトヨタの風洞でテスト
マイケル・アンドレッティは、2025年のF1グリッドに並ぶことを目標にしており、来週、トヨタのケルン風洞で2023年仕様のF1マシンをテストすることを明らかにした

アンドレッティ・キャデラックが11番目のチームとしてF1世界選手権に参加できるかどうかは不透明だが、アメリカの強豪チームは計画を推し進め、今年仕様のF1マシンを作り上げてきた。

FIA会長 「アンドレッティがF1エンジン契約なしで放置されることはない」

2023年10月16日
FIA会長 「アンドレッティがF1エンジン契約なしで放置されることはない」
FIA(国際自動車連盟)のモハメド・ビン・スライエム会長は、アンドレッティの計画が現時点で不透明であるにもかかわらず、F1参戦を果すことになった場合、エンジン契約放置されることはないと述べた。

アンドレッティは、FOMとの商業契約に合意することを条件に、早ければ2025年からF1グリッドに加わることをFIAから承認されたが、参戦が保証されたものではない。

アンドレッティF1参入の可能性にF1ドライバーは意見が分かれる

2023年10月15日
アンドレッティF1参入の可能性にF1ドライバーは意見が分かれる
マイケル・アンドレッティ率いるアメリカのF1チームがFIA(国際自動車連盟)からF1の11番目のチームとしてグリッドに加わる承認を与えられたというニュースを受けて、F1ドライバーたちは様々な反応をみせている。

F1も統括団体がアンドレッティ・フォーミュラ・レーシングの申請を承認した今、新F1チームの登場はFOMとの商業的な話し合いに委ねられている。

マイケル・アンドレッティの2025年F1参入はルノーの優先順位変更で暗礁

2023年10月12日
マイケル・アンドレッティの2025年F1参入はルノーの優先順位変更で暗礁
マイケル・アンドレッティのチームのF1参戦が暗礁に乗り上げたと報じられた。ルノーとのパワーユニット契約が満了し、フランスのマニュファクチャラーがカスタマーチームを持つことから優先順位を変更したためだ。

アルピーヌF1チームの暫定チーム代表を務めるブルーノ・ファミンは、ルノーが新F1チーム候補と結んでいた予備的なパワーユニット契約が失効したことを確認し、彼らの焦点はエンジンカスタマーを持つことではなく、2026年のレギュレーション変更に備えることに切り替わったと語った。

アルピーヌ、アンドレッティへのF1エンジン供給の事前契約は失効

2023年10月12日
アルピーヌ、アンドレッティへのF1エンジン供給の事前契約は失効
アルピーヌは、アンドレッティの新しいF1チームにカスタマーエンジンを供給するために結んでいた事前契約が失効したと発表した。

アンドレッティは以前からF1参戦を計画しており、その一環としてアルピーヌとパワーユニットやカスタマーカーの部品に関するパートナーシップを結ぶことで合意していた。

FIA会長 「アンドレッティのF1参戦は裁判やボス同士の抗争には至らない」

2023年10月11日
FIA会長 「アンドレッティのF1参戦は裁判やボス同士の抗争には至らない」
FIA(国際自動車連盟)のモハメド・ビン・スライエム会長は、アンドレッティのF1参戦がFOMによって承認されることを楽観視しており、裁判やシリーズボス同士の抗争が勃発する恐れを否定している。

先週、F1の統括団体は、アンドレッティ・フォーミュラの早ければ2025年からのF1グリッドへの参加申請を承認し、その参入は商業契約をまとめる必要がある最終段階に進められた。

ウィリアムズF1 「マイケル・アンドレッティではなくチームの追加に反対」

2023年10月10日
ウィリアムズF1 「マイケル・アンドレッティではなくチームの追加に反対」
マイケル・アンドレッティの参戦がシリーズに付加価値をもたらすかどうか、現F1チームは疑問視している。

もしマイケル・アンドレッティがF1チームにアンドレッティ・キャデラックF1参戦への支持を求める電話をかけるとしても、フェラーリとウィリアムズとはあまりうまくいかないだろう。
«Prev || ... 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム