アルファタウリF1、角田裕毅のDRS故障を受けてリアウイングに対策

2022年6月17日
アルファタウリF1、角田裕毅のDRS故障を受けてリアウイングに対策
角田裕毅は、スクーデリア・アルファタウリがF1アゼルバイジャンGPでDRS(ドラッグ・リダクション・システム)が故障した理由を理解していると語る。

角田裕毅は、F1アゼルバイジャンGPの決勝でリアウイングのフラップの一部が故障したことで、ブラック&オレンジフラッグを掲示された。

ピエール・ガスリー 「F1ドライバーの懸念に対応してくれたFIAに感謝」

2022年6月17日
アルファタウリF1のピエール・ガスリー 「F1ドライバーの懸念に対応してくれたFIAに感謝」
ピエール・ガスリーは、FIA(国際自動車連盟)が2022年F1マシンのポーポイズ現象とボトミングに関するドライバーの懸念に「迅速に」対応したことを喜んでいる。

今年導入された新世代のグランウンドエフェクトカーは、フロア下の空気の流れによってダウンフォースの大部分を生成する。その結果、一部のチームは、車が高速域でバウンドするポーパシンとバンプでのボトミングを経験し、車での長いスティントを走行したドライバーに大きな不快感を引き起こした。

角田裕毅、モントリオールは初挑戦も「F1ゲームでは良くプレイしている」

2022年6月17日
角田裕毅、モントリオールは初挑戦も「F1ゲームでは良くプレイしている」 / スクーデリア・アルファタウリ F1カナダGP プレビュー
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)が、2022年F1第9戦カナダグランプリへの意気込みを語った。

過去2年間、カナダグランプリは新型コロナウイルスの影響で中止となっていた。したがって、2021年デビューの角田裕毅にとっては初めて訪れるサーキットとなる。それでも、角田裕毅はジル・ヴィルヌーヴ・サーキットはF1ゲームで良く使用していたとし、シミュレーター作業をする前から良いアイデアを持っていたと語る。

ピエール・ガスリー 「理論上は僕たちの車には厄介なサーキット」

2022年6月16日
ピエール・ガスリー 「理論上は僕たちの車には厄介なサーキット」 / スクーデリア・アルファアウリ F1カナダGP プレビュー
ピエール・ガスリー(スクーデリア・アルファタウリ)が、2022年F1第9戦カナダグランプリへの意気込みを語った。

前戦アゼルバイジャンでは今季ベストとなる5位フィニッシュを達成したピエール・ガスリー。帰国の際にはレースウィナーであるマックス・フェルスタッペンと一緒に飛行機で帰ったという。

ピエール・ガスリー 「レッドブルのF1プログラムを離れる準備はできている」

2022年6月15日
ピエール・ガスリー 「レッドブルのF1プログラムを離れる準備はできている」
ピエール・ガスリーは、契約が切れる2023年末でレッドブルのF1プログラムを離れる準備はできていると語る。

26歳のピエール・ガスリーは、レッドブル・レーシングで2度目のチャンスを得るために懸命に努力してきたが、セルジオ・ペレスの新しい2年契約は、2023年終わりまでのガスリーの契約の終了と重なっている。

ピエール・ガスリー、ポーパシングは「30歳で杖生活を送ることになる」

2022年6月15日
F1:ピエール・ガスリー、ポーパシングは「30歳で杖生活を送ることになる」
スクーデリア・アルファタウリのF1ドライバーであるピエール・ガスリーは、新世代F1マシンのポーポイズ現象の与える可能性のある身体的な影響によって、F1ドライバーが「杖生活を送ることになる」ことから救うようFIA(国際自動車連盟)に促した。

高周波の垂直バウシング現象は、新世代F1マシンのグラウンドエフェクトカーの副産物であり、ほぼすべてのF1チームの設計にさまざまな程度で影響を与えている。

アルファタウリF1代表 「ピエール・ガスリーは2023年もチームに残る」

2022年6月14日
アルファタウリF1代表 「ピエール・ガスリーは2023年もチームに残る」
スクーデリア・アルファタウリのF1チーム代表を務めるフランツ・トストは、ピエール・ガスリーが203年もチームのコックピットにいると確信していると語る。

ピエール・ガスリーは、2023年末で失効するレッドブルとの契約期間以降、次の2年間にレッドブル・レーシングから締め出されたことに失望しており、レッドブル以外のチームへの切り替えを除外していない。

角田裕毅、DRS故障でのピットインは「エンジンの問題だと思った」

2022年6月14日
角田裕毅、DRS故障でのピットインは「エンジンの問題だと思った」 / スクーデリア・アルファタウリ F1アゼルバイジャンGP
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年F1第8戦アゼルバイジャングランプリでDRSフラップの故障でピットインを指示されたとき、何も知らされていなかったことで「エンジンに問題があると思った」と語った。

角田裕毅は6番手でレース終盤を迎えていたが、DRSが壊れて片側しか作動しなくなってしまったことで角田裕毅もピエール・ガスリーに次ぐ6番手でレース終盤を迎えていたが、DRSが片側しか作動しなくなってしまったことでブラック&オレンジフラッグを掲示されてポイント争いから脱落。

角田裕毅のリアウイングの“ガムテープ修理”に驚きと歓喜の声

2022年6月14日
角田裕毅のリアウイングの“ガムテープ修理”に驚きと歓喜の声 / F1アゼルバイジャンGP 決勝
スクーデリア・アルファタウリが角田裕毅のF1マシンのリアウイングをガムテープ(正しくはより粘着性の高いダクトテープ)で修理したシーンがソーシャルメディアで話題となっている。

F1アゼルバイジャンGPの決勝で、角田裕毅は6番手を走行中にリアウイングのDRSのフラップが破損するというトラブルに見舞われた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム