ピエール・ガスリー 「今年のミッドフィールドバトルは“死の組”」

2022年6月25日
アルファタウリF1のピエール・ガスリー 「今年のミッドフィールドバトルは“死の組”」
スクーデリア・アルファタウリのピエール・ガスリーは、2022年F1シーズンのミッドフィールドのトップを賭けたバトルを“死の組”だとサーキットのワールドカップになぞらえた。

ピエール・ガスリーは、レッドブルの姉妹チームに復帰して以来、年々改善を続けており、2020年のF1ドライバーズチャンピオンシップではランキング10位、昨年はランキング9位でシーズンを終えた。

ホンダ、2026年にスクーデリア・アルファタウリと組んでF1復帰の憶測

2022年6月25日
ホンダ、2026年にスクーデリア・アルファタウリと組んでF1復帰の憶測
ホンダが、2022年にスクーデリア・アルファタウリと組んでF1に復帰するとの憶測が流れている。

ホンダは、レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンとともにF1ドライバーズチャンピオンシップを獲得した2021年シーズン限りでF1から撤退した。だが、今年もHRC(ホンダ・レーシング)からレッドブル・パワートレインズを介してホンダ製のF1エンジンをレッドブル・レーシングおよびスクーデリア・アルファタウリに供給している。

アルファタウリF1、ピエール・ガスリーの2023年の残留を正式発表

2022年6月24日
アルファタウリF1、ピエール・ガスリーの2023年の残留を正式発表
スクーデリア・アルファタウリは、ピエール・ガスリーが2023年F1シーズンもチームに残留することを正式に発表した。

ピエール・ガスリーは、2023年末までレッドブルのF1プログラムと契約を結んでいるが、セルジオ・ペレスがレッドブル・レーシングと2024年まで契約を延長して昇格の望みが絶たれたことで、スクーデリア・アルファタウリでの将来について憶測を生んだ。

アルファタウリF1代表 「F1マシンの振動に耐えられないなら家に帰れ」

2022年6月24日
アルファタウリF1代表 「F1マシンの振動に耐えられないなら家に帰れ」
スクーデリア・アルファタウリのF1チーム代表を務めるフランツ・トストは、グラウンドエフェクトカーのバインシングが嫌なら家に帰ってゲームでもしているべきだと語る。

新世代F1マシンが高速域に達したときにバウンドし始める“ポーパシング”は、今シーズン、ほとんどのF1チームをさまざまな程度で悩ませてきた。

角田裕毅 “ヨーロッパ人のガールフレンド”との交際を公表

2022年6月24日
アルファタウリF1の角田裕毅 “ヨーロッパ人のガールフレンド”との交際を公表
スクーデリア・アルファタウリのF1ドライバーである角田裕毅は、ヨーロッパ人のガールフレンドと交際していることを明かした。

これまで角田裕毅は、英国からイタリアに転居し、ゲーマーであることなどプライベートの生活について公にしている部分はあったが、女性の影については沈黙を貫いていた。

アルファタウリF1代表 「ピエール・ガスリーは2023年もチームに残留する」

2022年6月23日
アルファタウリF1代表 「ピエール・ガスリーは2023年もチームに残留する」
スクーデリア・アルファタウリのF1チーム代表を務めるフランツ・トストは、2023年にピエール・ガスリーがチームでドライブすることを確認し、将来に関する憶測に終止符を打った。

ピエール・ガスリーは、2019年にレッドブル・レーシングに所属した12レースを除くすべての期間をアルファタウリ(トロロッソ)に在籍している。

ピエール・ガスリー、カナダで為す術なし「AT03は遅すぎる」

2022年6月22日
アルファタウリF1のピエール・ガスリー、カナダで為す術なし「AT03は遅すぎる」
スクーデリア・アルファタウリのF1ドライバーであるピエール・ガスリーは、F1カナダグランプリでの期待外れのショーの後、彼のアルファタウリ AT03が「遅すぎる」と嘆いた。

ピエール・ガスリーは、期待外れなシーズンに耐えている。バクーでの5位でその運命は変わったかと思われたが、モントリオールでは14位フィニッシュとすぐに状況は戻ってしまった。

角田裕毅、痛恨のクラッシュリタイア「チームの皆に謝りました」

2022年6月21日
角田裕毅、痛恨のクラッシュリタイア「チームの皆に謝りました」 / スクーデリア・アルファタウリ F1カナダGP 決勝
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年F1第9戦カナダグランプリの決勝をリタイアで終えた。

PU交換ペナルティによって最後尾グリッドからスタートした角田裕毅は、トップ10入りを目指すDRSトレインのなかでレースを進める。しかし、49周目のピットアウト直後にターン2でコントロールを失い、そのままバリアに突っ込んだ。

アルファタウリF1 「ミッドフィールドでの戦いにおいて地位を失った」

2022年6月21日
アルファタウリF1 「ミッドフィールドでの戦いにおいて地位を失った」 / カナダグランプリ 決勝
スクーデリア・アルファタウリのテクニカルディレクターを務めるジョディ・エギントンが、2022年F1第9戦カナダグランプリの決勝を振り返った。

スクーデリア・アルファタウリは、最後尾からスタートした角田裕毅はクラッシュリタイア。誰よりも先にピットストップを行う奇策が機能しなかったピエール・ガスリーは14位とF1カナダグランプリをノーポイントで終えた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム