角田裕毅 2024年F1シーズンに向けて「冬のカロリーを燃焼!」

2024年1月23日
角田裕毅 2024年F1シーズンに向けて「冬のカロリーを燃焼!」
角田裕毅が、2024年F1シーズンに向けてトレーニングで身体を追い込んでいる様子を公開した。

いよいよ2024年のF1世界選手権の本格始動が迫ってきた。各チームはオフシーズンを終えて新車発表とシェイクダウンを行い、2月21日にバーレーンで始まるプレシーズンテストに挑むことになる。

アルファタウリF1 シモーネ・レスタをフェラーリから引き抜き?

2024年1月22日
アルファタウリF1 シモーネ・レスタをフェラーリから引き抜き?
スクーデリア・アルファタウリが、ハースで活躍したシモーネ・レスタをフェラーリから引き抜くことに関心を持っていると報じられている。

ハースF1のテクニカルディレクターとしてカスタマーチームに技術的な専門知識を提供していたシモーネ・レスタは、3年間の“ローン移籍”を終えてフェラーリに呼び戻されたが、イタリア版motorsportはアルファタウリが彼の獲得に興味を示していると報じている。

アルファタウリF1 ルーキー練習場としての方針を変えた理由

2024年1月21日
アルファタウリF1 ルーキー練習場としての方針を変えた理由
スクーデリア・アルファタウリのCEOを務めるピーター・バイエルは、2024年に新名称で再出発するファエンツァのF1チームはもはやルーキーの育成に専念することはできないと語った。

スクーデリア・アルファタウリは、2024年もダニエル・リカルドと角田裕毅を残留させ、昨年5レースに出場したリアム・ローソンをサイドラインに残した。

アルファタウリF1 新名称はレーシング・ブルズではなくアール・ビー?

2024年1月20日
アルファタウリF1 新名称はレーシング・ブルズではなくアール・ビー?
スクーデリア・アルファタウリの新名称がソーシャルメディアのアカウントでリークされる形となり、当初の『レーシング・ブルズ(Racing Bulls)』の計画を断念して『『RB(アール・ビー)』にするのではないかと一部メディアは報じているが、そう考えるのは時期尚早かもしれない。

ファエンツァを本拠地とするスクーデリア・アルファタウリは、オーナーのレッドブルが進めている再活性化の一環として、2024年に新しいチーム名でレースに参戦することを明らかにしている。

アルファタウリF1 インスタアカウントを「VisaCashAppRB」に変更するミス

2024年1月20日
アルファタウリF1 インスタアカウントを「VisaCashAppRB」に変更するミス
スクーデリア・アルファタウリは、発表前に新しいチーム名を自ら暴露してしまったようだ。レッドブルのジュニアチームはインスタグラムのアカウントを「VisaCashAppRB」(Visa Cash App Racing Bullsの略称と思われる)に誤って変更した。

「レーシング・ブルズ(Racing Bulls)」の商標は昨年登録されており、スクーデリア・アルファタウリからのチーム名変更を示唆している。

アルファタウリF1 レーシング・ブルズ改名とスポンサーを示唆する新ドメイン

2024年1月19日
アルファタウリF1 レーシング・ブルズ改名とスポンサーを示唆する新ドメイン
アルファタウリF1が2024年にレーシング・ブルズに改名し、2社のタイトルスポンサーが付くことを示唆する新しいドメインの取得が明らかになかった。

スクーデリア・アルファタウリは、FIA(国際自動車連盟)が最初に公表した2024年のF1エントリーリストでは『スクーデリア・アルファタウリRB』という仮名で登録し、新しいチーム名はまだ非公開にしている。

マクラーレンF1 レッドブル/アルファタウリの提携は「定義に反する」

2024年1月18日
マクラーレンF1 レッドブル/アルファタウリの提携は「定義に反する」
マクラーレンF1のCEOであるザク・ブラウンは、以前からレッドブルとアルファタウリの緊密なF1アライアンスについて口にしていたが、F1ルールの「迅速」な変更を改めて求めた。

昨年末にザク・ブラウンは公開書簡を書き、今年強化される予定のレッドブルとアルファタウリの関係を批判した。

アルファタウリF1 ローラン・メキースに続きフェラーリから人材流入の噂

2024年1月16日
アルファタウリF1 ローラン・メキースに続きフェラーリから人材流入の噂
アルファタウリへのフェラーリスタッフの流出が大きくなり、スクーデリアでは警笛が鳴らされている。その嵐の中心にいるのはローラン・メキースだ。

2024年に引退するフランツ・トストの後任としてスクーデリア・アルファタウリに再指名されたばかりのメキースは、かつてフェラーリの中心人物だったが、マラネッロのチームからファエンツァに本拠を置くチームへの人材流出の立役者と目されている。

角田裕毅の精神面をレッドブルF1は信頼していない?海外媒体が持論

2024年1月16日
角田裕毅の精神面をレッドブルF1は信頼していない?海外媒体が持論
角田裕毅にとって2024年は4度目のF1フル参戦シーズンとなる。2021年からレッドブルの姉妹チームでドライブしてきたこの若き日本人ドライバーは、才能とペースの面でメインチームでのチャンスを得るだけの実力を証明してきた。しかし、長年にわたって彼が見せてきた気性の問題は、ブルズが角田に大ブレイクを与えることを思いとどまらせるかもしれない。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム