キミ・ライコネン 「F1での将来とアルファロメオの競争力は関係ない」

2021年4月13日
キミ・ライコネン 「F1での将来とアルファロメオの競争力は関係ない」
キミ・ライコネンは、F1での将来と2021年のアルファロメオの相対的なパフォーマンスは関係ないと語る。

2007年のF1ワールドチャンピオンである41歳のキミ・ライコネンは、F1史上最も経験豊富なドライバーであり、すでに333戦をスタートし、今シーズン終了時には350戦以上に達する予定となっている。

アルファロメオF1 「2017年のザウバー時代の失敗がまだ尾を引いている」

2021年4月11日
アルファロメオF1 「2017年のザウバー時代の失敗がまだ尾を引いている」
アルファロメオF1のテクニカルディレクターを務めるヤン・モンショーは、チームがまだ2017年のザウバー時代の問題に苦しんでいると語る。

アルファロメオF1は、今季マシンに取り組むのではなく、すでに大幅なレギュレーションが導入される2022年F1マシンの開発に焦点を向けている多くのチームのひとつだ。

キミ・ライコネン、Q2敗退14番手 「パッケージは良くなっている」

2021年3月28日
キミ・ライコネン、Q2敗退14番手 「パッケージは良くなっている」 / アルファロメオ F1バーレーンGP予選
アルファロメオF1のキミ・ライコネンは、2021年のF1世界選手権 開幕戦 F1バーレーンGPの予選を14番手で終えた。

昨年は主にフェラーリのF1エンジンのパフォーマンス不足によって後方での戦いを強いられたキミ・ライコネンだが、今季はフェラーリのF1エンジンも改善しており、マシンに手応えを語っている。

キミ・ライコネン 「土曜日になれば否が応でも勢力図がわかる」

2021年3月25日
キミ・ライコネン 「土曜日になれば否が応でも勢力図がわかる」 / アルファロメオF1 2021年 開幕戦 F1バーレーンGP プレビュー
アルファロメオF1のキミ・ライコネンが、2021年のF1世界選手権の開幕戦F1バーレーンGPへの意気込みを語った。

昨年はわずか4ポイントの獲得でランキング14位に沈んだキミ・ライコネン。だが、昨年の主な弱点だったフェラーリのF1エンジンは改善の兆しを示した。それでも、キミ・ライコネンはテストから何かを得ようとするのは意味のないことだと語る。

ジョビナッツィ 「シーズンのスタートがいかに重要かは分かっている」

2021年3月25日
アントニオ・ジョビナッツィ 「シーズンのスタートがいかに重要かは分かっている」 / アルファロメオF1 2021年 開幕戦 F1バーレーンGP プレビュー
アルファロメオF1のアントニオ・ジョビナッツィが、2021年のF1世界選手権の開幕戦F1バーレーンGPへの意気込みを語った。

F1デビューから3年目を迎えるアントニオ・ジョビナッツィ。昨年は開幕戦でポイントを獲得したジョヴィナッツィは、シーズンのスタートがいかに重要かは分かっていると気合を入れる。

ジョージ・ラッセル 「最大の飛躍を遂げたチームはアルファロメオ」

2021年3月22日
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセル 「最大の飛躍を遂げたチームはアルファロメオ」
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセルは、2021年のF1プレシーズンテストで最も飛躍を遂げたことが明らかになったチームはアルファロメオだと考えている。

昨年、アルファロメオF1は、キミ・ライコネンとアントニオ・ジョビナッツィはミッドフィールドで苦戦を強いられ、わずか8ポイントの獲得でコンストラクターズ選手権8位に沈んだ。

キミ・ライコネン 「フェラーリのF1エンジンが改善したかはまだわからない」

2021年3月13日
アルファロメオF1のキミ・ライコネン 「フェラーリのF1エンジンが改善したかはまだわからない」 / 2021年F1プレシーズンテスト1日目
アルファロメオF1のキミ・ライコネンは、フェラーリの2021年型F1エンジンが昨年よりも優れているかどうかは1日テストをしただけでは分からないと語る。

2020年、フェラーリのF1パワーユニットはエンジン勢力図では再開であり、本家フェラーリは6位、アルファロメオは8位、同じカスタマーのハースF1は9位とフェラーリF1エンジン勢は総崩れ。その要因は、FIA(国際自動車連盟)によって発令された一連の技術指令によるフェラーリF1エンジンのパフォーマンス不足が主な原因だったのは明らかだった。

アルファロメオF1、チーム代表ヴァスールが新型コロナウイルスに感染

2021年3月12日
アルファロメオF1、チーム代表ヴァスールが新型コロナウイルスに感染…プレシーズンテスト参加を見送り
アルファロメオF1は、チーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールが新型コロナウイルスの検査で陽性であったため、プレシーズンテストを欠席することを発表した。

F1バドックのすべてのメンバーは、定期的に新型コロナウイルスの検査を受ける必要がある。陽性反応が出たフレデリック・バスールは無症状であり、すぐに自己隔離し、2日後の再検査では陰性だったという。

アルファロメオF1、新たな最先端シミュレーターの開発作業を推進

2021年3月12日
アルファロメオF1、新たな最先端シミュレーターの開発作業を推進
アルファロメオF1は、新型コロナウイルスのパンデミックによって開発作業が中断されていたヒンウィルの新しい最先端シミュレーターを完成させるための努力を倍増している。

アルファロメオF1/ザウバー・モータースポーツは、2020年のための重要な開発ツールになることを期待して、2019年末に新しいインフラストラクチャに多額の投資を行った。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム