アルファロメオF1、キミ・ライコネンに顧問としてのチーム残留を望む

2021年9月9日
アルファロメオF1、キミ・ライコネンに顧問としてのチーム残留を望む
アルファロメオF1は、キミ・ライコネンが興味を持つのであれば、来年以降もアドバイザー的な役割でチームに残ってほしいと考えている。

キミ・ライコネンは先週末のF1オランダGPに先立って今季限りでのF1引退を発表。その後、新型コロナウイルスに感染したことが発覚し、F1オランダGPを欠場。今週末のF1イタリアGPも欠場することが決定している。

アルファロメオF1、母国イタリアGPで“111周年”を記念した特別リバリー

2021年9月9日
アルファロメオF1、母国イタリアGPで“111周年”を記念した特別リバリー
アルファロメオF1は、ブランドのホームレースとなるF1イタリアGPで“111周年”と記念した特別リバリーをF1マシンに施す。

ザウバーのネーミングスポンサーとしてF1に参戦しているアルファロメオは、1910年にイタリアで設立。今年で111周年を迎えている。

ロバート・クビサ、キミ・ライコネンの代役でF1イタリアGP出場決定

2021年9月9日
ロバート・クビサ、キミ・ライコネンの代役でF1イタリアGP出場決定
アルファロメオF1は、今週末のF1イタリアGPでもリザーブドライバーのロバート・クビサが新型コロナウイルスに感染したキミ・ライコネンの代役として出場することは発表した。

キミ・ライコネンは、ザントフォールでのPCR検査で陽性反応が出たため、F1オランダGPを土曜日かた欠場。保健当局の要件に従って、現在は自宅で隔離されている。

バルテリ・ボッタス、アルファロメオF1との契約期間は3年

2021年9月9日
バルテリ・ボッタス、アルファロメオF1との契約期間は3年
バルテリ・ボッタスは、アルファロメオF1との契約期間が3年であることを明らかにした。

アルファロメオF1の公式発表では、バルテリ・ボッタスと2022年から複数年契約を結んだとだけ記されていた。

「これについてはこれ以上コメントはしない」とアルファロメオF1のチーム代表であるフレデリック・ヴァスールは RTL に語った。

ニキータ・マゼピン、アルファロメオF1にスポンサーとともに移籍?

2021年9月9日
ニキータ・マゼピン、アルファロメオF1にスポンサーとともに移籍?
ニキータ・マゼピンは、強力な財政支援とともにアルファロメオF1に移籍する可能性があることをほのめかしている。

父親のドミトリー・マゼピンの会社であるウラルカリがタイトルスポンサーを務めているハースF1でデビューしたニキータ・マゼピンだが、チームメイトのミック・シューマッハとあからさまな対立が続いている。

ニック・デ・フリース、アルファロメオF1との契約にサインとの報道

2021年9月7日
ニック・デ・フリース、アルファロメオF1との契約にサインとの報道
ニック・デ・フリースが、2022年のアルファロメオF1のドライバーとして契約にサインしたと報じられている。

GPToday.net は、「ニックは、来年F1をドライブし、デビューする。契約は成立し、オランダGPの翌朝にサインされた」と情報筋のコメントを伝えている。

同サイトによると、ニック・デ・フリースが契約を結んだチームは、おそらくアルファロメオであり、2022年にバルテリ・ボッタスとチームを組むことになるという。

バルテリ・ボッタス 「メルセデスF1と達成したすべてを誇りに思う」

2021年9月7日
バルテリ・ボッタス 「メルセデスF1と達成したすべてを誇りに思う」
バルテリ・ボッタスが、5シーズンを戦ったメルセデスF1への感謝を語るとともに、“このチャンスからすべてを絞り出した”と自信をもって振り返った。

バルテリ・ボッタスは9月6日(月)に2022年にアルファロメオF1に移籍することを発表。2017年にニコ・ロズベルグの後任といてメルセデスに加入したボッタスは、これまで9勝を挙げ、17回のポールポジション、63回の表彰台を獲得している。

アルファロメオF1代表 「ボッタスとの複数年契約は安定性をもたらす」

2021年9月7日
アルファロメオF1代表 「ボッタスとの複数年契約は安定性をもたらす」
アルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは、バルテリ・ボッタスとの複数年契約は2022年からスタートするF1新時代に必要な安定性をチームにもたらすと語る。

9月6日(月)、アルファロメオF1は、2022年のドライバーとして現メルセデスのバルテリ・ボッタスを起用することを発表。今季限りで引退するキミ・ライコネンの契約を埋める存在として期待されている。

ロバート・クビサ 「F1でまともなバトルをしたのは11年ぶり」

2021年9月7日
ロバート・クビサ 「F1でまともなバトルをしたのは11年ぶり」
ロバート・クビサは、F1オランダGPを“11年ぶりに他のドライバーと戦うことができた”レースだと振り返る。

アルファロメオF1のリザーブドライバーを務めるロバート・クビサは、新型コロナウイルスに感染して予選を決勝を欠場することを余儀なくされたキミ・ライコネンの代役としてF1オランダGPに参戦。F1で98回目のスタートを切った。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム