アンドレッティのF1チーム買収、成立目前でザウバー側が売り惜しみ?

2021年10月24日
アンドレッティのF1チーム買収、成立目前でザウバー側が売り惜しみ?
アンドレッティ・グループによるアルファロメオF1を運営するザウバーの支配権取得は、成立目前のところまで進展していたが、ザウバー側の支配会社であるるIslero Investmentsが売り惜しみしだしたと報じられている。

アンドレッティ・グループからの堅実たる提案により、早ければ今週末のF1アメリカGPで合意が発表されることが広く期待されていたが、その話は流れた。

アントニオ・ジョビナッツィ 「予選とレース向けの両方のペースに満足」

2021年10月23日
アントニオ・ジョビナッツィ 「予選とレース向けの両方のペースに満足」 アルファロメオ F1アメリカGP 金曜フリー走行
アルファロメオF1のアントニオ・ジョビナッツィは、2021年F1アメリカGPの金曜フリー走行を10番手で終えた。

「ポジティブなFP1、本当に良いFP2と、レースペースだけでなく、予選ペースという点でも良い一日だった。とても満足しているし、明日も同じようなパフォーマンスレベルでスムーズに予選を進められることを願っている」とアントニオ・ジョビナッツィはコメント。

キミ・ライコネン 「大きな問題もなく自分たちの仕事を進められた」

2021年10月23日
キミ・ライコネン 「大きな問題もなく自分たちの仕事を進められた」 アルファロメオ F1アメリカGP 金曜フリー走行
アルファロメオF1のキミ・ライコネンは、2021年F1アメリカGPの金曜フリー走行を14番手で終えた。

「かなりストレートな金曜日だった。大きな問題もなく、自分たちの仕事を進めるることができた。現時点での仕上がりには満足しているし、今夜もっと進歩を果たすことができて、予選で十分に速いことを期待している」とキミ・ライコネンはコメント。

バルテリ・ボッタス 「交渉時にはアンドレッティの関心には気づかなかった」

2021年10月22日
アルファロメオF1移籍のバルテリ・ボッタス 「交渉時にはアンドレッティの関心には気づかなかった」
バルテリ・ボッタスは、アルファロメオF1に加入するために交渉していた際には、噂されるザウバー買収へのアンドレッティが関心を持っていることには気づかなかったと語る。

ここ数週間、アンドレッティがアルファロメオF1のオペレーションを引き継ぐためにザウバーの買収を追求していることが明らかになっており、今週末のF1アメリカGPに先立って進展していると理解されている。

アンドレッティ、COTAでアルファロメオF1買収関連のアクションはなし

2021年10月20日
アンドレッティ、COTAでアルファロメオF1買収関連のアクションはなし / F1アメリカGP
アンドレッティ・オートスポーツのオーナーであるマイケル・アンドレッティがアルファロメオF1チームの支配権を握るとされる噂に関して、今週末のサーキット・オブ・ジ・アメリカでのF1アメリカGPの週末の間に何らかのアクションが起こることはないようだ。

以前、F1アメリカGPの週末にアンドレッティ側とザウバーが運営し、ロングボウ・ファイナンスが所有するチームとの間で重要な交渉が行われると報じられていた。

オスカー・ピアストリ 「アルファロメオF1のシート獲得の可能性は低い」

2021年10月19日
オスカー・ピアストリ 「アルファロメオF1のシート獲得の可能性は低い」
オスカー・ピアストリは、自分がまだ2022年のアルファロメオF1のシートを争っているとは考えておらず、代わりにアルピーヌF1のリザーブドライバーの役割を得ることに焦点を当てていると語る。

アルピーヌF1の育成ドライバーであり、現在、FIA-F2のポイントリーダーであるオスカー・ピアストリは、空席になる可能性があるアントニオ・ジョビンッツィの2022年のアルファロメオF1のシートにリンクされている数人のドライバーの1人となっている。

アルファロメオF1代表 「2022年シーズン序盤はカオスに陥る可能性がある」

2021年10月19日
アルファロメオF1代表 「2022年シーズン序盤はカオスに陥る可能性がある」
アルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは、新しいレギュレーションによって2022年シーズン序盤は“カオス”に陥る可能性があると警告するが、彼は新しいルールが「経済的およびスポーツ上の理由」でポジティブであることを認めている。

「新しいルールは、より激しいレースと、より多くの戦いをもたらすだろう」とフレデリック・ヴァスールは  Ilta Sanomat に語った。

キミ・ライコネン 「F1マシンのアドレナリンの代わりを探す必要はない」

2021年10月19日
キミ・ライコネン 「F1マシンのアドレナリンの代わりを探す必要はない」
キミ・ライコネンは、2021年シーズン末にF1から引退した後、F1マシンに乗ってアドレナリンが湧き出てくる感覚を恋しく思うことはないだろうと語る。

F1グリッドで最も経験豊富なドライバーであるキミ・ライコネンは、今シーズン限りでF1キャリアに終止符を打つ。つまり、F1マシンを運転するスリルを楽しめるレースは残り6戦となった。

アンドレッティがF1参戦してもコルトン・ハータにスーパーライセンス問題

2021年10月17日
アンドレッティがF1参戦してもコルトン・ハータにスーパーライセンス問題
アンドレッティ・オートスポーツが、アルファロメオF1/ザウバーを買収する可能性は、インディカーのフロントランナーであるコルトン・ハータのF1転向に繋がる可能性があるという推測を引き起こしている。

コルトン・ハータが、チャンプカーからF1に転向したセバスチャン・ブルデー以来のアメリカのシングルシーターからF1に進むドライバーになる可能性は、マイケル・マンドレッティのチームが有名な名前をF1に戻す契約を結ぶかどうかに完全に依存している。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム