アルファロメオF1、2021年F1マシン『C41』のエンジンを初始動

2021年2月16日
アルファロメオF1、2021年F1マシン『C41』のエンジンを初始動
アルファロメオF1は、2021年F1マシン『C41』に搭載されるフェラーリ製エンジンを初始動させた。

昨年、フェラーリF1エンジン勢は総崩れ。本家フェラーリは6位、アルファロメオは8位、ハースF1は9位と低迷。その要因は、FIA(国際自動車連盟)によって発令された一連の技術指令によるフェラーリF1エンジンのパフォーマンス不足が主な原因だったのは明らかだ。

アルファロメオF1、2021年F1マシン『C41』は独特なノーズを採用?

2021年2月14日
アルファロメオF1、2021年F1マシン『C41』は独特なノーズを採用?
アルファロメオF1のアントニオ・ジョビナッツィは、2021年F1マシン『C41』のルックスは“美しい”とし、前年モデルと比較して“独特”なノーズデザインを採用していることを明らかにした。

アルファロメオF1は、2021年もアントニオ・ジョビナッツィとキミ・ライコネンを続投。Sky Italia のインタビューで、ジョビナッツィは『C41』と命名された2021年F1マシンの第一印象を語った。

アルファロメオ、F1からフォーミュラEへの転向を検討との報道

2021年2月13日
アルファロメオ、F1からフォーミュラEへの転向を検討との報道
アルファロメオまたはマセラティのブランドが、近い将来フォーミュラEに参加する可能性が高まっていると The Race は主張する。

現在、アルファロメオとマセラティは、フィアット・クライスラー・オートモービルズとPSAグループが合併してできたステランティスの参加に入っており、同グループは、将来のモータースポーツプログラムを検討を始めている。

キミ・ライコネン、F1引退後のWRCやNASCARへの復帰を視野

2021年2月10日
キミ・ライコネン、F1引退後のWRCやNASCARへの復帰を視野
キミ・ライコネンは、最終的にF1を引退した後、10年前に参戦したWRCやNASCARが選択肢になるが可能性があると語った。

今年、キミ・ライコネンはアルファロメオで19年目のF1シーズンを迎える。今年のグリッドで最年長となるライコネンは、引退を望んでいる兆候は見せておらず、コース上で“楽しんでいる”限り、F1を続けていくつもりだと語っている。

F1:ルノー、ザウバーに技術パートナーシップを打診との報道

2021年1月22日
F1:ルノー、ザウバーに技術パートナーシップを打診との報道
ルノーF1は、ザウバーをカスタマーにしたいようだが、現アルファロメオはフェラーリとのパートナーシップを継続すると考えられている。

2020年にフェラーリのF1エンジンを著しく苦戦し、チーム代表のフレデリック・ヴァスールは、フェラーリがミック・シューマッハを自分のチームではなく、ハースF1からF1デビューさせたことに戸惑いをみせていた。

アルファロメオF1、2021年マシンを『C41』とした理由は?

2021年1月21日
アルファロメオF1、2021年マシンを『C41』とした理由は?
アルファロメオF1が、2021年マシンを前年からの連番ではなく『C41』と命名したの新レギュレーションの導入延期が関係している。

アルファロメオF1は、2月22日にタイトルスポンサーを務めるPKNオレーンが拠点とするポーランドの首都ワルシャワで2021年の体制発表会を開催することを発表。新車は『C41』と名付けた。

ザウバー、フェラーリF1との契約を2025年まで延長との報道

2021年1月21日
ザウバー、フェラーリF1との契約を2025年まで延長との報道
アルファロメオF1チームの母体であるザウバーは、フェラーリF1とのパートナーシップを2025年まで延長し、ルノー/アルピーヌへの切り替えの噂に終止符を打つことになるようだ。

ザウバーは、2010年からフェラーリF1のカスタマーチームであり、2019年から姉妹ブランドのアルファロメオの名前を掲げることでより密接な関係を築いている。

アントニオ・ジョビナッツィ 「今季の目標は打倒アルファタウリ・ホンダ」

2021年1月19日
アントニオ・ジョビナッツィ 「今季の目標は打倒アルファタウリ・ホンダ」 / アルファロメオF1
アルファロメオF1のアントニオ・ジョビナアツィは、2021年の目標として打倒アルファタウリ・ホンダを掲げた。

2020年、アルファロメオF1は、フェラーリのエンジンのパワー不足も相まって、ミッドフィールドからウィリアムズとハースF1とのバークマーカー争いに転落。わずか8ポイントの獲得でコンストラクターズ選手権8位でシーズンを終了。8位のアルファタウリ・ホンダとは99ポイントの差がついた。

アルファロメオF1、2021年F1マシンを2月22日にワルシャワで披露

2021年1月19日
アルファロメオF1、2021年F1マシンを2月22日にワルシャワで披露
アルファロメオF1は、2021年F1マシンの発表会を2月22日にポーランドの首都ワルシャワで開催するようだ。

アルファロメオF1は、2021年もキミ・ライコネンとアントニオ・ジョビナッツィがレースドライバー、ロバート・クビサがリザーブドライバーという布陣で挑む。ポーランドはロバート・クビサとチームのメインスポンサーであるPKNオーレンの本拠地だ。
«Prev || ... 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 · 13 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム