マクラーレンF1代表 「アウディとザウバーの提携はF1にフィットするはず」

2022年4月21日
マクラーレンF1代表 「アウディとザウバーの提携はF1にフィットするはず」
アウディとザウバーが提携ことは、F1に「非常によくフィットする」だろう。ポルシェのル・マンプログラムを主導した後、フォルクスワーゲン・グループの自動車メーカーに精通しているアンドレアス・ザイドルは語る。

現在、アンドレアス・ザイドルはマクラーレンF1のチーム代表を務めているが、マクラーレンのポルシェとともに2026年にF1に参入しようとしているアウディによる6億5000万ユーロ((約876億円)のバイアウト入札を拒否したと伝えられている。

バルテリ・ボッタス 「アルファロメオF1では適切な権限のある立場」

2022年4月19日
バルテリ・ボッタス 「アルファロメオF1では適切な権限のある立場」
バルテリ・ボッタスは、アルファロメオF1チームでは単なるドライバーとしてではなく、ようやく“適切な権限”のある立場にいると感じていると語る。

メルセデスF1で5年間レースをした後、バルテリ・ボッタスは2022年シーズンに先立ってアルファロメオF1チームに加入した。

F1:バルテリ・ボッタス 「ルイス・ハミルトンとの友情は変わらない」

2022年4月17日
F1:バルテリ・ボッタス 「ルイス・ハミルトンとの友情は変わらない」
バルテリ・ボッタスは、F1でもはやルイス・ハミルトンとチームメイトではないが、メルセデスF1時代に培った「友情」は続いていると語る。

ルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスは、メルセデスF1のコンストラクターズチャンピオンシップ8連覇のうちの5つを獲得するのを助け、ボッタスは2021年の終わりに移籍するまでそのすべてを獲得した。

アルファロメオF1 「アウディとのパートナーシップはうまくフィットする」

2022年4月13日
アルファロメオF1 「アウディとのパートナーシップはうまくフィットする」
アルファロメオF1チームは、アウディとのパートナーシップはチームに“うまくフィットする”と考えている。

先週木曜日、フォルクスワーゲン・グループの監査役会は、2026年の新しいF1レギュレーションの導入に合わせてアウディとポルシェの両ブランドがF1に進出するという計画を最終的に承認した。

アルファロメオF1 「困難な状況での入賞は良い方向に進んでいる証拠」

2022年4月11日
アルファロメオF1 「困難な状況での入賞は良い方向に進んでいる証拠」 / F1オーストラリアGP決勝
アルファロメオF1チームは、2022年F1第3戦オーストラリアグランプリでバルテリ・ボッタスが8位入賞、周冠宇は11位でフィニッシュし、惜しくもポイント獲得はならなかった。

土曜日のDRSゾーンの削減を受け、アストンマーティンF1は薄いリアウイングにスイッチ。その変更は予選では裏目に出たが、決勝ではアドバンテージになり、12番グリッドからスタートしたバルテリ・ボッタスが8位、14番グリッドからスタートした周冠宇が11位でレースをフィニッシュした。

バルテリ・ボッタス 「予選を不利にした薄いウイングは正しい選択だった」

2022年4月11日
バルテリ・ボッタス 「予選を不利にした薄いウイングは正しい選択だった」 / F1オーストラリアGP決勝
バルテリ・ボッタス(アルファロメオF1チーム)は、2022年F1第3戦オーストラリアグランプリで8位入賞を果たした。

土曜日に4つ目のDRSゾーンを削除するという決定を受け、アルファロメオF1チームはウイングを薄くすることを選択。それは予選では不利に働き、バルテリ・ボッタスはQ2で敗退して12番グリッドからのスタートとなった。

バルテリ・ボッタス、連続Q3進出は103回で途絶える

2022年4月10日
バルテリ・ボッタス、連続Q3進出は103回で途絶える「TVでQ3を見るのは変な感じだった!」 / F1オーストラリアGP予選
アルファロメオF1チームのバルテリ・ボッタスは、2022年F1第3戦オーストラリアグランプリの予選を12番手で終えた。

メルセデスF1移籍後の初戦となる2017年開幕戦オーストラリアグランプリからすべての予選でQ3に進出してきたバルテリ・ボッタスだったが、今回のQ2敗退でその記録は103回で途絶えることになった。

アルファロメオF1チーム、フェラーリとの技術提携の減少を説明

2022年4月7日
アルファロメオF1チーム、フェラーリとの技術提携の減少を説明
アルファロメオF1チームは、フェラーリの要素をこれまでよりも減らしているが、テクニカルディレクターのヤン・モンショーはそれがチームにとって正しい方向だと感じている。

アルファロメオF1チームは、フェラーリ製のパワーユニットを使用しており、以前は車内で使用するパーツの範囲が拡大していたが、現在では運用がより独立しており、トランスミッションとパワーユニットのみを使用している。

周冠宇 「新世代F1マシンのバウンシングはF2のレースで慣れている」

2022年4月6日
周冠宇 「新世代F1マシンのバウンシングはF2のレースで慣れている」
アルファロメオF1チームの周冠宇は、F2での長年のレースによって、バウンシングに苦しむ車には慣れていると語る。

今年のF1フィールドで唯一のルーキーである中国人ドライバーの周冠宇は、2019年から2021年までF2で3シーズンを戦った。2022年F1シーズンの初期段階では、車はポーパシング(ポーポイズ現象)として知られるストレートでの激しいバウンシングに悩まされている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム