レッドブルF1代表 「アルボン起用にアルファロメオとウィリアムズが関心」

2021年9月4日
レッドブルF1代表 「アルボン起用にアルファロメオとウィリアムズが関心」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、キミ・ライコネンのF1引退によって生まれる2022年の空席に対して、アルファロメオとウィリアムズが興味を示していることを認め、メルセデスがそれを妨害しないことを願っていると語る。

キミ・ライコネンが今季限りでのF1引退を発表したことにより、2022年のその空席を巡る椅子取りゲームは激しく回り始めた。

バルテリ・ボッタス 「2022年以降のF1では複数年契約を望む」

2021年9月3日
バルテリ・ボッタス 「2022年以降のF1では複数年契約を望む」
メルセデスのF1シート喪失が噂されるバルテリ・ボッタスは、2022年もF1を続けたいと考えており、次の契約は複数年契約を望んでいると語る。

2017年からメルセデスF1でルイス・ハミルトンのチームメイトを務めてきたバルテリ・ボッタスだが、ジュニアドライバーのジョージ・ラッセルが経験とともに実力を増してきたことで、メルセデスは2022年にようやく育成してきた若い才能をワークスチームの乗せると考えられている。

【記者会見】 キミ・ライコネン 「もうF1のスケジュールに縛られたくない」

2021年9月3日
【記者会見】 キミ・ライコネン 「もうF1のスケジュールに縛られたくない」
キミ・ライコネンは、F1引退後の人生の計画は立てておらず、F1のスケジュールから逃れることが引退の背景にある主な理由だと述べた。

F1史上最多出走記録を保持するキミ・ライコネンの伝説的なF1キャリアは、2021年シーズンの終わりに幕を下ろす。

アントニオ・ジョビナッツィ 「2022年のアルファロメオF1残留は不確実」

2021年9月3日
アントニオ・ジョビナッツィ 「2022年のアルファロメオF1残留は不確実」
アントニオ・ジョビナッツィは、アルファロメオF1での3年間の滞在が2022年に延長されるかどうかについてはまだ何の兆候も受けていないと認める。

アントニオ・ジョビナッツィが分かっている唯一のことは、ベテランのキミ・ライコネンが今シーズン終わりにF1から引退すると発表したことで、4シーズン連続でライコネンとチームメイトになることはないことだ。

アルファロメオF1、ボッタス加入とともにメルセデスエンジンに切り替え?

2021年9月2日
アルファロメオF1、ボッタス加入とともにメルセデスエンジンに切り替え?
アルファロメオF1は、バルテリ・ボッタスの加入とともにフェラーリからメルセデスにF1パワーユニットを切り替えるとのセンセーショナルな噂が浮上している。

最近、母体であるザウバーは、フェラーリと関連のあるアルファロメオとネーミングスポンサー契約を延長したばかり。したがって、この動きが実現すれば、多くの人を驚かせるだろう。

アルファロメオF1代表 「ライコネンのようなドライバーは世の中にいない」

2021年9月2日
アルファロメオF1代表 「ライコネンのようなドライバーは世の中にいない」
アルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスルーは「キミ・ライコネンのようなドライバーはいない」と今季限りでのF1引退を発表したフィンランド人ドライバーを称えた。

2001年にF1オーストラリアGPでザウバーからF1デビューを果たしたキミ・ライコネンは、シングルシーターで23戦しただけの経験にも関わらず、6位でフィニッシュしてポイントを獲得。伝説はスタートした。

キミ・ライコネン、今季限りのF1引退は「去年の冬に決断していた」

2021年9月2日
キミ・ライコネン、今季限りのF1引退は「去年の冬に決断していた」
キミ・ライコネンは、今シーズン限りでF1を引退することをすでに「去年の冬に決断していた」と語った。

キミ・ライコネンは、今年の終わりで長く輝かしいそのF1キャリアに幕を下ろす。2007年のF1ワールドチャンピオンであるライコネン(41歳)は、2001年にキャリアをスタートし、F1の歴史のなかで他のどのドライバーよりも多くのレースに出場してきた。

キミ・ライコネン、2021年シーズン限りでのF1引退を発表

2021年9月2日
キミ・ライコネン、2021年シーズン限りでのF1引退を発表
キミ・ライコネンは、2021年シーズン限りでF1を引退することを発表した。

今年で42歳となるF1最年長ドライバーであるキミ・ライコネンは、2001年にザウバーでF1デビュー。翌年のマクラーレン移籍を経て、2007年にフェラーリに加入。初戦となったオーストラリアGPでポールポジション・ファステストラップ・優勝とハットトリックを達成する好きスタートを切り、移籍初年度にF1ワールドチャンピオンを獲得した。

アルファロメオF1、2022年はボッタス&デ・フリースのコンビに?

2021年9月2日
アルファロメオF1、2022年はボッタス&デ・フリースのコンビに?
アルファロメオF1は、2022年にドライバーラインナップを一新し、現メルセデスのバルテリ・ボッタスと今季のフォーミュラEチャンピオンであるニック・デ・フリースと契約するとの噂が浮上した。

RacingNews365は、、アルファロメオは2022年に向けて現行ドライバーであるキミ・ライコネンとアントニオ・ジョビナッツィに代わって、まったく新しいラインナップを起用すると報道。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム