アルファロメオ・レーシング、新しいF1シミュレーターを導入

2019年12月19日
アルファロメオ・レーシング、新しいF1シミュレーターを導入
アルファロメオ・レーシングは、来週から本格的に新しいF1ドライバーシミュレーターの使用を開始する。

「我々は1年前にプロジェクトをスタートしました」とアルファロメオ・レーシングのF1チーム代表のフレデリック・ヴァスールは Blick に語った。

「チームの発展の一部です。来週にオープンするが、実際に物事が進むのは2020年の第1四半期になるだろう」

アルファロメオ・レーシング、2020年F1マシンのクラッシュテストに不合格

2019年12月19日
アルファロメオ・レーシング、2020年F1マシンのクラッシュテストに不合格
アルファロメオ・レーシングが、2020年F1マシンのクラッシュテストに合格することができなかったと Motorsport Magazine が報じた。

F1チームは、新車をコース上で走らせるためにはFIA(国際自動車連盟)による広範囲のクラッシュテストに合格sるう必要がある。通常、特にレギュレーションが安定している場合にはスムーズに合格するが、アルファロメオ・レーシングは不合格だったという。

「アントニオ・ジョビナッツィはフェラーリF1に昇格するにはまだ早い」

2019年12月18日
「アントニオ・ジョビナッツィはフェラーリF1に昇格するにはまだ早い」
フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、アントニオ・ジョビナッツィはフェラーリF1チームのレースシートに昇格する準備はまだできていないと考えている。

フェラーリと育成契約を結んでいるアントニオ・ジョビナッツィは、今年アルファロメオ・レーシングでフルシーズンを戦い、14ポイントを獲得。2020年も引き続きレースドライバーを務めることが決定している。

キミ・ライコネン 「どのF1チームにいても自分に課すプレッシャーは同じ」

2019年12月16日
キミ・ライコネン 「どのF1チームにいても自分に課すプレッシャーは同じ」
キミ・ライコネンは、フェラーリでもアルファロメオでも自分への期待は同じであり、プレッシャーに違いはないと語る。

F1アブダビGPで315回目のF1グランプリスタートを果たし、史上最多レース数で2位となった40歳のキミ・ライコネンは、今年、2001年にF1キャリアをスタートしたザウバー(現アルファロメオ)での初年度を振り返った。

【動画】 キミ・ライコネン、クリスマスパーティで大はしゃぎ

2019年12月15日
【動画】 キミ・ライコネン、クリスマスパーティで大はしゃぎ
キミ・ライコネンが、アルファロメオ・レーシングのクリスマスパーティーで上機嫌な姿を披露した。

かつては“アイスマン”の愛称でクールなイメージだったキミ・ライコネンだが、40歳の大台に乗り、昨年のFIA表彰式で泥酔してスピーチするなど、近年はより愛らしいイメージにキャラ変。

アルファロメオ・レーシング | F1アブダビGP 決勝レポート&2019年総括

2019年12月3日
アルファロメオ・レーシング
アルファロメオ・レーシングは、F1アブダビGPの決勝レースで、キミ・ライコネンが13位、アントニオ・ジョビナッツィが16位でレースを終えた。

今季、アルファロメオ・レーシングはキミ・ライコネンが43ポイントを獲得してランキング12位、アントニオ・ジョビナッツィは14ポイントを獲得して17位でシーズンを終了。コンストラクターズ選手権は8位だった。

アルファロメオ・レーシング | 2019年 F1ブラジルGP 決勝レポート

2019年11月19日
アルファロメオ・レーシング
アルファロメオ・レーシングは、2019年 F1ブラジルGPの決勝レースで、キミ・ライコネンが4位、アントニオ・ジョビナッツィが5位でレースを終えた。

フレデリック・ヴァスール(チーム代表)
「我々はこの結果に本当に満足しているし、誇りに思える。表彰台のすぐ外に2台をもたらせたことはチームの全員のハードワークに対する報酬だ。我々は不運に見舞われたレースでもうなだれなかったし、今はシーズンのベストリザルトを祝うことができる」

キミ・ライコネン 「2021年F1マシンを運転しているかはわからない」

2019年11月18日
キミ・ライコネン 「2021年マF1シンを運転しているかはわからない」
F1グリッドで最年長ドライバーであるキミ・ライコネン(40歳)は、2021年も最高の状態を維持できるかどうかはわからないので自分が2021年F1マシンを運転しているかどうかわからないと語る。

F1ブラジルGPを4位でフィニッシュして、シーズン後半戦に続いていたノーポイントに終止符を打ったキミ・ライコネンは、自分のF1キャリアがこれほどまで長く続くとは想像していなかったと認める。

キミ・ライコネン、10番手タイム「0.1秒でポジションが大きく変わる」

2019年11月16日
キミ・ライコネン、10番手タイム「0.1秒でポジションが大きく変わる」 / F1ブラジルGP初日
アルファロメオ・レーシングのキミ・ライコネンは、F1ブラジルGPの金曜フリー走行で10番手タイムを記録。サーキットの全長が短いため0.1秒が鍵を握ると語る。

「チャレンジングなコンディションだったけど、週末の始まり方としてはポジティブだった。フリー走行とは言え、トップ10に入れたのはよいことだ」とキミ・ライコネンはコメント。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム