ザウバー:マーカス・エリクソンがQ2進出 / F1メキシコGP 予選

2016年10月30日
ザウバー F1メキシコGP 予選 結果
ザウバーは、F1メキシコGPの予選で、マーカス・エリクソンが15番手、フェリペ・ナッセが19番手だった。

マーカス・エリクソン (15番手)
「今回も僕らにとってはまずまずな予選だった。正しい方向に取り組んでいることを示せたし、それが成果を挙げた。今日のパフォーマンスには僕たち全員が満足していいと思う」

ザウバー:F1メキシコGP 金曜フリー走行レポート

2016年10月29日
ザウバー F1メキシコGP
ザウバーは、F1メキシコGP初日のフリー走行で、マーカス・エリクソンが18番手タイム、フェリペ・ナッセが19番手タイムだった。

マーカス・エリクソン (18番手)
「生産的な一日だった。2回ともトラブルフリーなプラクティスセッションだったし、異なるマシンセッションを試すことができた。今夜、全てのデータを分析すれば、残りの週末でどの方向に進むべきかがもっとわかってくるだろう」

【動画】 フェリペ・ナッセのフロントウィングが粉砕 / F1メキシコGP

2016年10月29日
F1メキシコGP 動画
フェリペ・ナッセ(ザウバー)は、F1メキシコGPのフリー走行1回目でフロントウィングが粉砕するというトラブルに見舞われた。

セッション開始から33分。ハローを装着して走行を行ったフェリペ・ナッセは、縁石に強く乗り上げたあと、フロントウィングの右側が突然粉砕。

この事故により、セッションは一時赤旗中断となった。

ジョリオン・パーマー、ザウバー移籍の噂が浮上

2016年10月27日
ジョリオン・パーマー ザウバー 移籍
ジョリオン・パーマーが、2017年にザウバーに移籍するとの噂が浮上している。

ザウバーの現行ドライバーであるフェリペ・ナッセとマーカス・エリクソンは、二人とも移籍が噂されている。

だが、マーカス・エリクソンに関しては、彼のスポンサーがザウバーの新しいオーナーであるロングボウ・ファイナンスと密接な関連があるとされ、チームを離脱する可能性は低いとみられている。

フェリペ・ナッセ、本人は否定もフォース・インディア移籍報道が過熱

2016年10月24日
フェリペ・ナッセ
フェリペ・ナッセが、2017年のフォース・インディアのシートを獲得するポールポジションにいるとの噂が強まっている。

オースティンでフェリペ・ナッセ本人が否定した後であえ、ブラジルの放送局はフェリペ・ナッセがルノーに移籍したニコ・ヒュルケンベルグの後任としてザウバーからの移籍がほぼ保証されていると報道。

ザウバー:1ストップ戦略を決行もポイントには届かず / F1アメリカGP

2016年10月24日
ザウバー F1アメリカGP 結果
ザウバーは、F1アメリカGPの決勝レースで、マーカス・エリクソンが14位、フェリペ・ナッセが15位だった。

マーカス・エリクソン (14位)
「良いスタートを切って、1周目の後には13番手までジュニを上げていた。序盤はいくつか素晴らしいバトルがあってタフだった。ソフトタイヤではそれなりのペースがあった。その後、ギャンブルをすることに決めて、1ストップ戦略を選んだ」

ザウバー:マーカス・エリクソンがQ2進出 / F1アメリカGP 予選

2016年10月23日
ザウバー F1 アメリカ 予選
ザウバーは、F1アメリカGPの予選で、マーカス・エリクソンが16番手、フェリペ・ナッセが21番手だった。

マーカス・エリクソン (16番手)
「金曜日はトリッキーだったし、クルマに自信を感じていなかった。僕たちは今日にむけてもっと良い方向性を見つけるために一晩かけてやらなければならないかなり多くの仕事があった。FP3では間違いなく正しい方向に進んだ。予選ではさらに良くなっていると感じた。みんなが良い仕事をしてくれたおかげだ」

ザウバー:F1アメリカGP 金曜フリー走行 レポート

2016年10月22日
ザウバー F1 USGP
ザウバーは、F1アメリカGP 初日のフリー走行で、フェリペ・ナッセが13番手タイム、マーカス・エリクソンが21番手タイムだった。

フェリペ・ナッセ (13番手)
「ポジティブな一日だった。FP3から良いフィーリングを掴むことができた。僕たちはクルマで異なるセットアップを施して作業したし、正しい方向に進んでいるように思う」

フェリペ・ナッセ:2016 F1アメリカGP&F1メキシコGP プレビュー

2016年10月20日
フェリペ・ナッセ F1 USGP メキシコGP
フェリペ・ナッセが、F1アメリカGPおよびF1メキシコGPへの意気込みを語った。

フェリペ・ナッセ (ザウバー)
「去年のアメリカGPはかなり波乱に富んでいた。天候がエキサイティングなレースをもたらした。ザウバーにとって400戦目のグランプリだったし、9位を争ったことは素晴らしい業績だった」
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム