ジャック・ヴィルヌーヴ、トロ・ロッソを買収?

2010年9月24日
トロ・ロッソ
ジャック・ヴィルヌーヴとデュランゴが、トロ・ロッソの買収候補に挙げられている。

スイスの Le Matin は、レッドブルのオーナーであるディートリッヒ・マテシッツが、トロ・ロッソを売りたがっていると報道。

同紙は、チームの価値は2006年にミナルディからチームを買収したときの3倍以上になっているため、売却すればかなりの利益が出るだろうとしている。

ジャック・ヴィルヌーヴ、F1チームの買収を計画

2010年9月15日
ジャック・ヴィルヌーヴ
デュランゴは、ジャック・ヴィルヌーヴが既存チームの買収を計画していることを認めた。

FIAが2011年の13番目のチームエントリーを空席のままにすると決定したことあと、ジャック・ヴィルヌーヴは「プランB」は「既存チームのひとつを買収」することだと述べたいた。

メディアは、ヒスパニア・レーシングとヴァージンが最も見込みのある目標だとしている。

ジャック・ヴィルヌーヴ、F1チーム計画を諦めず

2010年9月9日
ジャック・ヴィルヌーヴ
ジャック・ヴィルヌーヴは、2011年にF1チームを率いることを諦めてはないと述べた。

FIAは、ヴィルヌーヴ/デュランゴとエプシロン・ユースカディのどちらも空席となっている2011年の13番目のグリッドの必要条件を満たしていないとし、新規チームを選出しないことに決定した。

「現在、僕たちは既存チームのひとつを買収するというプランBに目を向けている」とジャック・ヴィルヌーヴは Rue Frontenac の電話インタビューで語った。

ジャック・ヴィルヌーヴ 「FIAはまだ新チームについて決定していない」

2010年9月8日
ジャック・ヴィルヌーヴ
ジャック・ヴィルヌーヴは、FIAが2011年シーズンは13番目のチームスポットを空席にままにする意向であるとの報道を認めていない。

ジャック・ヴィルヌーヴは、イタリアのレースチームであるドゥランゴと協力し、来年の最後のグリッドをエプシロン・ユースカディと争っている。

しかし、今週報じられたところでは、どちらの候補も十分なエンジニアリングと財源を持っていないため、FIAは2011年の最終グリッドを空席のままにすることに決定したとされている。

ジャック・ヴィルヌーヴ、8月中の13番目のF1チーム決定を予想

2010年8月25日
ジャック・ヴィルヌーヴ
FIAは、数日以内に2011年の13番目のF1チーム関しての決定を行うようだ。

デュランゴと提携して2011年のF1参戦を目指すジャック・ヴィルヌーヴは「月末に決定するだろう」と La Presse Canadienne にコメント。

「レース週末に発表されることはないと思う。F1の議論に週末を費やしたくはないしね」

ジャック・ヴィルヌーヴ、FIAへのプレゼンに向けヨーロッパ入り

2010年8月12日
ジャック・ヴィルヌーヴ
ジャック・ヴィルヌーヴは、F1プロジェクトのためにヨーロッパへと戻った。

ジャック・ヴィルヌーヴは、NASCARでのフル参戦を目指す一方で、イタリアの元GP2チームであるデュランゴと提携し、2011年からのF1参戦を目指している。

Rue Frontenac によると、現在ジャック・ヴィルヌーヴはヨーロッパにおり、来週水曜日にジュネーブでチーム関係者がFIAへプロジェクトのプレゼンするとしている。

ジャック・ヴィルヌーヴ 「FIAはUSF1の失敗を繰り返したくないはず」

2010年8月10日
ジャック・ヴィルヌーヴ
ジャック・ヴィルヌーヴは、2011年に新F1チームを設立するという彼の努力がFIAによって撃ち落とされるかもしれないと考えている。

ジャック・ヴィルヌーヴは、イタリアの元GP2チームであるディランゴと協力して、エプシロン・ユースカディ、ステファンGPと2011年の13番目のグリッドを争っている。

「FIAは、2009年の大失敗を繰り返したくないので、今年受け入れられるのは難しい」とジャック・ヴィルヌーヴは La Presse にコメント。

ジャック・ヴィルヌーヴ、F1プロジェクトが公になったことを嘆く

2010年8月9日
ジャック・ヴィルヌーヴ
ジャック・ヴィルヌーヴは、彼のF1プロジェクトが公になってしまったことに迷惑していると語る。

今週末のNACARネーションワイド・シリーズで8位入賞を果たしたジャック・ヴィルヌーヴは、来週2011年のF1参戦についての面談のためにヨーロッパに飛ぶ予定となっている。

デュランゴと共同でF1参戦を目指すことが明らかになったヴィルヌーブだが、結果がどうなるかは不確かだと語り、プロジェクトを内密なままで進めるつもりでいたため、彼の関与が公になったことを嘆いている。

デュランゴ、ジャック・ヴィルヌーヴとのF1計画に自信

2010年7月28日
デュランゴ F1
ディランゴのチームマネージャーであるイボーネ・ピントンは、ジャック・ヴィルヌーヴとのプログラムがF1に参戦できると自信をみせている。

ジャック・ヴィルヌーヴは、デュランゴと協力して2011年シーズンのF1の13番目のグリッドに申請している。

財政難により2009年末にGP2から撤退したデュランゴは、エプシロン・ユースカディ、アメリカのサイファー・グループ、ステファンGPなどとF1グリッドを争っている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム