ジャック・ヴィルヌーヴらがF1の“黒白旗”の再導入を猛批判

2019年9月14日
ジャック・ヴィルヌーヴらがF1の“黒白旗”の再導入を批判
元F1ドライバーのジャック・ヴィルヌーブは、F1が“非スポーツマン行為”を警告する黒白旗を再導入したことを批判している。

F1レースディレクターを務めるマイケル・マシは、F1ベルギーGPで非スポーツマンシップ行為に対して提示される黒/白旗(ブラック アンド ホワイトフラッグ)を復活させた。黒白旗はサッカーのイエローカードのように1回だけ表示され、2回目の違反で初めてスチュワードによってペナルティの可能性が調査される。

ランド・ノリス、ジャック・ヴィルヌーヴのシミュレーター批判に反論

2019年9月7日
ランド・ノリス、ジャック・ヴィルヌーヴのシミュレーター批判に反論
マクラーレンのランド・ノリスは、若手ドライバーがシミュレーターを定期的に使用するようになったことで、F1でより多くのリスクを負っているとのジャック・ヴィルヌーヴの主張に反論した。

F2ベルギー大会でのアントワーヌ・ユベールの悲劇的な事故死の後、F1の安全性に関する議論が激しく行われている。ジャック・ヴィルヌーヴは、若いドライバーがシミュレーターに費やす時間が増えたことが、F1の本当のリスクと事故の結果を忘れ去れていると物議を醸す意見を述べた。

「ホンダのF1エンジンは4レース以上は持たない」とヴィルヌーヴ

2019年8月23日
F1 ホンダF1
元F1ドライバーのジャック・ヴィルヌーヴは、ホンダのF1エンジンは4戦以上を持たないと考えており、レッドブル・ホンダは夏休み後に大きなグリッド降格ペナルティに直面すると予想する。

ホンダは、25馬力アップを果たす“スペック4”エンジンをF1イタリアGPで投入すると報じられているが、ジャック・ヴィルヌーヴは長期的にはそれがレッドブルを助けることにはならないと考えている。

ジャック・ヴィルヌーヴ 「メルセデスはボッタスを継続するべき」

2019年8月15日
F1 バルテリ・ボッタス
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、メルセデスはバルテリ・ボッタスを外すべきではないと考えている。

多くの専門家は、メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、2020年にバルテリ・ボッタスに代えて現在リザーブドライバーを務めているエステバン・オコンを起用する可能性が高いと考えている。

「ガスリーがレッドブルのシートを維持できているのは代役がいないだけ」

2019年7月31日
F1 ピエール・ガスリー レッドブル
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、ピエール・ガスリーがレッドブル・ホンダのシートを維持できているのは、今のところ他に選択肢がないからに過ぎないと考えている。

ジャック・ヴィルヌーヴは、レッドブルが2019年に低調なパフォーマンスを繰り返しているピエール・ガスリーに対して寛大であることに驚いていると語る。

ジャック・ヴィルヌーヴ 「ロバート・クビサはラッセルより明らかに遅い」

2019年6月12日
F1 ジャック・ヴィルヌーヴ
元F1ドライバーのジャック・ヴィルヌーヴは、ロバート・クビサのF1復帰に対する批判的な姿勢を変えていない。

2011年のラリー事故で重傷を負ってF1から遠ざかっていたロバート・クビサだが、今年ウィリアムズで8年ぶりにF1レースに復帰。だが、ジャック・ヴィルヌーヴは“F1にとって正しいメッセージ”ではないと苦言を呈していた。

「フェラーリはミック・シューマッハを潰しかねない」とヴィルヌーヴ

2019年5月7日
F1 ミック・シューマッハ
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、ミック・シューマッハは2019年にパフォーマンスを発揮しなければならないという巨大なプレッシャーにさらされていると語る。

今年、F2に参戦するミック・シューマッハ(20歳)は、フェラーリ・ドライバー・アカデミーのメンバーとしてバーレーンテストでフェラーリのF1マシンをドライブして大きな注目を集めた。

「ウィリアムズはもはやレーシングチームではない」とヴィルヌーヴ

2019年4月17日
F1 ウィリアムズF1
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、ウィリアムズは“もはやレーシングチームではない”と語る。

1997年にかつての名門チームであるウィリアムズの最後のタイトルを獲得したジャック・ヴィルヌーヴは、ウィリアムズの問題は株式上場したことに由来すると考えている。

「フェルスタッペンがガスリーを助けることはない」とヴィルヌーヴ

2019年4月11日
F1 マックス・フェルスタッペン ピエール・ガスリー
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、レッドブル・ホンダ内でマックス・フェルスタッペンは自分のシーズンに集中しており、“チームメイトのピエール・ガスリーを助けることに時間を費やすことはないだろう”と語る。

マックス・フェルスタッペンは、新生レッドブル・ホンダの初戦となるオーストラリアGPで3位表彰台を獲得するなどスタートを切ったが、対照的にピエール・ガスリーは新チームへの適応に苦戦している。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム