マクラーレン、ペトロブラスとのパートナー契約を発表

2018年2月20日
F1 マクラーレン ペトロブラス
マクラーレンは、ペトロブラスと長期的な技術パートナーシップを結んだことを発表した。

ブラジルの石油企業ペトロブラスは、2016年末にウィリアムズのスポンサーから撤退しており、昨年から何度もマクラーレンとのパートナーシップが噂されていた。

マクラーレンは20日(火)にペトロブラスと“長期的”な技術パートナーシップを結んだことを発表。契約の詳細については後ほど発表するとしている。

アルファロメオ・ザウバー、カッパ(Kappa)とのパートナー契約を発表

2018年2月20日
F1 ザウバー アルファロメオ Kappa カッパ
アルファロメオ・ザウバーは、イタリアのスポーツブランドである『カッパ(Kappa)』とパートナー契約を結んだことを発表した。

カッパは、2018年のF1世界選手権でアルファロメオ・ザウバーのドライバーとチームスタッフに公式チームギアを供給。2018年F1マシン『C37』のヘッドレストとレーシングスーツににロゴが掲載される。

アルファロメオ・ザウバー、リシャールミルとのスポンサー契約を発表

2018年2月20日
F1 アルファロメオ ザウバー リシャールミル
アルファロメオ・ザウバーは、スイスの高級腕時計ブランド『リシャールミル(Richard Mille)』とスポンサー契約を結んだことを発表した。

リシャールミルは、タイトルスポンサーのアルファロメオ、プリンシパルパートナーのシランナ(Silanna)に次ぐステータスとなるプレミアムパートナーとしてザウバーをサポート。2018年F1マシン『C37』のコックピットサイドおよびドライバーのレーシングスーツやチームギアにロゴが掲載される。

フォース・インディア、ラベノールとのパートナー契約を発表

2018年2月19日
F1 フォース・インディア ラベノール 2018年のF1世界選手権
フォース・インディアは、ドイツのオイルブランド『ラベノール(RAVENOL)』と技術パートナー契約を結んだことを発表した。

ラベノールは、ドイツのRavensberger Schmierstoffvertrieb社が1946年から開発・製造する潤滑油ブランド。2018年のF1世界選手権でフォース・インディアのシルバーストーンの開発センターに高性能潤滑油を供給する。

メルセデスF1、トミー ヒルフィガーとのアパレルパートナー契約を発表

2018年2月6日
F1 メルセデスAMG F1 2018年のF1世界選手権
メルセデスF1は、2018年のF1世界選手権からトミー ヒルフィガーと公式アパレルパートナー契約を結んだことを発表した。

今回の契約により、トミー ヒルフィガーは、メルセデスF1チームのレースウェア、トラベルウェア、ファクトリーやホスピタリティの制服などを手掛ける。また、トミー ヒルフィガーのロゴはメルセデスの2018年F1マシン『W09』やガレージ、トラックサイドに掲載される。

ルノーF1、BP/カストロールとのパートナーシップを大幅に強化

2018年2月6日
F1 ルノーF1 BP カストロール
ルノーF1は、BP/カストロールとのパートナーシップを大幅強化することを発表。BPは少なくとも今後5年間ルノーF1チームへのサポートを続けるとともに、ルノー・日産・三菱アライアンスとのグローバルな協力の機会を模索していく。

ルノーは、昨シーズンからBP/カスロールとのパートナーシップを開始。ルノーの会長兼CEOのカルロス・ゴーンとBPグループの最高経営責任者ボブ・ダトリーは将来にビジョンを共有し、BP、カストロール、そして、ルノーF1チームとでトラック内外で提携を強化していくことを発表した。

マクラーレン、エアゲインとのスポンサー契約を発表

2018年2月1日
マクラーレン F1
マクラーレンは、エアゲイン(AIRGAIN)と複数年のパートナー契約を結んだことを発表した。

エアゲイン(NASDAQ: AIRG)は、米国に本社を置く高性能ワイヤレスネットワーキング向け埋込アンテナ技術の提供事業を行う企業。

マクラーレンとエアゲインとのパートナーシップは、マクラーレン・アプライド・テクノロジーズ社を含めた幅広いビジネスで展開される。

マクラーレン、CNBCとのスポンサー契約を発表

2018年1月24日
F1 マクラーレン CNBC
マクラーレンは、CNBCと複数年のパートナーシップ契約を結んだことを発表した。

CNBCは、ニュース通信社ダウ・ジョーンズとアメリカの大手テレビネットワークのNBCが共同設立したニュース専門放送局。同社のコンテンツは世界中で毎月3億1000万人以上が閲覧しているとされる。

マクラーレンは23日(火)、ダボスでCNBCとのパートナーシップを発表。ビジネスリーダーや投資家といったネットワークのポテンシャルを生かしていきたいと語った。

レッドブル 「現在のF1はスポンサー獲得が厳しくなっている」

2018年1月5日
F1 レッドブル・レーシング
レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、現在のF1グリッドの全チームの企業スポンサーが著しく減少していることを指摘し、F1は将来にむけた他のスポーツとの激しい競争のなかでもっと魅力的なものにならなければならないと考えている。

「スポンサーを引きつけるためには魅力的なプロダクトがなければならない。魅力的なプロダクトでなければ、スポンサーはつかない」とクリスチャン・ホーナーはコメント。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム