F1 | ユニリーバ、ウィリアムズからマクラーレンにF1協賛を鞍替え

2020年1月11日
F1
ウィリアムズの大口スポンサーを務めていたユニリーバが、2020年からマクラーレンと複数年のスポンサー契約を結んだことが発表された。

様々な家庭用品を製造・販売する世界的な複合企業であるユニリーバは、2015年からウィリアムズのスポンサーを務め、デオドラントブランドのRexona(レクソナ)を宣伝してきた。その額は年間1500万ユーロ(約18億円)だとされ、タイトルスポンサーのROKiTに次ぐ2番目の大口スポンサーだった。

苦境のウィリアムズF1、スポンサー資金はラティフィ頼み?

2020年1月8日
苦境のウィリアムズF1、スポンサー資金はラティフィ頼み?
ウィリアムズF1チームは、2020年のF1世界選手権に先立ち、カナダの食品会社『ソフィーナ・フーズ』とのパートナーシップを延長・強化することを発表した。

2019年にウィリアムズF1チームのスポンサーとなったソフィーナ・フーズは、今年からチームのドライバーを務めるニコラス・ラティフィの父であるマイケル・ラティフィが会長を務める企業だ。

ウィリアムズF1、Rexonaを含めたスポンサーが続々と離脱

2020年1月7日
ウィリアムズF1、Rexonaを含めたスポンサーが続々と離脱
ウィリアムズは、2020年のF1世界選手権にむけて続々とスポンサーを失っている。

2019年に深刻なパフォーマンス危機が露呈されたウィリアムズ。ロバート・クビサを後援するポーランドの石油会社PKNオーレンは、クビサとともにアルファロメオ・レーシングに移動。また、Symantec、Omnitude、Tataもスポンサーを降りたと Sportowe Fakty は報じている。

NEC、レーシング・ポイントF1チームとのスポンサー契約を終了

2020年1月6日
NEC、レーシング・ポイントF1チームとのスポンサー契約を終了
NECは、レーシング・ポイントF1チームとのスポンサー契約を2019年シーズンをもって終了したことを発表した。

NECおよびNECメキシコは、2015年のF1世界選手権から当時フォース・インディアの名称で参戦していたチームをスポンサード。オーナー変更によってレーシング・ポイントF1チームに名称を変えた2019年シーズンもスポンサーを継続していたが、スポートペサおよびBWTというメジャースポンサーの存在によって当時よりもNECのロゴの露出は小さなものとなっていた。

PKNオーレン、アルファロメオ・レーシングのタイトルスポンサーに就任

2020年1月2日
PKNオーレン、アルファロメオ・レーシングのタイトルスポンサーに就任
アルファロメオ・レーシングは、ポーランドの石油会社PKNオーレンが“共同タイトルスポンサー”に就任し、2020年のF1世界選手権を『アルファロメオ・レーシング・オーレン(Alfa Romeo Racing ORLEN)』として参戦することを発表した。

複数年のこの契約により、PKNオーレンのブランディングが、チームの2020年F1マシン『C39』とチームのトラックサイドの機材に掲載される。

ガスプロム、ルノーF1かアルファタウリのタイトルスポンサーに就任?

2019年12月10日
ガスプロム、ルノーF1かルファタウリのタイトルスポンサーに就任?
ロシアのエネルギー大手ガスプロムが、アルファタウリ(現トロロッソ)およびルノーF1チームについてタイトルスポンサー契約について交渉を行っているとGPToday.net が報じた。

ガスプロムはロシア最大の石油会社であり、世界最大の天然ガス会社。2002年と2003年にミナルディのスポンサーを務めていた。現在、F1では持続可能性と燃料の分野で進歩を踏み出そうとしており、同社はF1に関与することに関心を持っているという。

ロキット、女性限定レース『Wシリーズ』のスポンサーに就任

2019年12月10日
ロキット、女性限定レース『Wシリーズ』のスポンサーに就任
女性ドライバーのみで争われる新たな国際レーシングシリーズ『Wシリーズ』は、ロキットフォン(ROKiT Phones)と複数年のスポンサー契約を結んだことを発表した。

ウィリアムズF1チームのタイトルスポンサーを務めているロキットは、近年モータースポーツへのスポンサーシップを獲得しており、英国ツーリングカー選手権ではルイス・ハミルトンの弟ニックのスポンサーを務め、先月にはベンチュリー・フォーミュラEチームのタイトルスポンサーに就任している。

マクラーレンF1、MCL35のカラーリングは「インパクトの強いものになる」

2019年12月3日
マクラーレンF1、MCL35のカラーリングは「インパクトの強いものになる」
マクラーレンF1チームのCEOを務めるザク・ブラウンは、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)とのスポンサーシップ強化によって2020年F1マシン『MCL35』のカラーリングは“インパクト大”なものになると語る。

マクラーレンは今年初めにBATとスポンサー契約を締結。タバコ企業の変革とリスクを低減する製品のポートフォリオをサポートする“A Better Tomorrow”のブランディングを推進した。

マクラーレン、ブリティッシュ・アメリカン・タバコとの提携強化を発表

2019年11月30日
マクラーレン、ブリティッシュ・アメリカン・タバコとの提携強化を発表
マクラーレンとブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)は、2020年に商業パートナーシップを拡大。マクラーレンの2020年F1マシン『MCL35』ではBATのブランディングが増加する。

マクラーレンは今年初めにBATとスポンサー契約を締結。タバコ企業の変革とリスクを低減する製品のポートフォリオをサポートする“A Better Tomorrow”のブランディングを推進した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム