元F1ドライバー 「角田裕毅もいるのでレッドブルF1はペレスを放出すべき」

2023年5月2日
元F1ドライバー 「角田裕毅もいるのでレッドブルF1はペレスを放出すべき」
元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは、チームメートのマックス・フェルスタッペンとの緊張関係から、レッドブルF1はシーズン終了後にセルジオ・ペレスを放出すべきだと考えている。

2度のチャンピオンであるフェルスタッペンは、2016年に当時のトロロッソチームからステップアップして以来、レッドブル・レーシングのチームを自分中心に作り上げてきた。

「マックス・フェルスタッペンが31歳で引退してもF1は繁栄し続ける」

2023年4月26日
「マックス・フェルスタッペンが31歳で引退してもF1は繁栄し続ける」とラルフ・シューマッハ
マックス・フェルスタッペンが31歳で引退を決意しても、F1は繁栄し続けるだろうと元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは主張する。

最近、2年連続のワールドチャンピオンであるフェルスタッペンは、バクーでデビューするスプリント週末フォーマットの 2 回目の予選セッションのような「ショー」を盛り上げるための新しいイニシアチブが好きではないことを認めた。

アルファタウリF1売却の噂は逆にレッドブルとのシナジー強化の予兆?

2023年3月1日
アルファタウリF1売却の噂は逆にレッドブルとのシナジー強化の予兆?
アンドレッティは、F1チームの公式エントリーを取得するだけで、6億ドル、いや7億4,000万ドルという途方もない金額を支払うことになりかねない。

F1の既存チームはFIA(国際自動車連盟)に対し、新規チームへの参入費用を現在の2億ドルから6億ドルに引き上げるよう働きかけていると考えられている。

アルファタウリF1代表 「ドイツにはシューマッハのようなヒーローが必要」

2023年2月2日
アルファタウリF1代表 「ドイツにはシューマッハのようなヒーローが必要」
スクーデリア・アルファタウリのF1チーム代表であるフランツ・トストは、ミック・シューマッハと契約したかったとの気持ちを隠さない。そして、ドイツでのF1の関心についてもそう語る。

1月20日、67歳の誕生日を迎えたアルファタウリのF1チーム代表であるフランツ・トストは、彼が最も好きなこと、つまり仕事をしていた。

ラルフ・シューマッハ 「ミックとメルセデスF1の契約はウィンウィン」

2022年12月23日
ラルフ・シューマッハ 「ミックとメルセデスF1の契約はウィンウィン」
元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは、甥のミック・シューマッハを2023年のリザーブドライバーとして契約するというメルセデスの決定に承認の印を与えた。

先週、メルセデスF1は、ニック・デ・フリースのアルファタウリへの移籍とストフェル・バンドーンのアストンマーティンとの契約に伴って空席になっていた公式リザーブ兼テストドライバーにミック・シューマッハを起用することを発表した。

シューマッハ 「ギュンターはミックに個人的な何かがあるとしか思えない」

2022年11月16日
元F1ドライバーのラルフ・シューマッハ 「ギュンターはミックに個人的な何かがあるとしか思えない」
元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは、ハースF1チームの代表であるギュンター・シュタイナーが、甥のミック シューマッハに対して「個人的な何か」を持っていると非難した。

ミック・シューマッハの将来に関する最新の報道によると、すでに2023年シーズンのハースF1チームのレースシートを持たないことをギュンター・シュタイナーからすでに知らされているとされている。

ラルフ・シューマッハ 「子供をF1ドライバーにするには20億円は必要」

2022年9月28日
ラルフ・シューマッハ 「子供をF1ドライバーにするには20億円は必要」
ラルフ・シューマッハは、若いドライバーをF1に参加させるだけでも1300万~1500万ユーロ(約18億~20億円)の費用がかかると語る。

F1は、非常に裕福な人々の遊び場のようなものとして常に知られてきた。昨年、ルイス・ハミルトンは、新時代を“億万長者の少年クラブ”と表現。グリッドに裕福なバックグラウンドを持たないドライバーはほとんどいない。

「アルピーヌに戻れなければダニエル・リカルドのF1キャリアは終わる」

2022年8月16日
「アルピーヌに戻れなければダニエル・リカルドのF1キャリアは終わる」と元F1ドライバー
元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは、ダニエル・リカルドが今シーズンの終わりにマクラーレンF1チームを去る場合、F1キャリアの終わりに直面することになるかもしれないと語る。

ダニエル・リカルドは、2023年にマクラーレンから若い同胞のオスカー・ピアストリと交代することを通達されたと伝えられている。

「ピアストリという宝石を手放すことになれば大失態」と元F1ドライバー

2022年8月16日
「ピアストリという宝石を手放すことになれば大失態」と元F1ドライバー
元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは、オスカー・ピアストリを“宝石”と称し、現在の騒動の責任はアルピーヌF1チームにあると考えている。

アルピーヌF1チームは、引退するセバスチャン・ベッテルの代わってアストンマーティンF1に移籍するというフェルナンド・アロンソの衝撃的な決定に驚いた後、ドライバー市場の嵐の中心に引き込まれた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · | Next»
 
F1-Gate.com ホーム