ミック・シューマッハの叔父ラルフ、ハースF1のチーム代表を批判

2022年6月8日
ミック・シューマッハの叔父ラルフ、ハースF1のチーム代表を批判
ミック・シューマッハの叔父であるラルフ・シューマッハは、ハースF1チームの代表ギュンター・シュタイナーを批判している。

最近、元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは、甥のミック・シューマッハとギュンター・シュタイナーの性格が衝突していることと示唆していた。

ラルフおじさん 「ミック・シューマッハのペースはポイントより重要」

2022年5月16日
F1:ラルフおじさん 「ミック・シューマッハのペースはポイントより重要」
元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは、甥であるミック・シューマッハのマイアミGPでの全体的な力強いペースは、F1での初ポイントを犠牲にしたミスよりも重要だったと語る。

マイアミでは、今シーズン初めて、ミック・シューマッハはレースウィークエンド全体でハースF1チームのチームメイトであるケビン・マグヌッセンを総合的に上回った。

ウィリアムズF1、シーズン途中でニコラス・ラティフィを解雇?

2022年5月4日
ウィリアムズF1、シーズン途中でニコラス・ラティフィを解雇?
ウィリアムズF1は、ニコラス・ラティフィに満足していないのは明らかであり、彼がもたらす財政的支援にも関わらず、今シーズン中にドライバーを交代する可能性があると元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは語る。

今年、ウィリアムズF1で3シーズン目を迎えたニコラス・ラティフィだが、通算で7ポイントしか獲得できておらず、今年は新加入のアレクサンダー・アルボンが安定した競争力を発揮しているのに対し、ミスやクラッシュが目立っている。

「通常の状況ではマックス・フェルスタッペンに勝ち目はない」と元F1ドライバー

2021年11月24日
「通常の状況ではマックス・フェルスタッペンに勝ち目はない」と元F1ドライバーのラルフ・シューマッハ
元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは、今後の2レースで異常な状況の介入がなければ、F1ワールドチャンピオンを獲得する“チャンスはない”と考えている。

残り2レースとなった現在、マックス・フェルスタッペンは、ドライバーズランキングでルイス・ハミルトンを8ポイントリードしている。

「アストンマーティンF1は恥ずかしい思いをしているはず」と元F1ドライバー

2021年10月20日
「アストンマーティンF1は恥ずかしい思いをしているはず」とと元F1ドライバーのラルフ・シューマッハ
アストンマーティンF1は、2021年に4回のF1ワールドチャンピオンのセバスチャン・ベッテルよりも“恥ずかしい”思いをしているはずだ。

それは、F1トルコGPで滑りやすい路面でセバスチャン・ベッテルのマシンにスリックタイヤを装着するという“恥ずかしい”決定についてコメントを求められた元F1ドライバーのラルフシューマッハの見解だ。

ラルフ・シューマッハ 「マゼピンはまだF1のための技能が足りていない」

2021年10月1日
ラルフ・シューマッハ 「マゼピンはまだF1のための技能が足りていない」
元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは、ニキータ・マゼピンはまだきちんとF1に適応できていないと考えており、甥のミック・シューマッハのペースが速いことも問題の助けになっていないと語る。

F1デビューシーズンのニキータ・マゼピンは、一連のスピンや仲間のドライバーを妨害することで批判され、先週末のF1ロシアGPでは、角田裕毅をウオールに追いやった“スポーツマンシップに反する”行為について、F1レースディレクターのマイケル・マシから警告を受けた。

F1:デビッド・シューマッハ 「有名な姓は恩恵でもあり呪いでもある」

2021年9月23日
F1:デビッド・シューマッハ 「有名な姓は恩恵でもあり呪いでもある」
F3ドライバーのデビッド・シューマッハは、有名な姓は自分にとって恩恵でもあり呪いでもあると語る。

ミハエル・シューマッハは、F1史上最も成功したドライバーであり、弟のラルフ・シューマッハもF1で勝利を挙げるなど、シューマッハという姓は、F1で最も有名な名前のひとつだ。

「セバスチャン・ベッテルのF1引退を心配していた」とシューマッハ

2021年9月18日
「セバスチャン・ベッテルのF1引退を心配していた」とシューマッハ
ラルフ・シューマッハは、セバスチャン・ベッテルが2022年もアストンマーティンのF1ドライバーを継続するというニュースを歓迎しており、ベッテルがF1を引退しようとしているのではないかと“心配”していたと語る。

昨年、セバスチャン・ベッテルは、アストンマーティンF1に移籍。当初は複数年契約だと考えられていたが、チーム代表のオトマー・サフナウアーは、実際にはそれが“1+1契約”であることを明らかにしていた。

ラルフ・シューマッハ、マゼピンの危険運転に憤慨「F1に彼の居場所はない」

2021年9月8日
ラルフ・シューマッハ、マゼピンの危険運転に憤慨「F1に彼の居場所はない」
ラルフ・シューマッハは、ニキータ・マゼピンの危険なドライビングに憤慨しており、F1にはマゼピンの“居場所はない”と語気を強めた。

ルーキーのニキータ・マゼピンは、様々な理由で見出しを飾っており、特にコース上での攻撃的な運転は多くのドライバーの怒りを買っている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム