「ウィリアムズ家のF1撤退は正しい決断」とラルフ・シューマッハ

2020年9月5日
「ウィリアムズ家のF1撤退は正しい決断」とラルフ・シューマッハ
元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは、ウィリアムズ家が名門チームの経営から退くという決定は正しい決断だと指示している。

先月、ウィリアムズはF1チームを米国の投資会社ドリルトン・キャプタルに売却。そして、F1イタリアGP限りでクレア・ウィリアムズが副チーム代表から退任することで、設立から43年間関わってきたウィリアムズ家は経営から撤退することになった。

「レッドブルF1はアルボンをヒュルケンベルグに代えるべき」

2020年9月3日
「レッドブルF1はアルボンをヒュルケンベルグに代えるべき」とラルフ・シューマッハ
レッドブル・ホンダF1は、アレクサンダー・アルボンをニコ・ヒュルケンベルグに代えるべき。そう語るのは元F1ドライバーのラルフ・シューマッハだ。

アレクサンダー・アルボンはコンスタントに入賞を重ねており、レッドブルも擁護してはいるが、メルセデスと孤軍奮闘するマックス・フェルスタッペンをアシストすることができておらず、アルボンへの風当たりはグランプリごとに強くなってきている。

F1特集:ラルフ・シューマッハ 歴代F1マシン

2020年7月26日
F1特集:ラルフ・シューマッハ 歴代F1マシン
ラルフ・シューマッハのF1キャリアを歴代F1マシンとともに振り返る。

7回のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハの実弟であるラルフ・シューマッハは、1997年にジョーダンでF1デビュー。その後、ウィリアムズ、トヨタでF1を戦い、182戦で6勝、27回の表彰台を獲得。2004年のF1日本GPでは兄弟での1-2フィニッシュを達成している。

セバスチャン・ベッテル、アルファタウリ・ホンダF1加入の可能性は?

2020年7月26日
セバスチャン・ベッテル、アルファタウリ・ホンダF1加入の可能性は?
セバスチャン・ベッテルのF1での今後についての噂は何週間にわたっても報じられている。現在、アストンマーティン/レーシング・ポイント加入の線が最も濃厚とされているが、レッドブル・レーシング復帰の可能性も言及されている。そして、3番目のチームがその候補として言及されている。

レッドブル復帰の可能性の噂については、とりわけ、クリスチャン・ホーナーとヘルムート・マルコが過去数週間でセバスチャン・ベッテルと多くのコンタクトをとっていることで煽られている。

ラルフ・シューマッハ 「兄の容態について今後も話すことはない」

2020年6月9日
ラルフ・シューマッハ 「兄の容態について今後も話すことはない」 / F1ニュース
元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは、兄であるミハエル・シューマッハの容態について今後もメディアに話すことはないと語る。

7度のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハは、2013年末のスキー事故で脳挫傷を負っていこう、容態については秘密が保たれている。

ルイス・ハミルトンはレッドブル・ホンダF1を過小評価すべきではない

2020年4月30日
ルイス・ハミルトンはレッドブル・ホンダF1を過小評価すべきではない
元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは、F1が再開するときにはレッドブル・ホンダに多くの期待を寄せており、ルイス・ハミルトンは確実に7回目のF1タイトルを獲得できるとは限らないと語る。

ルイス・ハミルトンが、7回目のF1ワールドチャンピオンを獲得すれば、前人未踏と考えられていたミハエル・シューマッハの記録に並ぶことになる。しかし、弟のラルフ・シューマッハは、それが簡単に実現するとは考えていない。

コスト削減を望まないならフェラーリはF1から去るべき?

2020年4月28日
コスト削減を望まないならフェラーリはF1から去るべき?
フェラーリは、新型コロナウイルス危機にあってもコストを大幅に削減する意思がないのであれば、F1を去るべきだと元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは語気を強める。

大部分のF1チームは予算上限を1億4500万ドルまで引き下げることに同意しているが、フェラーリは、そのようなコスト削減は従業員を解雇することを余儀なくさせ、F1の価値を低下させると主張。

ラルフ・シューマッハ、F1ドライバーの給与カットを提案 / 新型コロナ危機

2020年3月31日
ラルフ・シューマッハ、F1ドライバーの給与カットを提案 / 新型コロナ危機
元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは、新型コロナウイルスによる財政的な問題からF1で働く従業員を守るために、F1ドライバーの給与カットを提案している。

新型コロナウイルスの世界的な大流行によって、2020年のF1世界選手権はすでに序盤8戦の延期・中止が決定しており、収入減によって小規模チームの存続について懸念が持ち上がっている。

F1:ラルフ・シューマッハ 「このままではドイツのモータースポーツは死ぬ」

2020年3月16日
F1:ラルフ・シューマッハ 「このままではドイツのモータースポーツは死ぬ」
元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは、ドイツではゴーカートなどの若者のカテゴリーが“存在していない” とし、対策がすぐに取られなければ、ドイツでモータースポーツは“死ぬ”と考えている。

今世紀初頭、F1グリッドには多数のドイツ人が登場した。2010年にピークを迎え、ミハエル・シューマッハ、セバスチャン・ベッテル、ニコ・ロズベルグ、ニコ・ヒュルケンベルグ、ティモ・グロック、ニック・ハイドフェルド、エイドリアン・スーティルと7名のドイツ人ドライバーがグリッドに並んでいた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム