2021年 F1カタールGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2021年11月21日
2021年 F1カタールGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想
ピレリは、2021年 F1世界選手権 第20戦 F1カタールGPの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を発表した。

ピレリは、ロサイル・インターナショナル・サーキットにC1(ハード)、C2(ミディアム)、C3(ソフト)と昨年よりもレンジのなかで最も硬いコンパウンドをノミネートしている。決勝ではハードとミディアムのいずれか1セットを使うことが義務付けられる。

レッドブル・ホンダF1 分析:DRSフラップ問題で最適ウイングを搭載できず

2021年11月21日
レッドブル・ホンダF1 分析:DRSフラップ問題で最適ウイングを搭載できず / F1カタールGP 予選
レッドブル・ホンダF1にとってF1カタールGPはリアウイングのDRSフラップに悩まされる週末となっている。

フリー走行1回目からレッドブル・ホンダの2台にはDRSオープン時にリアウイングのアッパーエレメントが固定される動いてしまう問題に見舞われた。本来ならば、ドラッグを減少させるためのDRSだが、エレメントが動いてしまうことによってドラッグが発生し、100%の効果は得られない。

2021年 F1カタールGP 予選:トップ10ドライバーコメント

2021年11月21日
2021年 F1カタールGP 予選:トップ10ドライバーコメント
2021年 F1世界選手権 第20戦 F1カタールGPの予選でトップ10入りしたドライバーのコメント。

1番手:ルイス・ハミルトン(メルセデス)
「予選セッションにはとても満足している。昨日は僕にとって難しかった。木曜日と金曜日は体調が悪く、その後、プラクティスで苦労した。だから、深く掘り下げなければならなかった」

2021年 F1カタールGP 予選:ドライバーコメント(11位~20位)

2021年11月21日
2021年 F1カタールGP 予選:ドライバーコメント(11位~20位)
2021年 F1世界選手権 第20戦 F1カタールGPの予選で11位~20位だったドライバーのコメント

11番手:セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
「僕にとってはおかしな予選となった。FP3までは上位にいたし、施してきた変更にも自信を持っていた。予選でも力強い結果を残すために必要なことは揃っていたけど、重要なところでまとめきることができなかった」

ニキータ・マゼピン 「メカニックは奇跡の仕事をやってのけた」

2021年11月21日
ニキータ・マゼピン 「メカニックは奇跡の仕事をやってのけた」 ハース F1カタールGP 予選
ハースF1チームのニキータ・マゼピンは、2021年F1カタールGPの予選を最下位で終えたが、予選に出走できるようにマシンを修復してくれたメカニックに感謝の言葉を述べた。

フリー走行1回目にターン15でマシンを損傷させたことで、ハースF1はニキータ・マゼピンのシャシーを交換することを決断。フリー走行2回目を逃すことになった。

シャルル・ルクレール、モノコックに亀裂が見つかりシャシーを交換

2021年11月21日
シャルル・ルクレール、モノコックに亀裂が見つかりシャシーを交換 / フェラーリ F1カタールGP 予選
フェラーリF1は、カタールGPの予選後にシャルル・ルクレールのモノコックに亀裂を発見。決勝に向けて新しいシャシーを構築することを決断した。

シャルル・ルクレールは、F1カタールGPの予選で苦戦を強いられ、Q2で敗退。グリップの欠如に途方に暮れていた。しかし、予選後にフェラーリはシャルル・ルクレールのマシンを徹底的にチェックし、Q1の最初の走行で縁石を乗り越えたことが原因である可能性が高い亀裂を発見した。

ルイス・ハミルトン、腹痛を乗り越えてのポールポジション獲得

2021年11月21日
ルイス・ハミルトン、腹痛を乗り越えてのポールポジション獲得 / メルセデス F1カタールGP 予選
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、F1カタールGPの週末に腹痛を乗り越えてポールポジションを獲得した。

ロサイル・インターナショナル・サーキットで初開催となったF1カタールGPで、ルイス・ハミルトンはどのプラクティスセッションでもタイムシートのトップには立っていなかった。しかし、重要なセッションでライバルに大差をつけた。

ピエール・ガスリー、最後はマシン破損も4番手「最高の内容になった」

2021年11月21日
ピエール・ガスリー、最後はマシン破損も4番手「最高の内容になった」 アルファタウリ・ホンダ F1カタールGP 予選
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーは、2021年F1カタールGPの予選を4番手で終えた。

予選Q3でピエール・ガスリーはターン15の出口で膨らんで外側の縁石に乗った際にフロントウイングを破損。マシンの下に潜り込んだウイングが右フロントタイヤを傷つけてパンクを喫し、メインストレートに入ったところでストップする。

セルジオ・ペレス、Q2敗退「重要なところでまとめきることができなかった」

2021年11月21日
セルジオ・ペレス、Q2敗退「重要なところでまとめきることができなかった」 レッドブル・ホンダ F1カタールGP 予選
レッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレスは、2021年F1カタールGPの予選でQ2敗退を喫して11番手で終えた。

Q2では、上位進出が予想されたドライバーが立て続けに敗退。セルジオ・ペレスもその一人となってしまい、通過ラインまでわずか0.1秒差の11番手でQ3進出を逃した。ただ、明日の決勝ではスタートタイヤを自由に選択できるため、レースでの巻き返しを期する。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム