2021年 F1カタールGP 決勝:ドライバーコメント(11位~DNF)

2021年11月22日
2021年 F1カタールGP 決勝:ドライバーコメント(11位~DNF)
2021年 F1世界選手権 第20戦 F1カタールGPの決勝で11位~DNFだったドライバーのコメント。

11位:ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
「とてもフラストレーションの溜まる一日だ。裕毅も僕もトップ10以内からスタートしたけど、レースを後方で終える形になった。マシンの中では全力を尽くしていたけど、今日の僕たちには速さがなかった」

ランド・ノリス 「パンクの原因は明らか。タイヤをもっと良くするべき」

2021年11月22日
ランド・ノリス 「パンクの原因は明らか。タイヤをもっと良くするべき」 F1カタールGP 決勝
マクラーレンF1のランド・ノリスは、F1カタールGPでパンクを経験した4人のドライバーの1人であり、F1タイヤサプライヤーに「タイヤをもっと良くする」よう促した。

F1初開催となったロサイル・インターナショナル・サーキットで、ランド・ノリス、バルテリ・ボッタス、ジョージ・ラッセル、ニコラス・ラティフィの4人はレース中に左フロントタイヤのパンクに見舞われた。

フェルスタッペン 「降格ペナルティは前日の夜から覚悟していた」

2021年11月22日
レッドブルF1のフェルスタッペン 「降格ペナルティは前日の夜から覚悟していた」 F1カタールGP 決勝
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、レース前夜にペナルティを科さられることは覚悟していたので、F1カタールGPでの5グリッド降格は「ショックでもサプライズでもなかった」と語る。

マックス・フェルスタッペンは、F1カタールGPの予選で2番手タイムを獲得。ポールポジションを獲得したライバルのルイス・ハミルトンに0.455秒の大差をつけられており、決勝での挽回が大命題だった。

メルセデスF1 「サウジでハミルトンは再び“スパイシーエンジン”を搭載」

2021年11月22日
メルセデスF1 「サウジでハミルトンは再び“スパイシーエンジン”を搭載」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、F1カタールGPでルイス・ハミルトンが使用していたのは走行距離を重ねた古いF1エンジンであり、次戦F1サウジアラビアGPでは、ブラジルでの挽回劇を達成したフレッシュな“スパイシーエンジン”が搭載されると明らかにした。

メルセデスF1は、前戦F1ブラジルGPで残りのシーズンを乗り切るためにルイス・ハミルトンに新品エンジンを投入してグリッドペナルティを受けた。

フェルナンド・アロンソ 「次の表彰台はこんなに長く待ちたくないね!」

2021年11月22日
フェルナンド・アロンソ 「次の表彰台はこんなに長く待ちたくないね!」 アルピーヌ F1カタールGP 決勝
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、2021年F1カタールGPで3位表彰台を獲得。2014年のF1ハンガリーGPでの2位表彰台以来、実に7年、105戦ぶりの表彰台獲得となった。

フェルナンド・アロンソは、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とバルテリ・ボッタス(メルセデス)のグリッド降格ペナルティのおかげで3番グリッドからレースをスタート。

エステバン・オコン 「アロンソにブダペストの恩返しがしたかった」

2021年11月22日
エステバン・オコン 「アロンソにブダペストの恩返しがしたかった」 アルピーヌ F1カタールGP 決勝
アルピーヌF1のエステバン・オコンは、2021年F1カタールGPを5位でフィニッシュ。フェルナンド・アロンソの3位表彰台をアシストした。

エステバン・オコンが初優勝を果たしたF1ハンガリーGPでは、チームメイトのフェルナンド・アロンソがルイス・ハミルトン(メルセデス)を数周にわたって抑えてアシストした。

ホンダF1 田辺TD 「追い風と向かい風の中を戦って今のポジションがある」

2021年11月22日
ホンダF1 田辺TD 「追い風と向かい風の中を戦って今のポジションがある」 F1カタールGP 記者会見
ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治が、2021年F1カタールGPでの戦いを記者会見で振り返った。

勝負としては完敗だった。5グリッド降格ペナルティを科されたマックス・フェルスタッペンは、ポールポジションからスタートしたルイス・ハミルトンに勝負を挑むことができなかった。それでもファステストラップポイントを獲得して2位でフィニッシュし、ダメージを最小限に抑えた。

2021年 第20戦 F1カタールGP 決勝:タイヤ戦略解説

2021年11月22日
2021年 第20戦 F1カタールGP 決勝:タイヤ戦略解説
2021年 第20戦 F1カタールGP 決勝でのタイヤ戦略をF1公式タイヤサプライヤーのピレリが解説した。

メルセデスのルイス・ハミルトンが、初開催となるカタールグランプリで優勝した。ポールポジションからC2コンパウンドのP Zeroイエロー・ミディアムタイヤでスタートしたハミルトンは、C1コンパウンドのP Zeroホワイト・ハードタイヤへ交換し、その後再度ミディアムタイヤへと繋いだ。この戦略は、最速戦略として予測されていたものだった。

セルジオ・ペレス 「2戦連続で表彰台のチャンスをVSCに阻まれた」

2021年11月22日
セルジオ・ペレス 「2戦連続で表彰台のチャンスをVSCに阻まれた」 レッドブル・ホンダ F1カタールGP 決勝
レッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレスは、2021年F1カタールGPの決勝を4位で終えた。

11番手スタートのペレスも1周目で9番手まで浮上すると、8番手を守っていた角田裕毅をターン4でオーバーテイク。さらに、その次のターン1でカルロス・サインツ(フェラーリ)、その翌週にエステバン・オコン(アルピーヌ)を立て続けに追い抜き、9周目には6番手まで順位を上げる。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム