ピレリ 「2ストップ戦略の方が1ストッパーよりもわずかに速い」

2021年8月1日
ピレリ 「2ストップ戦略の方が1ストッパーよりもわずかに速い」 / 2021年 F1ハンガリーGP
ピレリのF1責任者を務めるマリオ・イゾラは、2021年F1ハンガリーGPで最速の戦略は2ストップだと語っており、レッドブル・ホンダにもまだ勝利を争える可能性があるかもしれない。

今週末のブダペストは、気温と路面温度が非常に高く、硬いレンジのタイヤがメインになると予想されている。予選ではメルセデスの2台がミディアムでQ2を突破し、ライバルのレッドブル・ホンダはソフトでのスタートとなったため、1ストッパーが可能なメルセデスが圧倒的に有利だと考えられている。

2021年 第11戦 F1ハンガリーGP:サーキット&タイヤコンパウンド情報

2021年7月29日
2021年 第11戦 F1ハンガリーGP:サーキット&タイヤコンパウンド情報
2021年 第11戦 F1ハンガリーGPがハンガロリンクで開催される。公式タイヤサプライヤーのピレリが2021年F1ハンガリーGPのタイヤについて解説した。

2021年シーズンの前半戦は、F1の伝統的な夏休みの前にハンガリーで終了する。シルバーストンでトライアルされたスプリント予選フォーマットに続き、ハンガリーでは通常の週末フォーマットとタイヤルールに戻る。

レッドブル・ホンダF1を含めた3チームが18インチタイヤのテストを完了

2021年7月22日
レッドブル・ホンダF1を含めた3チームが18インチタイヤのテストを完了
レッドブル・ホンダ、ハース、アストンマーティンの3チームが、2日間にわたってシルバーストンで行われたピレリの18インチタイヤのテストを完了された。

F1チームが根本的に再設計された2022年F1マシンへの開発を強化し続けるなか、F1公式タイヤサプライターのピレリは、それらのマシンに適合する18インチのタイヤ構造の開発に熱心に取り組んでいる。

2021年 第10戦 F1イギリスGP 決勝:タイヤ戦略解説

2021年7月19日
2021年 第10戦 F1イギリスGP 決勝:タイヤ戦略解説
2021年 第10戦 F1イギリスGP 決勝でのタイヤ戦略をF1公式タイヤサプライヤーのピレリが解説した。

メルセデスのルイス・ハミルトンが、2回のタイヤ交換を行い、劇的なイギリスグランプリを制した。スタート直後に発生したハミルトンとレッドブルのマックス・フェルスタッペンの接触により、レースは赤旗中断となった。

2021年 F1イギリスGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2021年7月18日
2021年 F1イギリスGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想
ピレリは、2021年 F1世界選手権 第10戦 F1イギリスGPの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を発表した。

ピレリは、シルバーストンに昨年のF1イギリスGP(2020年のシルバーストンでのダブルヘッダーの最初のレース)と同じC1(ハード)、C2(ミディアム)、C3(ソフト)をノミネート。タイヤに大量のエネルギーを供給するサーキット特性に合わせてレンジで最も硬いコンパウンドを選択した。

2021年 第10戦 F1イギリスGP:タイヤコンパウンド情報

2021年7月14日
2021年 第10戦 F1イギリスGP:タイヤコンパウンド情報
2021年 第10戦 F1イギリスGPがシルバ0ストンで開催される。公式タイヤサプライヤーのピレリが2021年F1イギリスGPのタイヤについて解説した。

2021年のF1イギリスGPは、F1史上初の試みとして“スプリント予選”が実施される。土曜日の午後にスプリント予選が行われ、日曜日のグランプリのグリッドが決定される。

F1イギリスGP以降のピレリの新型リアタイヤの使用をWMSCが承認

2021年7月10日
F1イギリスGP以降のピレリの新型リアタイヤの使用をWMSCが承認
FIA 世界モータースポーツ評議会(WMSC)は、ピレリの改良されたリアタイヤを承認。F1イギリスGPでレースデビューを果たす。

前戦F1オーストリアGPのプラクティスでF1ドライバーは、現在のC4のより耐久性のあるバージョンに改良したリアタイヤをテストした。新しいタイヤは、ランス・ストロールとマックス・フェルスタッペンが高速でタイヤバリアにクラッシュしたF1アゼルバイジャンGPのタイヤ故障に続いてピレリが作成した。

角田裕毅、18インチの2022年F1タイヤで131周を走破

2021年7月8日
角田裕毅、18インチの2022年F1タイヤで131周を走破
アルファタウリ・ホンダF1の角田裕毅は、ピレリの2021年の18インチタイヤで131周を走破。チームは2日間のテストを終えた。

ほとんどのドライバーは、F1イギリスGPの準備のためにオーストリアを離れたが、ピエール・ガスリーとチームメイトの角田裕毅は、アルファタウリ・ホンダF1のテストクルーたちとレッドブル・リンクに残った。

アルファタウリ・ホンダF1、ガスリーが18インチタイヤで164周を走破

2021年7月7日
アルファタウリ・ホンダF1、ガスリーが18インチタイヤで164周を走破
アルファタウリ・ホンダF1は7月6日(火)、レッドブル・リンクで2022年のピレリの18インチタイヤのテストを実施。ピエール・ガスリーが164周を走り込んだ。

オーストリア2連戦は、ピエール・ガスリーにとってあまり満足のいかない結果となった。1戦目はオープニングラップでシャルル・ルクレールと接触してリタイア。2戦目はソフトタイヤでのスタートが不利に働き、6番グリッドからスタートして9位でレースを終えた。
«Prev || ... 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 · 13 · 14 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム