ジャック・ヴィルヌーヴ 「クビサのカムバックはおとぎ話ではなかった」

2019年12月10日
ジャック・ヴィルヌーヴ 「クビサのカムバックはおとぎ話ではなかった」
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、ロバート・クビサのF1復帰は決して“おとぎ話”ではなかったと語る。

2011年のラリー事故から8年ぶりに復帰を果たしたロバート・クビサだが、その復活劇はあまり興奮を引き起こすことはなく、アブダビGPの暗闇のなかで静かに幕を閉じた。

ロバート・クビサ、ハースのオファーを断ってレーシングポイント加入?

2019年12月8日
ロバート・クビサ、ハースからオファーを断ってレーシングポイント加入?
ロバート・クビサは、ハースF1チームからのリザーブドライバーの役割に断りを入れ、2020年にレーシング・ポイントF1チームとリザーブドライバー契約を結びと報じられている。

ハースF1チームは、ロバート・クビサがウィリアムズの離脱後、シミュレーターのセットアップを強化し、チーム内の経験レベルを上がるためにクビサを獲得することに熱心だった。クビサの個人スポンサーを務めるPKNオーレンはF1でのスポンサーシップの継続を希望している。

ロバート・クビサ、過去にF1を戦ったBMWからDTMルーキーテストに参加

2019年12月6日
ロバート・クビサ、過去にF1を戦ったBMWからDTMルーキーテストに参加
元ウィリアムズのF1ドライバーであるロバート・クビサは、12月にヘレスで開催されるDTMルーキーテストでBMWをドライブする。

今年、ウィリアムズからF1復帰を果たしたロバート・クビサだが、1年でチームを離れ、後任はニコラス・ラティフィに決定。来季はF1シミュレーターの役割と他のレースプログラムを組み合わせての活動を希望していることをすでに明らかにしている。

メルセデスF1代表 「クビサはあの事故がなければF1王者になっていた」

2019年12月5日
メルセデスF1代表 「クビサはあの事故がなければF1王者になっていた」
メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ロバート・クビサはラリーでの事故がなければF1ワールドチャンピオンになったいたと考えており、今後は“異なる役割でのワールドチャンピオン”になるだろうと語る。

今年、2011年のラリー事故から8年ぶりにウィリアムズで奇跡ともいえるF1復帰を果たしたロバート・クビサだが、結果を残すことができず、1シーズンでグリッドを離れることになった。

ロバート・クビサ 「ウィリアムズは僕の経験をほとんど活用しなかった」

2019年11月29日
ロバート・クビサ 「ウィリアムズは僕の経験をほとんど活用しなかった」
ロバート・クビサは、ウィリアムズは2019年に自分の経験を最大限に生かしていなかったと語る。

F1アブダビGPが“おそらく”F1でのラストレースだと認めるロバート・クビサは、来年はDTMへの参戦にターゲットにしており、スポンサーのPKNオーレンの次の動きを補完するためにF1でリザーブドライバーの役割と組み合わせることを目指している。

ハースF1チーム代表 「ロバート・クビサからの来週までの回答を期待」

2019年11月28日
ハースF1チーム代表 「ロバート・クビサからの来週までの回答を期待」
ハースのF1チーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、ロバート・クビサに2020年のテスト兼開発ドライバーとしてのオファーしていることを認め、来週までに回答をもらえることを期待していると語る。

今年、ラリーでの事故から8年ぶりにF1復帰を果たしたロバート・クビサだが、期待外れなシーズンに終わり、今シーズン限りでウィリアムズを去る決断を下した。

ロバート・クビサ、レーシングポイントとリザーブドライバー契約との報道

2019年11月25日
ロバート・クビサ、レーシングポイントとリザーブドライバー契約との報道
ロバート・クビサが、2020年のレーシング・ポイントF1チームのリザーブドライバーとして契約し、来季はDTM(ドイツツーリングカー選手権)にも参戦すると報じられている。

今年、2011年のラリー事故から8年ぶりにウィリアムズでF1復帰を果たしたロバート・クビサだが、今シーズン限りでチームを離れることをすでに決定している。

ロバート・クビサ、マックス・フェルスタッペンとのニアミス事故を謝罪

2019年11月19日
ロバート・クビサ、マックス・フェルスタッペンとのニアミス事故を謝罪
ロバート・クビサは、F1ブラジルGPのピットストップ時のマックス・フェルスタッペンとのニアミス事故を謝罪した。

マックス・フェルスタッペンは、F1ブラジルGPで優勝したが、1回目のピットストップ時にロバート・クビサのウィリアムズのマシンが目の前に飛び出し、タイムロスを強いられた。

ロバート・クビサ 「ハースが縁石を濡らしたことによる不運なクラッシュ」

2019年11月16日
ロバート・クビサ 「ハースが縁石を濡らしたことによる不運なクラッシュ」 / F1ブラジルGP初日
ウィリアムズのロバート・クビサは、F1ブラジルGPのフリー走行2回目にクラッシュ。前を走っていたマグヌッセンがコースオフして縁石に水をかけたことが原因での事故に“本当にショックを受けている”と語る。

ウィリアムズの開発ドライバーであるニコラス・ラティフィにFP1を譲ったロバート・クビサは、FP2のわずか数分でセナSの途中で体勢を崩してウォールにクラッシュした。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム