元F1ドライバーのロバート・クビサ、デイトナ24時間レースへの参戦が決定
元F1ドライバーのロバート・クビサが、High Class Racingと契約し、今月後半に開催されるデイトナ24時間レースで耐久レースデビューを果たすことが決定した。

ロバート・クビサは、BMWザウバー、ルノー、ウィリアムズで97回のF1レースをスタートしているが、その間、ラリー事故による深刻な腕の怪我のために8年間中断を余儀なくされた。

2019年にウィリアムズでフルシーズンを戦った後、ロバート・クビアはアルファロメオのリザーブドライバーとしてF1との繋がりを維持し、タイトルスポンサーとなっているPKNオーレンをチームにもたらした。

2020年にいくつかのFP1セッションとテストデーに参加したロバート・クビサは、今年もPKNオーレンとともにアルファロメオに残留する。

昨年、F1での役割と並行してDTM(ドイツツーリングカー選手権)に参戦したロバート・クビサは、High Class Racingとともにオレカ07・ギブソンでLMP2クラスで耐久レースデビューを果たす。

「僕はこれまで主にスプリントレースに集中してきた。だから、僕にとってこれは新しい挑戦であり、新しい経験になる」とロバート・クビサはコメント。

「耐久レースではチームメイトとマシンを共有することになるし、これまでとは異なるアプローチが必要だ。このチャレンジに参加できることを嬉しく思っている。彼らとこの厳しいレースのフィニッシュラインにたどり着くことを楽しみにしている」

「マシンも新車だし、オレカのLMP2マシンをドライブするのも初めてだ。シートをシェアするので、スムーズに乗り換えができるようになることを期待している。そうすれば、僕たちは、自分たちの仕事とレースの準備に集中できる」

チームメイトは、High Class RacingからWEC(世界耐久選手権)を戦うことが決まっているアンダース・フィヨルドバッハとデニス・アンデルセン、そして、昨年DTMに参戦したフェルディナント・ハプスブルクの4人体制となる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ロバート・クビサ / IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権 / アルファロメオ・レーシング