キミ・ライコネン、新型コロナウイルスに感染。クビサが代役出場 / F1オランダGP
アルファロメオF1は、キミ・ライコネンが新型コロナウイルスに感染してF1オランダGPの残りの週末を欠場し、ロバート・クビサが代役を務めることを発表した。

今週、今季限りのF1引退を発表したキミ・ライコネンは、ザントフォールトで受けたPCR検査で陽性反応が示され、新型コロナウイルスのプロトコルに従って隔離され、今週末のイベントには参加できない。

FIA(国際自動車連盟)とF1によって確立された手順により、F1オランダGPの運用には幅広い影響はない。

アルファロメオF1は、ロバート・クビサとカラム・アイロットという2人のリザーブドライバーを登録しているが、アイロットはGTワールドチャレンジのレースでニュルブルクリンクにいるため、クビサが代役を務めることになる。

ロバート・クビサのF1レースは、2019年のF1アブダビGP以来となる。

キミ・ライコネンがどのグランプリで復帰できるかは不明だが、次戦F1イタリアGPでもロバート・クビサが再び交代する可能性が高い。カラム・アイロットはその週にインディカーでデビューを果たすことが決定している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / キミ・ライコネン / ロバート・クビサ / アルファロメオ・レーシング / F1オランダGP