ロバート・クビサ 「F1でまともなバトルをしたのは11年ぶり」
ロバート・クビサは、F1オランダGPを“11年ぶりに他のドライバーと戦うことができた”レースだと振り返る。

アルファロメオF1のリザーブドライバーを務めるロバート・クビサは、新型コロナウイルスに感染して予選を決勝を欠場することを余儀なくされたキミ・ライコネンの代役としてF1オランダGPに参戦。F1で98回目のスタートを切った。

ロバート・クビサにとっては、2019年のF1アブダビGP以来の予選と決勝への出場だった。だが、2019年のウィリアムズはどん底にあり、その年はチームメイトのジョージ・ラッセル以外の誰かに対して自分のスキルを試す機会は滅多になかった。

15位でレースを完走したロバート・クビサは、再びF1カーで戦うための11年間の待機を終えたと考えている。

F1オランダGPの経験について質問されたロバート・クビサは「予想通り厳しかった。レース直前にジョージと会って、彼は『調子はどう?』と聞いてきたけど『まぁ、タフになるだろうね」と答えた。彼は『おそらく物理的に最もタフなトラックかもしれない』と言っていたよ」とコメント。

「長いブレイクがあったことを考えれば、物理的な観点からは簡単ではなかったと思う。それは正常なことだ」

「技術的および運転の観点からもまったく簡単ではなかった。ミディアムタイヤを使うのは初めてだったし、ハードタイヤも始めただった。いくつかバトルをして、マシンについていくのは2年ぶりだしね」

「すべてを処理するのは簡単ではなかったけど、正直、今日は満足して家に帰れるよ」

「やっと今日、いくつかのバトルができた。おそらく最後に戦えるマシンを手にしていたのは11年前のF1だった。2019年の終わりには楽しむよりも生き残るという部分が大きかったからね」

「セバスチャン・ベッテルといくつかの素晴らしい戦いをして、防御し、(ニコラス)ラティフィを捕まえるために頑張って、ファイナルラップで彼を追い抜くことができた」

「全体として、もちろん、もっとうまくやれたかもしれないけど、僕にとって厳しい日曜日だった」

F1マシンでのバトルを再び味わったロバート・クビサは、今後F1でもっと多くを求めるのだろうか? その質問に対し、自分には“制限”があることを分かっており、フルタイムの復帰には興味はないことを示唆した。

「僕は現実的だし、自分の立場を知っている。自分の限界を知っている」とロバート・クビサは語った。

「F1は、最大のチャレンジを提示するし、最高のモータースポーツカテゴリーだ。でも、私はいつものように地に足をつけている。そして僕にとってここはすでに素晴らしい機会だった」

「ポーランドには過去15年間に3人のF1ドライバーがいたと言える。すべて同じ男だけど、2回戻ってきた。どうなるか見てみよう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ロバート・クビサ / アルファロメオ・レーシング / F1オランダGP