ロバート・クビサ、F1スペインGPのFP1&18インチタイヤのテストを担当 / アルファロメオF1
アルファロメオF1のリザーブドライバーを務めるロバート・クビサは、2021年のF1世界選手権 第4戦 F1スペインGPでフリー走行1回目の走行を出走するとともに、グランプリ後にカタルニア・サーキットで行われる2022年用の18インチタイヤのテストも担当する。

今年2月にバルセロナでアルファロメオの今季マシン『C41』のシェイクダウンを担当しているロバート・クビサだが、グランプリ週末に走行するのは今季初となる。F1スペインGPではキミ・ライコネンのマシンでFP1を担当する。

また、レース終了後の5月11日と12日にアルファルメオF1は、バルセロナでピレリの18インチタイヤのテストを担当することになっており、2日間を通して、ロバート・クビサが走行を行う。

「C41に乗るのは2月のバルセロナ以来なので、マシンがどれくらい進歩したのか確認するのが楽しみだ」とロバート・クビサは

「アップデート、そして、チームがパッケージへの理解を進めたことによって、マシンは進歩したはずだ。F1カーで走るのは特別な経験だし、チームのミッドフィールドでの戦いに貢献したいと思っている」

「18インチタイヤで走るのは初めての経験になる。来年やってくる新しい世界を初めて試す機会を楽しみにしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ロバート・クビサ / F1スペインGP / アルファロメオ・レーシング