アルファロメオF1、ロバート・クビサをF1ハンガリーGPのFP1に起用
アルファロメオF1は、F1ハンガリーGPのフリー走行1でキミ・ライコネンに代えてロバート・クビサを起用する。

ハンガリーは、ロバート・クビサの母国ポーランドに最も近いグランプリであるため特別な週末であり、すでにポーランドのファンのために特別なファンゾーンが設置されている。

ロバート・クビサは、金曜午前にキミ・ライコネンに代わって出走。ポーランドのファンの声援に応える。

「特にカレンダーでポーランドに最も近いレースであるブダペストではマシンに戻ることは常に素晴らしいことだ」とロバート・クビサは語った。

「いつもスタンドにはポーランドのファンがたくさんいる。金曜日にガレージに向かうとき、僕を歓迎してくれる旗がたくさんあることを知っている」

「もちろん、マシンに乗ったらチームのために可能な限りベストな仕事をすることとエンジニアがマシンをセットアップするのを助けることに焦点が当てられる」

「ミッドフィールドはマージンが非常に小さいため、あらゆる改善が重要になる」

ロバート・クビサは、スペインとオーストリアでもプラクティスセッションに参加しており、今シーズンのレースウィークエンドで他のどのテストおよびリザーブドライバーよりも多くのオントラックアクションを行っている。

アルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは、ロバート・クビサが行う仕事が、今シーズンのミッドフィールドでの進歩の主な理由だと語る。

「ロバートは今シーズンこれまでチームのために本当に良い仕事をしてきた。そして、我々は彼がブダペストのマシンに戻るのを楽しみにしている」とフレデリック・ヴァスールは語った。

「彼の技術的なフィードバックは我々がマシンをセットアップするのに本当に役立っている。そして、彼がシーズンが進むにつれて我々のパッケージからさらに多くを抽出するのを助けてくれる確信している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ロバート・クビサ / F1ハンガリーGP / アルファロメオ・レーシング