アルファロメオF1、C42を正式発表…チェントロスティーレ作の美しいリバリー
アルファロメオF1チームは、2月27日(日)に2022年のF1世界選手権を戦うマシン『C42』を正式発表。赤と白の目を引くカラーリングが施された。

先週のバルセロナでのF1プレシーズンテストでは特別なカモフラージュカラーのC42を走らせていたアルファロメオF1チームだが、2月27日(日)に正式なカラーリングを施されたC42の画像と動画が公開した。

アルファロメオ C42は、マーチャンダイズやオンラインで公開された特別なQRコードを使用して、ARを通じて世界中の何百万人ものサポーターのリビングルーム、教室、キッチンにもリアルタイムで表示された。

アルファロメオ C42は、予算上限規制の下で、2022年から始まるF1の新時代のために、ヒンウィルで生産された最初のマシンとなる。テクニカルディレクターのヤン・モンショーが率いるチームによって設計されたC42は、新しいフェラーリF1エンジンを搭載し、新しいグラウンドエフェクトフロア、アップデートされたエアロダイナミックパッケージ、18インチのロープロファイルタイヤによって決定される過去とは一線を画すマシンとなる。

アルファロメオの有名なチェントロスティーレ(デザインセンター)によって設計および開発されたカラーリングは、過去の歴史的なデザイン、F1で30年目のヒンウィルチーム、アルファロメオとザウバーモータースポーツの遺産を思い起こさせる。

アルファロメオ C42は、タイトルパートナーであるアルファロメオとORLEN(オーレン)が目立つようにデザインされ、新たに加わった多くのパートナーのブランドで飾られている。これは、チームが企業に対して魅力を高めていることを明確に表している。

アルファロメオF1は、2022年に10回のレースウィナーであるバルテリ・ボッタスと、中国人初のF1ドライバーとなる周冠宇がタッグを組み、リザーブドライバーのロバート・クビサがチームを支える。

フレデリック・ヴァスール(アルファロメオF1チーム チームプリンシパル)
「シーズンの始まりは常にエキサイティングな時期であり、長期間にわたって何百人もの人々の仕事の成果を見ることができる。C42は我々がレースを楽しみにしている車だ。レースはより近く、よりスリリングなものにする新しいレギュレーションサイクルで初めて構築したというだけでなく、我々はこの車でチームはグリッドの最前線に向かって大きく前進することができ最大限の自信を持っている」

ヤン・モンショー(アルファロメオF1チーム テクニカルディレクター)
「C42を発表すると、新しいシーズンの始まりのように感じるかもしれない。しかし、今回の発売は、はるかに長い旅のマイルストーンにすぎないことを我々は知っている。ヒンウィルのスタッフ全員が多大な時間、リソース、エネルギーを費やしてきた。この車の設計と製造は大変な仕事であり、我々が達成したことを誇りに思うことができるが、我々の仕事はまだ終わっていません。新しいルールサイクルでは常にそうだが、今シーズンの開発曲線は最も急勾配になるわ。我々自身の目標として設定した進歩を遂げるために、C42から新しいパフォーマンスを引き出し続ける必要がある」

バルテリ・ボッタス
「新しい車、C42に感動している。本当に美しいリバリーだと思います。アルフォメオ チェントロスティーレは素晴らしい仕事をした。もちろん、これはアルファロメオF1チームORLENでの僕の最初の車であり、特別なものだ。バーレーンでグリッドに並ぶのを本当に楽しみにしている。エキサイティングなのは、その最初のレースがどのように展開するのかわからないことだ。テストは、僕たちが立っている場所、車の進歩についての自分たちの期待を確認するのに役立ったが、今は本当に重要な瞬間に近づいている。僕が参加して以来、このチームには非常に多くのモチベーションがある。誰もが他のチームよりも競争力を高めるために一生懸命頑張っている。それはコックピットにいるときにさらなる後押しとなる」

周冠宇
「シーズンに向けて本当に気合が入っているし、レースをするC42を目にして、それは間違いなく現実のものになっている。僕たちは新しい時代の始まりにいて、新しい車と新しいレギュレーションがある。僕たち全員がゼロから始めているため、これはすべてのチームが進歩する機会を生み出す。僕が参加して以来、アルファロメオF1チームORLENの全員が本当に助けてくれているし、ヒンウィルとトラックの全員のすべてのハードワーク、コミットメントとモチベーションを見て、僕は誇りと興奮で満たされている。この車とグリッドに立って、チームと協力して、僕たちが目標としている結果をもたらのが待ち切れない」

ロバート・クビサ(リザーブドライバー)
「新しいシーズンの始まりは、常に期待、希望、計画が集まる時期だ。今年は、新しいレギュレーションによって少し未知の世界に飛び込んでいるため、それらはさらに高くなっている。この車、C42には信じられないほどの量の仕事がなされてきたし、チームが何を達成できるかを楽しみにしている。僕の役割では、この車の開発にできるだけ多くの支援を提供することを目指している。車のライフライムのこの段階では、改善の余地がどれほど大きいかを分かっているし、アップグレードするたびに違いが生じる可能性がある。そのため、ベースで行う作業は、トラックサイドで結果を出すために非常に重要になる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオF1 / ロバート・クビサ / バルテリ・ボッタス / 周冠宇