ロバート・クビサ、F1テストを断る

2014年11月13日
ロバート・クビサ
ロバート・クビサは、昨年、F1マシンをテストする機会があったが、それを断ったことを明かした。F1復帰が難しいと知りつつ、レースを見ることは難しいとロバート・クビサは認める。

ロバート・クビサは、2011年の初めにラリーの事故で右腕に大怪我を負い、F1キャリアは突如遮られた。ロバート・クビサは、将来のチャンピオン候補といわれ、いずれフェラーリ入りを約束されたドライバーだったが、怪我による影響でF1復帰は果たせていない。

ロバート・クビサ、F1復帰の“夢”のためにさらなる手術

2014年10月20日
ロバート・クビサ
ロバート・クビサは、負傷した腕をさらに手術すれば、F1に復帰できるかもしれない。

ラリーでクラッシュして腕に大怪我を負うまでロバート・クビサは、F1で前途有望なドライバーと見なされ、2011年にはフェラーリでフェルナンド・アロンソのチームメイトになるとも言われていた。

現在、フルタイムでWRCに参戦しているロバート・クビサは、Sky のインタビューで、フェラーリ移籍の可能性がどれくらい現実的だったかとの質問に笑みを浮かべながら「言えないね」と答えた。

ロバート・クビサ 「ハミルトンとロズベルグの緊張関係は長引くだろう」

2014年6月5日
ロバート・クビサ
ロバート・クビサは、メルセデスがF1を支配している限り、タイトル争いのライバルであるルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグの激しい戦いは続くと予想している。

F1だけでなく、カート時代にも彼らとレースをして二人のことを良く知るロバート・クビサは、チームメイト同士でのチャンピオンシプ争いの高いプレッシャーは、必然的に緊張を生み出すと考えている。

フェリペ・マッサ 「ロバート・クビサはラリーをやめるべき」

2014年6月1日
ロバート・クビサ
フェリペ・マッサは、ロバート・クビサにはラリーは危険すぎると考えている。

ロバート・クビサのF1キャリアは2011年シーズンの開幕直前にラリーで負った大けがによって中断されてしまった。

その後、ロバート・クビサはラリーに復帰するまでに回復し、今ではWRCで戦っている。

ロバート・クビサ 「怪我によってF1復帰は不可能」

2014年4月10日
ロバート・クビサ
ロバート・クビサは、怪我による身体的な制限がF1復帰への希望の足かせになっていることを明らかにした。

6シーズン前、ロバート・クビサはF1で最も優秀なドライバーのひとりと考えられていた。

しかし、2011年のプレシーズン中に参戦したラリーで重傷を負い、右手と右腕の機能性が制限された。

ロバート・クビサ 「フェリペ・マッサの低迷と“恐怖”は無関係」

2013年12月17日
ロバート・クビサ
ロバート・クビサは、フェリペ・マッサのクラッシュによる“恐怖”がフェラーリ離脱に繋がったとは考えていない。

フェリペ・マッサは、2009年のF1ハンガリーGPの予選中に他車から脱落したスプリングがヘルメットに直撃。一歩間違えれば死につながる大怪我を負った。

その後F1に復帰したフェリペ・マッサだが、以前のような競争力は失われたとの見方が強く、2014年にはフェラーリから放出され、ウィリアムズに移籍することになった。

ロバート・クビサ、2014年にMスポーツからWRCにフル参戦

2013年12月13日
ロバート・クビサ
ロバート・クビサは、2014年にWRC(世界ラリー選手権)にMスポーツが準備するフォードで参戦することを発表した。

今シーズン、ロバート・クビサは初の国際的なラリー参戦となるWRC2でタイトルを獲得。だが、2014年にラリーを続けるか、もしくはサーキット・レーシングに戻るのかは不明となっていた。

Mスポーツ、2014年のWRCドライバーにロバート・クビサの起用を望む

2013年12月9日
ロバート・クビサ
Mスポーツは、2014年のWRCでロバート・クビサをチームリーダーとして起用することを望んでいる。

まだロバート・クビサはWRCでフルシーズンを戦うかどうかを決めていないが、フォードの有力チームであるMスポーツは、ロバート・クビサがWRCに参戦する場合は、有力な候補と考えられている。

Mスポーツのマルコム・ウィルソン代表は、ロバート・クビサに、リーダーとしてチームを導くための十分な才能があることを確認したと述べた。

ロバート・クビサ、WRC初レースはクラッシュリタイア

2013年11月18日
ロバート・クビサ
ロバート・クビサは、WRC初レースとなったラリー・オブ・グレートブリテンをクラッシュによりリタイアで終えた。

ロバート・クビサは、金曜日にクラッシュしたが、比較的ダメージが少なかったため、土曜日に36番手からレースを再開。

だが、土曜日の午前中に再びクラッシュ。マシンの損傷が激しくレースをリタイアすることになった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム