F1 | ロバート・クビサ、BMWのカスタマーチームからDTM参戦が決定

2020年2月16日
F1
ロバート・クビサが、2020年にARTグランプリが運営するBMWのカスタマーチームからDTM(ドイツツーリングカー選手権)に参戦することが発表された。

2019年のウィリアムズのF1ドライバーを務めたロバート・クビサは、昨年12月に開催されたDTMの、ルーキーテストでBMW M4 DTMをテストしていた。

F1 | ロバート・クビサ、アルファロメオ・レーシングでの仕事を開始

2020年1月14日
F1
ロバート・クビサが、2020年のアルファロメオF1チームの開発ドライバーとしての仕事を開始。BMWザウバー時代に仕事をしたファクトリーを“家に帰ってきたような気分”だと語った。

昨年、ウィリアムズに8年ぶりにF1復帰を果たしたロバート・クビサだがわずか1年でシートを喪失。2020年はアルファロメオ・レーシングの開発ドライバーとして契約した。

ロバート・クビサ、アルファロメオF1のリザーブドライバーに就任

2020年1月2日
ロバート・クビサ、アルファロメオF1のリザーブドライバーに就任
アルファロメオ・レーシングは、ロバート・クビサが2020年のリザーブドライバーとしてチームに加入することを発表。また、彼の支援者であるPKNオーレンが“共同タイトルスポンサー”に就任し、『アルファロメオ・レーシング・オーレン』として2020年のF1世界選手権を戦うことを発表した。

2011年のラリー事故で右腕に重傷を負ったロバート・クビサだが、今年ウィリアムズと契約し、奇跡ともいえる8年ぶりのF1復帰を果たした。

アルファロメオF1、ロバート・クビサの獲得交渉で一歩リード?

2019年12月26日
アルファロメオ・レーシング、ロバート・クビサの獲得交渉で一歩リード?
アルファロメオ・レーシングが、2020年F1シーズンの開発ドライバーとしてロバート・クビサの交渉で一歩リードしていると RaceFans が報じている。

35歳のロバート・クビサは、今シーズン限りでウィリアムズF1チームからの退団を発表。その直後からハースとレーシングポイントが開発ドライバーが2020年の役割として挙げられ、最近ではレーシングポイント加入に近づいていると報じられていた

ローレンス・ストロール 「ロバート・クビサはファイターだ」

2019年12月23日
ローレンス・ストロール 「ロバート・クビサはファイターだ」
ロバート・クビサは、2020年にレーシング・ポイントF1チームでサードドライバーの役割を果たすことになると見られている。

ロバート・クビサは、2020年にF1の役割とBMWとのDTM(ドイツツーリングカー選手権)を組み合わせる可能性が高く、以前はハースF1チームが2020年の目的地になると考えられている。

ロバート・クビサ、DTMマシンに手応え「すぐに快適に感じられた」

2019年12月14日
ロバート・クビサ、DTMマシンに手応え「すぐに快適に感じられた」
元F1ドライバーのロバート・クビサは、DTM(ドイツツーリングカー選手権)のルーキーテストにBMWから参加。BMW M4 DTMをすぐに快適に感じられたと語る。

今シーズン限りでウィリアムズを離脱したロバート・クビサは、2020年にF1でシミュレータードライバーの役割とDMT参戦を並行して行っていく計画を示唆しており、木曜日にヘレスでBMWのDTMマシンを走らせた。

ロバート・クビサ 「F1に復帰したことを後悔はしていない」

2019年12月11日
ロバート・クビサ 「F1に復帰したことを後悔はしていない」
ロバート・クビサは、物事は望んだようには進まなかったが、2019年にウィリアムズでF1に復帰したことを"後悔はしていない”と語る。

2011年のラリー事故で右腕に重傷を負ったロバート・クビサだが、今年ウィリアムズと契約し、奇跡ともいえる8年ぶりのF1復帰を果たした。

ジャック・ヴィルヌーヴ 「クビサのカムバックはおとぎ話ではなかった」

2019年12月10日
ジャック・ヴィルヌーヴ 「クビサのカムバックはおとぎ話ではなかった」
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、ロバート・クビサのF1復帰は決して“おとぎ話”ではなかったと語る。

2011年のラリー事故から8年ぶりに復帰を果たしたロバート・クビサだが、その復活劇はあまり興奮を引き起こすことはなく、アブダビGPの暗闇のなかで静かに幕を閉じた。

ロバート・クビサ、ハースのオファーを断ってレーシングポイント加入?

2019年12月8日
ロバート・クビサ、ハースからオファーを断ってレーシングポイント加入?
ロバート・クビサは、ハースF1チームからのリザーブドライバーの役割に断りを入れ、2020年にレーシング・ポイントF1チームとリザーブドライバー契約を結びと報じられている。

ハースF1チームは、ロバート・クビサがウィリアムズの離脱後、シミュレーターのセットアップを強化し、チーム内の経験レベルを上がるためにクビサを獲得することに熱心だった。クビサの個人スポンサーを務めるPKNオーレンはF1でのスポンサーシップの継続を希望している。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム