ルイス・ハミルトン 「ボッタスでもラッセルでもメルセデスの決定を支持」

2021年8月27日
ルイス・ハミルトン 「ボッタスでもラッセルでもメルセデスの決定を支持」
ルイス・ハミルトンは、2022年のドライバーラインナップに関するメルセデスF1の決定が“どっちの方向に進んでも”支持するとしつつも、バルテリ・ボッタスとの協力関係は「これまで以上に良い」と主張する。

メルセデスF1は、2022年のルイス・ハミルトンのチームメイトを今後数週間で決断すると予想されており、現職のバルテリ・ボッタス、もしくはウィリアムズF1のジョージ・ラッセルのどちらかを選択することは確定している。

ジェンソン・バトンが語る「ハミルトンやアロンソにあって僕にないもの」

2021年8月27日
ジェンソン・バトンが語る「ハミルトンやアロンソにあって僕にないもの」
元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンは、ルイス・ハミルトンやフェルナンド・アロンソにはできて、自分にはできないと感じているものを語った。

3人は全員がF1ワールドチャンピオンであり、ルイス・ハミルトンは7回、ルイス・ハミルトンは2回、そして、ジェンソン・バトンは2009年にブラウンGPで獲得した1回となっている。

バルテリ・ボッタス 「ハミルトンは来季も僕をチームメイトに望んでいる」

2021年8月24日
バルテリ・ボッタス 「ハミルトンは来季も僕をチームメイトに望んでいる」
バルテリ・ボッタスは、ルイス・ハミルトンから2022年も自分がメルセデスF1でチームメイトであり続けることを望んでいることを直接伝えられたと語る。

メルセデスF1は、2023年までルイス・ハミルトンとの契約を延長したが、まだバルテリ・ボッタスを継続するか、もしくはジョージ・ラッセルと入れ替えるかについて決定を保留にしている。

メルセデスF1のバルテリ・ボッタス 「ロズベルグの後任は重責だった」

2021年8月19日
メルセデスF1のバルテリ・ボッタス 「ロズベルグの後任は重責だった」
バルテリ・ボッタスは、ニコ・ロズベルグの引退を受け、トップで戦うメルセデスF1に加入するには、自分のキャリアのなかで“大きな飛躍”を遂げなければならなかったと認める。

ニコ・ロズベルグは、2016年に悲願のF1ワールドチャンピオンを獲得した直後に引退を表明してF1界を驚かせた。最近、ロズベルグは現役続行のための1億ドル(約100億円)のオファーを断ったことを明らかにしている。

レッドブルF1首脳 「フェルスタッペンとハミルトンの関係はすぐには修復不能」

2021年8月17日
レッドブルF1首脳 「フェルスタッペンとハミルトンの関係はすぐには修復不能」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、F1イギリスGPでマックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンが衝突した後、二人の関係はすぐには修復不能だと感じている。

シーズン前半を通して激しいバトルを展開する二人は、これまでは表面上はお互いへのリスペクトを強調してきた。しかし、時間の問題だと考えられていたクラッシュがF1イギリスGPでついに発生した。

ニコ・ロズベルグ、ハミルトンに3年連続敗北で「ホテルに籠って集中した」

2021年8月17日
F1:ニコ・ロズベルグ、ハミルトンに3年連続敗北で「ホテルに籠って集中した」
ニコ・ロズベルグは、3年連続でメルセデスF1でチームメイトのルイス・ハミルトンに敗れた後、モチベーションを再発見するために強硬手段に出たと語る。

ニコ・ロズベルグとルイス・ハミルトンとのメルセデスF1でのライバル関係は、コース上で最も激しいF1の歴史のひとつとして刻まれているが、舞台裏では感情的にも消耗していた。

ルイス・ハミルトン 「フェルスタッペンの接戦はF1にとって良いこと」

2021年8月15日
メルセデスF1のルイス・ハミルトン 「フェルスタッペンの接戦はF1にとって良いこと」
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、自分とマックスフェルスタッペンのコース上の戦いにはネガティブな見出しに繋がる傾向になるものの、F1にとっては良いことだと考えている。

二人はドライバー選手権で激しいバトルを繰り広げており、マックス・フェルスタッペンはようやく7回のF1ワールドチャンピオンに挑めるマシンを手に入れている。

「ハミルトンとフェルスタッペンのクラッシュはF1レースの一部」とFIA会長

2021年8月12日
「ハミルトンとフェルスタッペンのクラッシュはF1レースの一部」とFIA会長
FIA会長のジャン・トッドは、タイトルを争うルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンの最近のクラッシュは“レーシング”だったと考えている。

また、ジャン・トッドは、全開のコプスでの51Gのクラッシュによるマックス・フェルスタッペンの短い入院の後、レッドブルF1のチーム代表であるクリスチャン・ホーナーに個人的にそのことを伝えたと明かした。

F1オランダGP主催者、「ハミルトンへのブーイングはやめよう」

2021年8月12日
F1オランダGP主催者、「ハミルトンへのブーイングはやめよう」
F1オランダGPのスポーティングディレクターを務める元F1ドライバーのヤン・ラマースは、F1が来月初めにザントフォールトに到着するにあたり、オランダのファンにルイス・ハミルトンへのブーイングを控えよう呼びかけた。

マックス・フェルスタッペンを応援する“オレンジ・アーミー”が大挙して押しかけたF1ハンガリーGPでは、ルイス・ハミルトンをブーイングと嘲笑することでポールポジションを獲得したハミルトンに不満を表明した。
«Prev || ... 13 · 14 · 15 · 16 · 17 · 18 · 19 · 20 · 21 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム