レッドブルと提携が噂のフォード 「F1復帰は間違いなく検討すべきこと」

2023年1月28日
レッドブルと提携が噂のフォード 「F1復帰は間違いなく検討すべきこと」
フォードのレーシング部門を率いるマーク・ラッシュブルックは、アメリカでのF1人気が高まっていることで、F1復帰は“間違いなく”検討すべきことだと語る。

フォードは、レッドブル・レーシングとのコラボレーションについて話し合っていると報じられている。これは、レッドブル・パワートレインズが2026年に向けて社内で開発しているF1エンジンが、フォードの名前を冠することを意味する可能性がある。

アルファタウリF1代表、レッドブルとフォードの提携発表の噂を否定

2023年1月26日
アルファタウリF1代表、レッドブルとフォードの提携発表の噂を否定
スクーデリア・アルファタウリのF1チーム代表を務めるフランツ・トストは、レッドブルがフォードとの提携を発表する準備をしているとの憶測を否定した。

レッドブル・レーシングとフランツ・トストが運営する姉妹チームのスクーデリア・アルファタウリが2月上旬にニューヨークで発表会を開催することは、アメリカの自動車メーカーであるフォードとの契約が成立するサインだと考える者もいる。

レッドブルF1、フォードとの提携をRB19のローンチイベントで発表?

2023年1月26日
レッドブルF1、フォードとの提携をRB19のローンチイベントで発表?
レッドブルF1は、フォードとの提携をニューヨークで開催する2023年F1マシン『RB19』で発表すると噂されている。

近い将来、2つの自動車メーカーがF1参入の構えを見せている。そのうちの1社はもはやポルシェではないようだ。同じフォルクスワーゲン傘下の自動車メーカーであるアウディが2026年からの新F1エンジンルールにサインしている。

フォード、レッドブルと提携してF1復帰の噂を否定せず

2022年12月16日
フォード、レッドブルと提携してF1復帰の噂を否定せず
フォードは、レッドブルと提携してF1に復帰する可能性があるという噂を否定していない

FIA(国際自動車連盟)は、2023年のFIエントリーリストを公開。レッドブルがエンジン名を『Honda RBPT』に変更したことが話題になっている。ホンダは、2026年のマニュファクチャラーとして登録しているが、レッドブルは2026年以降にホンダと組むつもりはないと噂されている。

フォード、レッドブルF1のネーミングスポンサーとして2026年にF1復帰?

2022年12月15日
フォード、レッドブルF1のネーミングスポンサーとして2026年にF1復帰?
フォードは、レッドブル・レーシングのネーミングスポンサーとしてF1に復帰することに興味を持っているようだ。タイミングは、レッドブルとホンダの契約が終了する2026年からと考えられている。

フォードは、1960年代、1970年代、1980年代に、レース史上最も成功したエンジンであるコスワースDFVエンジンへの資金提供とサポートを通じて、F1に関与したことで最も有名だ。2000年代初頭にジャガーF1チームで最後にF1に関与し、2005年にチームをレッドブルに売却している。

フォード、アンドレッティのワークスエンジンパートナーとしてF1復帰?

2022年10月19日
フォード、アンドレッティのワークスエンジンパートナーとしてF1復帰?
フォードとアンドレッティ・グローバルという2つのアメリカの巨頭がF1に参入するために交渉を行っているとsport1.deが報じている。

先週、マリオ・アンドレッティは、アンドレッティ・グローバルが2024年にF1に参加するためのF1マシン開発計画を順調に進めており、FIA(国際自動車連盟)からのゴーサインを待っているだけだと語っている。

ポルシェはF1を断念 2027年からヒョンデやフォードがF1参戦の噂

2022年9月29日
ポルシェはF1を断念 2027年からヒョンデやフォードがF1参戦の噂
ポルシェはF1への意欲を失ったようだ。Auto、Motor und Sportは、ポルシェはレッドブルとの契約が失敗した後、F1に参戦しないことを決定したと報道。ただし、他の新しいエンジンサプライヤーが待機しているようだ。

長い間、レッドブルとポルシェがパートナーシップを結ぶかのように思われていた。レッドブルのエンジンサプライヤーだったホンダが昨年末で撤退したため、チームは新しいパートナーを探していた。

フォード、フォーミュラE参戦を検討

2019年1月10日
フォード フォーミュラE
フォードは、フォーミュラE参戦を将来的なモータースポーツ活動の選択肢のひとつとして検討していえる。

フォード・パフォーマンスのグローバルマネージャーを務めるマーク・ラッシュブルックは、“電動モータースポーツ”を評価しており、フォーミュラEへの参戦を検討中であることを Autosport の取材で認めた。

フォード 「コスト次第ではF1復帰も除外はしない」

2018年1月21日
F1 フォード
フォードのモータースポーツ責任者を務めるマーク・ラッシュブルックは、フォードにとって現在のF1にかかるコストはまだ高すぎると考えているが、F1復帰を決して除外しているわけでいと語る。

マーク・ラッシュブルックは、小排気量のハイブリッドエンジンを使用しているF1は、電気自動車のフォーミュラEのような他のカテゴリーよりも魅力的だと Autocar に語った。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · | Next»
 
F1-Gate.com ホーム