デビッド・クルサードが語るキミ・ライコネンとの“絆” / F1見聞録

2020年4月23日
デビッド・クルサードが語るキミ・ライコネンとの“絆”/ F1見聞録
デビッド・クルサードは、マクラーレンでチームメイトを組んだキミ・ライコネンを称賛する。

デビッド・クルサードは、F1キャリアでデイモン・ヒル、ミカ・ハッキネンといったビッグネームと同じマシンを走らせてきた。キミ・ライコネンは、一緒に仕事をしたチームメイトのなかでセバスチャン・ベッテルとデビッド・クルサードの名前を挙げている。

デビッド・クルサード 「レッドブルF1に貢献できたことを誇りに思う」

2020年4月22日
デビッド・クルサード 「レッドブルF1に貢献できたことを誇りに思う」
現在、マックス・フェルスタッペンがレッドブルF1チームのリーダーであるのと同じように、デビッド・クルサードはチーム初期のリーダーだった。レッドブルF1が成功する前にチームを去ったクルサードだが、まったく後悔はないと語る。

デビッド・クルサードがマクラーレンのF1シート喪失が決定した2004年、シャガー・レーシングを買収してレッドブル・レーシングが誕生した。新しいF1プロジェクトを引っ張るドライバーとしてクルサードを起用した。

F1:デビッド・クルサード、ヴァルキリーとプロジェクトワンを注文

2020年4月16日
F1:デビッド・クルサード、ヴァルキリーとプロジェクトワンを注文
元F1ドライバーのデビッド・クルサードは、アストンマーティン・ヴァルキリーとメルセデスAMG・プロジェクトワンという2台のハイパーカーを注文していることを明かした。

レッドブルとアストンマーティンの技術提携によって誕生したヴァルキリーは、“空力の奇才”と称されるF1デザイナーのエイドリアン・ニューウェイが設計。6.5リッターの自然吸気V12エンジンを搭載した2人乗りのミッドエンジン・ハイパーカー。ハイブリッドと組み合わせて1160馬力を発生させる。

F1回顧録:クルサードがシューマッハのヘルメットで戦ったモナコGP

2020年4月15日
F1回顧録:クルサードがシューマッハのヘルメットで戦ったモナコGP
1996年のF1モナコGPは奇妙な光景が見られた。デビッド・クルサードがミハエル・シューマッハのヘルメットを装着して雨のモンテカルロを走行したえ。

当時、マクラーレンのF1ドライバーだったデビッド・クルサードは、ヘルメットの曇りに苦戦していた。濡れたモナコでは防曇ヘルメットが必要だった。

デビッド・クルサード 「F1は無観客で早期にレースを再開できるはず」

2020年3月30日
デビッド・クルサード 「F1は無観客で早期にレースを再開できるはず」
元F1ドライバーのデビッド・クルサードは、2020年のF1世界選手権が無観客で再開するまでに長い時間がかかるとは考えていないと語る。

F1モナコGPの中止を含め、2020年のF1世界選手権の最初の8ラウンドは、新型コロナウイルスの世界的な大流行によって延期された。そして、現時点ではシーズン開幕の時期についてかなり不確実な状況となっている。

F1 | デビッド・クルサード 「フェルスタッペンがハミルトンを倒す絶好機」

2020年2月18日
F1
元レッドブルのF1ドライバーであるデビッド・クルサードは、今年ほどマックス・フェルスタッペンがルイス・ハミルトンが王座から引きずり下ろすための良いチャンスを得たことはなかったと確信している。

2020年のF1世界選手権は、今週、バルセロナのカタロニア・サーキットでスタートする。2021年のF1レギュレーションが完全にオーバーホールされる前の最後のシーズンとなる今年、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンはF1史上最年少となる初のワールドチャンピオン獲得を目指している。

F1 | トップチームはフェルナンド・アロンソを必要としていない

2020年2月17日
F1
2度のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、2021年のF1復帰を希望しているようだが、元F1ドライバーのデビッド・クルサードはアロンソには“選択肢はない”と考えている。

最近、フェルナンド・アロンソは、今年のインディ500の後に将来を評価し、F1に復帰する可能性があると主張している。そして、アロンソのマネジメントを担当するフラビオ・ブリアトーレは、アロンソがF1復帰するのはメルセデス、フェラーリ、レッドブルの3強チームでのみだと語っている。

「F1チームはフェルナンド・アロンソを望んでない」とクルサード

2020年2月16日
「F1チームはフェルナンド・アロンソを望んでない」とクルサード
元F1ドライバーのデビッド・クルサードは、メルセデスもフェラーリもレッドブル・ホンダもフェルナンド・アロンソを“必要としていない”ため、アロンソのF1復帰はありそうもないと語る。

マクラーレンで厳しいシーズンを過ごしたフェルナンド・アロンソは、2018年末にF1を離れた。2015年にフェラーリからマクラーレン・ホンダに移籍したアロンソだったが、ホンダのF1エンジンの信頼性とパフォーマンス問題に批判を繰り返し、ルノーにF1エンジンを切り替えた後もマクラーレンは競争力を発揮できなかった。

F1 | 「ハミルトンがフェラーリに移籍する理由はない」とクルサード

2020年1月15日
F1
元F1ドライバーのデビッド・クルサードは、ルイス・ハミルトンは2021年にフェラーリに移籍することはなく、メルセデスに残留すると信じていると語る。

昨年末、ルイス・ハミルトンがフェラーリのトップを面談を行ったというニュースは、2020年にメルセデスとハミルトンの契約が失効することと相まって、大きな推測の渦を巻き起こした。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム