「ジョビナッツィの実力は正当に評価されていない」と元F1ドライバーのデビッド・クルサード
アントニオ・ジョビナッツィは正当に評価されておらず、2022年もアルファロメオF1のシートにしがみつくことができることを望んでいる。そう語るのは元F1ドライバーのデビッド・クルサードだ。

アントニオ・ジョビナッツィの将来の見通しは暗い。3000万ドルの中国マネーをもたらす周冠宇が取って代わると長く報じられており、アンドレッティのチーム買収報道では、コルトン・ハータがドライバーを務めるとも報じられた。

しかし、アンドレッティによる買収は交渉が破綻したとされており、様々な混乱によって、現職のアントニオ・ジョビナッツィは、キミ・ライコネンの後任として加入するバルテリ・ボッタスのチームメイトとして、再びアルファロメオF1に残留する可能性がある。

「アントニオは質の高いドライバーだ」とデビッド・クルサードは  Corriere dello Sport に語った。

「彼は、速くて頭が良く、パートナーやスポンサーにとって常に良い人だと思う」

「フェラーリと提携しているアルファのようなチームでは常に難しいだろうが、フェラーリにはルクレールとサインツがいるので、そこに行く機会はあまりない」

「そして彼がマラネロ出身の若いドライバーであるという事実は、他チームに参加する彼の能力を制限している」

「しかし、ジョヴィナッツィは、ボッタスの隣で良い仕事をすることができるはずだし、アルファロメオによって確認されることを願っている。実際、それは彼にとって本当に最高のチャンスだと思う」

「ライコネンは速いドライバーだ。だが、ファンは今年、アントニオに先んじているのに十分なクレジットを与えていないのではないかと思う。特に、私がキミのチームメイトだったときにあまり頻繁に管理されなかった経験があるからね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アントニオ・ジョビナッツィ / デビッド・クルサード / アルファロメオF1