デビッド・クルサード 「私がアルピーヌF1のチーム代表ならバトルを止めた」
元F1ドライバーのデビッド・クルサードは、自分がチームプリンシパルだったら、F1サウジアラビアGPでのアルピーヌF1チームのフェルナンド・アロンソとエステバン・オコンのチームメイト同士のバトルをもっと早くに止めていただろうと語る。

F1サウジアラビアGPの序盤に展開されたフェルナンド・アロンソとエスタバン・オコンのチームメイト同士のバトルは、レースで最もエキサイティングなシーンの一つだった。

他チームでは、ポジションを維持するようにチームオーダーが発令されていた可能性のあるバトルだが、アルピーヌF1チームは、チームプリンシパルのオトマー・サフナウアーが順位をキープするように指示するまで二人にレースをさせた。

しかし、13回のF1レースウィナーであるデビッド・クルサードは、自分が担当していれば、最速のレースを達成する方法ではないので、もっと早くにバトルを止めさせていただろうと語る。

「興味深いことに、オトマーと個人的に簡単な言葉を交わして、『あれで問題なかったのか?』と言うことができた」とデビッド・クルサードはChannel 4で語った。

「彼は『我々のドライバーたちが序盤にレースをすることは問題ない。それほど多くのタイムを犠牲にしてはいなかった』と言った」

「その後、レースの全体像が見えなくなってきたが、もちろん、彼はアロンソの車がコース上で止まっていることにもっと失望していた。フィニッシュできない場合、ポイントを獲得することはない」

「個人的には、私が彼だったら、表彰台を狙わなければならないので、もう少し早く指示を出していたと思う。彼らは以前にフォーミュラで勝利を収めているし、彼らはそれらの機会を利用しようとしなければならない」

「楽しませてもらえたが、序盤に激しくバトルすることが彼らに最速のレースを与えることはないと思う」

バトルは両方のドライバーのレースに悪影響を及ぼし、エステバン・オコンは最初にアルファロメオF1チームのバルテリボッタに抜かれ、フェルナンド・アロンソは終盤にリタイアを余儀なくされた。

フェルナンド・アロンソは、ピットレーンへの入り口でストップすることを余儀なくされた後、怒りの反応を示していたが、デビッド・クリサードはは、それは40歳のフェルナンド・アロンソがまだF1でレースをしたいという欲求を持っているの表れだと語った。

「カメラへの演出というのも1つだと思う」とデビッド・クルサードは語った。

「フェルナンドはそれを行うのに十分賢いことを我々は知っている。だが、あれは彼がヘルメットをかぶった状態だったし、情熱とフラストレーションの瞬間だった」

「だからこそ、彼はまだF1にいる。なぜなら、彼が『まあ、どうでもいい。次のレースだ』といって立ち去るようんら、彼はF1にいるべきではない」

「しかし、あれは彼にハングリー精神がそこにあることを示した」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ / デビッド・クルサード / F1サウジアラビアGP