元F1ドライバーのデビット・クルサード「フェルスタッペンの成功を車のおかげと言うのは愚か」
元F1ドライバーのデビッド・クルサードは、マックス・フェルスタッペンの成功が「車のおかげ」だと言うのは「馬鹿げている」と語る。

ルイス・ハミルトンのタイトルであれ、ミハエル・シューマッハの成功であれ、マックス・フェルスタッペンの2連覇であれ、批評家たちの一般的な意見は、それらドライバーが勝利を収めたのは「車が良かっただけ」というものだ。

ミハエル・シューマッハとルイス・ハミルトンの両方と戦い、F1で246回のスタートと13回の勝利を収めたデビッド・クルサードは、現在、ViaplayとChannel4のアナリストとして活動している。

デビッド・クルサードは、ステアリングを握っていた年月の中で、「勝てる車でさえ」勝つことは容易ではないことを学んだとし、ただの優秀なドライバーとワールドチャンピオンの違いは何かについてFORMULA1Magazineに語った。

デビッド・クルサードは、マックス・フェルスタッペンは「すでに偉大なドライバーの1人」であると信じている。

「ルイスがこのスポーツで最も偉大なドライバーの1人であると考えるのに、9回のワールドタイトルを必要としないのと同じように、マックスが最高のドライバーの1人と見なされるのに3回目のタイトルは必要ない」とデビッド・クルサードは語った。

「マックスはすでに偉大なドライバーの一人だ。また、彼がこれを達成したのは『良い車に乗っていたから』だと主張するのは馬鹿げている」

「結局のところ、彼のチームメイトは誰も彼に匹敵することができなかった。マックスはコース上のビーストであり、我々が何を言おうと、他の誰かが何を言おうと気にしない勝利製造機だ。彼はものすごい」

だが、それは安易な批判に対する意見であり、F1でタイトルを獲得するのは、良い車は依然として必要条件だ。例として、デビッド・クルサードはルイス・ハミルトンとフェルナンド・アロンソを挙げる。

「ルイスは7回のチャンピオンではなく、9回のチャンピオンだったかもしれない。同時に、彼はしばしば良い車に乗っていたが、アロンソのようなドライバーはそうではなかった」

フェルナンド・アロンソも2005年と2006年に連続して2つのタイトルを獲得したが、今のマックス・フェルスタッペンと同じように、誰もそれが止まるとは思っていなかった。

「アロンソは2つ以上のタイトルを持つべきだった」とデビッド・クルサードは語り、アロンソが「間違いなくまだスキルを持っている」と主張した。

フェルナンド・アロンソは、ルノーでタイトルを2連覇した後、マクラーレンへ移籍。そこから間違った選択が続いた。

したがって、デビッド・クルサードはマックス・フェルスタッペンの2連覇は「フェルスタッペンの時代」が到来した、または、長期の覇権を意味するものではないと主張する。

「フェルスタッペンの時代は、2つのタイトルで終わるかもしれない」とデビッド・クルサードは語る。

「彼が優秀なドライバーではないからではないが、彼は今後のシーズンでタイトルを獲得するマシンを持っていないかもしれない」

「それを事前に知っている人はいない」

だが、フェルナンド・アロンソとは異なり、そして、ルイス・ハミルトンがメルセデスF1で7回のタイトルのうち6回を獲得したように、マックス・フェルスタッペンは2028年までレッドブルと長期契約を結んでいる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / デビッド・クルサード