「角田裕毅は荷物をまとめて家に帰るべき」 弱気な発言に痛烈批判 クルサードがF1シート喪失を予想
元F1ドライバーのデビッド・クルサードは、アルファタウリ・ホンダのルーキーである角田裕毅に感銘を受けておらず、2022年以降に角田裕毅はF1で生き残ることはできないと信じている。

元レッドブルのF1ドライバーであり、現在はChannel 4のコメンテーターを務めるデビッド・クルサードは、自分が2022年もアルファタウリに残留できて驚いたという角田裕毅のコメントに特に疑問を呈している。

角田裕毅は、2021年シーズン前半の一貫性のない結果と複数のクラッシュを考えれば、2年目のシーズンの機会を与えられたことは自分でも驚いているとメディアに語った。

「シーズン前半はかなり一貫性がなかったので、僕サイドとしても、来年も残留できることに少し驚きました」と角田裕毅はモンツァで記者団に語った。

「とにかくクラッシュが続いていましたし、チームにたくさんのお金を使わせてしまいました」

この発言を角田裕毅の正直さだと捉えている人もいるが、デビッド・クルサードは、その角田裕毅の姿勢に痛烈な見方を示している。

「彼はどの惑星から来たのか? レーシングドライバーの声ではない。彼は小さなバッグを荷物を詰めて今すぐ家に帰るべきだと思う」とデビッド・クルサードは語った。

「 『クラッシュし続けているので、彼らが僕を引き留めてくれたことに驚いた』だと? 私なら今すぐ飛行機のチケットを予約するだろう。安く済んでいいからね。彼は来年以降にF1にいることはないと思う」

だが、アルファタウリF1のチーム代表を務めるフランツ・トストは、角田裕毅を信じており、ルーキーはスキルを磨き、経験を積むという点でまだ進行中の作業であると主張している。

「裕毅は毎日学び続けている」とフランツ・トストは語った。

「エンジニアからのフィードバックは、彼が与えられたすべての情報を吸収し、改善していることを示している」

「ルーキーとして、裕毅はこの旅の始まりに過ぎないので、我々が一緒に始めたことを彼が続けることができるのは良いことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / ホンダF1 / デビッド・クルサード / アルファタウリ