セバスチャン・ブルデー、「良いニュースを祈っている」

2008年11月5日
セバスチャン・ブルデー トロ・ロッソ
セバスチャン・ブルデーは、2009年に2年目のF1キャリアを迎えられることを祈っている。

困難なルーキーシーズンを送ったセバスチャン・ブルデーだが、最終戦ブラジルGPでは、トロ・ロッソで良い状態を味わった。

しかし、まだブルデーが2009年も保持されるかは不確定なままだ。

セバスチャン・ブルデー、トロ・ロッソの早期決断を望む

2008年10月23日
セバスチャン・ブルデー
セバスチャン・ブルデーは、トロ・ロッソの上層部が2009年について優柔不断であることに懸念を示している。

F1で複雑なデビューシーズンを送っているセバスチャン・ブルデーは、アメリカから多くのオファーを受けており、彼の来年の決断を迫られている。

「トロ・ロッソのボスたちは、急いで僕の運命を決定するつもりはないようだ」

ブリアトーレ、「ブルデーはルノーにとって年齢が高すぎる」

2008年10月22日
セバスチャン・ブルデー
ルノーのチーム代表であるフラビオ・ブリアトーレは、セバスチャン・ブルデーが2009年にルノーのシートに座るとの推測を否定した。

フラビオ・ブリアトーレは、セバスチャン・ブルデーを「年齢が高すぎる」とコメント。

このブリアトーレのコメントは、来年のルノーのシートがひとつが空席であり、ルーカス・ディ・グラッシかロマン・グロージャンが座るのではないかという憶測を強めた。

トロ・ロッソ、セバスチャン・ブルデーの決定を保留

2008年10月15日
セバスチャン・ブルデー
トロ・ロッソは、セバスチャン・ブルデーに関する決定をシーズン終了後まで保留するかもしれない。

トロ・ロッソは、来年のセバスチャン・ベッテルの後任ドライバーを探しているが、セバスチャン・ブルデーの将来は不確定である。

しかし、セバスチャン・ブルデーは、ペナルティがなければポイントを獲得できた日本GPを含め、最近のレースで好調さをみせており、2009年もチャンスを与えられる可能性が高まっている。

セバスチャン・ブルデー、マッサのドライビングに不満

2008年10月14日
セバスチャン・ブルデー
日本GPのレース後に25秒ペナルティを受け6位から10位に降格となったセバスチャン・ブルデーは、接触の原因は完全にフェリペ・マッサに原因があったと語った。

セエバスチャン・ブルデーは、最後のピットストップのあと、1コーナーでアウトサイドを回ろうとしていたフェリペ・マッサと接触。レース後、その行為が危険行為とみなされ、25秒加算ペナルティが科せられた。

セバスチャン・ブルデー、25秒加算ペナルティで10位に降格 (日本GP)

2008年10月12日
フェリペ・マッサと接触するセバスチャン・ブルデー
F1日本GPの決勝レース後、セバスチャン・ブルデーに25秒加算ペナルティが下された。

セバスチャン・ブルデーは、日本GP決勝レースの50周目、ピットアウト時にフェリペ・マッサと接触し、マッサのスピンを誘発した。

レース後、その行為が審議に掛けられていたが、スチュワードはセバスチャン・ブルデーに25秒加算ペナルティを科すことを決定した。

ポール・ニューマンの死を悼むブルデー

2008年9月28日
ポール・ニューマンとセバスチャン・ブルデー
ポール・ニューマン死去の知らせを受け、セバスチャン・ブルデー(トロ・ロッソ)が悲しみのコメントを寄せた。

27日に肺がんのため83歳でこの世を去ったアメリカ人の映画俳優ポール・ニューマン。

ポール・ニューマンは、セバスチャン・ブルデーがF1転向前にチャンプカーで5年間ドライバーを務めたニューマン・ハース・チームの設立者であり共同オーナーだった。

セバスチャン・ブルデー (シンガポールGPプレビュー)

2008年9月25日
セバスチャン・ブルデー
セバスチャン・ブルデーが、シンガポールGPについて語った。チャンプカーで多くのストリートサーキットとナイトレースを経験してきたブルデーは、シンガポールのサーキットに感動を思えたという。また、佐藤琢磨と争っているといわれる来期のシートに関しても語った。

セバスチャン、トラックをどう思いましたか?
昨日、初めてトラックを歩いたけど、本当に素晴らしい仕事をしたね。かなり感動したよ。ゼロから造るのは間違いなく大きな仕事だ。でも、本当に素晴らしい仕事をしたと思うよ。

セバスチャン・ブルデー 「チームの優勝を素直に味わえない」

2008年9月15日
失望のレースとなったセバスチャン・ブルデー(トロ・ロッソ)
セバスチャン・ブルデーは、自身の壊滅的なレースのため、トロ・ロッソのF1初勝利の喜びを分かち合うのは難しいと語る。

セバスチャン・ブルデーは、自身最高位となる予選4番グリッドを獲得したにも関わらず、マシンがストールし、レースに参加する前に1ラップを失ってしまった。

ポールポジションからスタートしたチームメイトのセバスチャン・ベッテルは、彼とトロ・ロッソの初勝利のためにレースを支配し続けた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム