セバスチャン・ブルデー、ペンスキーに移籍か

2009年1月2日
ペンスキーがセバスチャン・ブルデー獲得か
セバスチャン・ブルデーが、インディカーのチーム・ペンスキーに移籍するとの憶測が広まっている。

チーム・ペンスキーのドライバーであるエリオ・カストロネヴェスに脱税容疑がかけられており、有罪判決が下れれば服役する可能性がある。

判決は3月に予定されており、その場合、チーム・ペンスキーはライアン・ブリスコーのチームメイトを見つける時間はほとんどない。

セバスチャン・ブルデー、インディカー移籍を検討

2008年12月19日
セバスチャン・ブルデー
セバスチャン・ブルデーは、来シーズンF1でシートを失うようであれば、北米のレースに戻ることを考えていると明かした。

4度のチャンプカー・チャンピオンのブルデーは、来シーズンのスクーデリア・トロ・ロッソのシートをセバスチャン・ブエミや佐藤琢磨とともに争っているが、トロ・ロッソに残留できなければ北米に戻るかもしれないと述べている。

ニコラス・トッド 「トロ・ロッソはブルデーを継続したがっている」

2008年12月16日
ニコラス・トッドとセバスチャン・ブルデー
セバスチャン・ブルデーのマネージャーを務めるニコラス・トッドは、トロ・ロッソはブルデーを継続起用したいが、経済財政状況によって難しい状況になっているのだと語る。

ライバルである佐藤琢磨は、トロ・ロッソに相当な資金を持ち込むと思われており、セバスチャン・ブルデーは、来年のレースシートを得られるかどうかまだ待っている。

ニコラス・トッドは、「トロ・ロッソはブルデーを継続したがっている」と語る。

セバスチャン・ブルデー 「シートのためにお金を探している」

2008年12月10日
セバスチャン・ブルデー (トロ・ロッソ)
セバスチャン・ブルデーは、2009年のトロ・ロッソの彼のレースシートが、個人スポンサー探しの戦いになったことを認めた。

セバスチャン・ブルデーは、今週ヘレステストに参加。彼のライバルとされている佐藤琢磨と再び1日半ずつシートを共有し対決する。

「注意深く見てはいるが、この経済危機の中ではフランスに限らずお金を見つけるのは難しい」

トロ・ロッソ、ヘレスでも3名のドライバーをテスト

2008年12月5日
トロ・ロッソ 佐藤琢磨
トロ・ロッソは、12月9日(火)から3日間行われる次回のF1ヘレステストで、再びセバスチャン・ブエミ、セバスチャン・ブルデー、佐藤琢磨の3名のドライバーをテストすることを発表した。

トロ・ロッソは、前回のバルセロナテストでもセバスチャン・ブエミ、セバスチャン・ブルデー、佐藤琢磨をテストしていた。

バルセロナ同様、ヘレスでも佐藤琢磨とセバスチャン・ブルデーは、半分ずつクルマをシェアし、セバスチャン・ブエミは3日間すべて1台のクルマを利用する。

セバスチャン・ブルデー 「契約はオプション付きの3年契約だった」

2008年11月22日
セバスチャン・ブルデー トロ・ロッソ
セバスチャン・ブルデーは、トロ・ロッソとの契約がオプション付きの3年契約だったことを明らかにした。

今シーズン、トロ・ロッソのレースドライバーを務めたセバスチャン・ブルデー。開幕戦こそ、ポイントを獲得したが、モナコから投入されたSTR3のマシン特性に苦しみ、最終的に4ポイントの獲得でドライバーズランキング17位でシーズンを終えた。

トロ・ロッソは、2009年のドライバーを未だ決定しておらず、今週のバルセロナでは、セバスチャン・ブルデーを含め、セバスチャン・ブエミ、佐藤琢磨の3名のドライバーをテスト。ブルデーの2009年シートは、いまだ未確定となっている。

セバスチャン・ブルデー 「トロ・ロッソのドライバーはお金で決まる」

2008年11月20日
セバスチャン・ブルデー トロ・ロッソ
セバスチャン・ブルデーは、トロ・ロッソが多くの資金を持ち込めるドライバーを選定するだろうと語る。

トロ・ロッソは、2009年のドライバーラインナップをまだ決定しておらず、2008年のレースドライバーを務めたセバスチャン・ブルデーの将来はまだ確定していない。

セバスチャン・ブルデーは、来シーズン、大きなスポンサーを持ち込むことができないために、レースシートを失うかもれないと懸念している。

トロ・ロッソ、バルセロナで琢磨を含む3名のドライバー候補をテスト

2008年11月12日
佐藤琢磨
トロ・ロッソは、来週のバルセロナテストで2つのレースシートをかけて、佐藤琢磨を含む3名のドライバー候補を走らせることを明らかにした。

2009年のドライバーラインナップの可能性を評価するため、トロ・ロッソは、レッドブルが支援するセバスチャン・ブエミ、2008年のレースドライバーであるセバスチャン・ブルデー、そして元ホンダとスーパーアグリのレーサーである佐藤琢磨の3名に、テストのためのシートを与える。

セバスチャン・ブルデー、2008年シーズンを振り返る

2008年11月11日
セバスチャン・ブルデー
セバスチャン・ブルデーが2008年シーズンを振り返った。

チャンプカー世界チャンピオンからF1入りしたブルデーは、初レースでポイントを獲得。しかし、シーズン中盤は新車STR3に苦しむなど、4ポイントの獲得でドライバーズランキング17位でF1初シーズンを終えた。

セバスチャン・ブルデーは、まだ2009年のシートを確保できていないが、トロ・ロッソでレースを続けられることを期待している。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム