セバスチャン・ブルデー 「F1と他レースとの両立は可能」

2009年2月11日
セバスチャン・ブルデー
セバスチャン・ブルデーは、2009年に他のレースへ参戦することがF1プログラムを中途半端にするとの報道を否定した。

セバスチャン・ベッテルは、イギリスGPとドイツGPの間の6月にプジョーからル・マン24時間に参戦するだけでなく、メルボルンでのシーズン開幕の1週間前にセブリング12時間レースにも参戦する。

「心配はしていない。僕には十分な経験があるからね。昨年はできなかったけど、2007年はチャンプカーとル・マンの両方に参加している」とブルデーは語る。

セバスチャン・ブルデー、ル・マン24時間とセブリング12時間に参戦

2009年2月11日
プジョーのル・マンカー
プジョーは、トロ・ロッソのF1ドライバーであるセバスチャン・ブルデーがル・マン24時間に参戦することを正式に発表した。

セバスチャン・ブルデーは、これまで6度、ル・マン24時間に参戦しており、今回で7度目のチャレンジとなる。

またプジョーは、セバスチャン・ブルデーが、プジョー908 HDiプロトタイプで3月末に行われるセブリング12時間にも参戦することを明らかにした。

セバスチャン・ブルデー 「STR4での走行は3月上旬」

2009年2月9日
セバスチャン・ブルデー トロ・ロッソ
セバスチャン・ブルデーは、トロ・ロッソの新車STR4でのテストは3月上旬になるだろうと語る。

2009年のトロ・ロッソへの残留が決まったセバスチャン・ブルデーは、来週のヘレステストでは2008年モデルSTR3を走らせる。

3月29日(日)の開幕戦オーストラリアGPが迫っていることに関して「理想的ではないのは明らかだ」と語るブルデー。

セバスチャン・ブルデー、ル・マン24時間にも参戦

2009年2月8日
セバスチャン・ブルデー
トロ・ロッソ残留が決定したばかりセバスチャン・ブルデーだが、2009年にル・マン24時間にも参戦することを間もなく発表するという。

チーム広報は、2009年ル・マンのプジョーのラインナップにブルデーが入っているとする報道を認めた。

プジョーは、月曜日の午後にフランスの本部で正式発表する予定。

トロ・ロッソ、セバスチャン・ブルデーの起用を発表

2009年2月6日
トロ・ロッソのドライバーはセバスチャン・ブルデーに決定
トロ・ロッソは、セバスチャン・ブルデーを2009年のレースドライバーとして起用することを発表した。

昨年、チャンプカー4年連続チャンピオンとしてトロ・ロッソからF1デビューを果たしたセバスチャン・ブルデーだが、初年度はパフォーマンスを見せられず2009年のF1シートは未定となっていた。

トロ・ロッソの残りのシートに関しては様々な推測がなされていたが、昨日セバスチャン・ブルデーが来週のヘレステストに参加することが明らかになり、セバスチャン・ブエミのチームメイトとしての発表は間近とみられていた。

セバスチャン・ブルデー、来週トロ・ロッソのテストに参加

2009年2月5日
セバスチャン・ブルデー
セバスチャン・ブルデーは、来週ヘレスでトロ・ロッソのテストに参加。2009年のトロ・ロッソのシートを獲得する可能性が高まったと報じられている。

ここ最近の報道では、セバスチャン・ブルデーがトロ・ロッソの残りのシート獲得はほぼ確実といわれているが、トロ・ロッソはまだ公式発表を行っていない。

トロ・ロッソの広報は“まもなく”発表があるだろうと語る。

セバスチャン・ブルデーとトロ・ロッソはまだ未契約

2009年1月28日
セバスチャン・ブルデー トロ・ロッソ
先日、セバスチャン・ブルデーが2009年のトロ・ロッソのドライバーに決定したと報じられたが、ブルデーのマネージャーであるニコラス・トッドはこの報道を否定した。

ニコラス・トッドはラジオ“Europe 1”に対して、「現時点では契約は締結されていない。我々はトロ・ロッソや他のシリーズとも交渉している。しかし、今のところまだ何も決まっていない」と明らかにした。

セバスチャン・ブルデー、トロ・ロッソのシートを獲得か

2009年1月23日
セバスチャン・ブルデー トロ・ロッソ
セバスチャン・ブルデーが、まもなくトロ・ロッソの2009年の2人目のレースドライバーとして発表されるだろうとスイスとフランスのメディアが報じた。

これまでトロ・ロッソはセバスチャン・ブエミのみを2009年のレースドライバーとして発表している。

セバスチャン・ブルデーは、昨年トロ・ロッソでF1を戦ったが、チームメイトでレッドブルに移籍したセバスチャン・ベッテルの35ポイントに対して、わずか4ポイントでシーズンを終え、シート確保が危ぶまれている。

セバスチャン・ブルデー、インディカーでのシート獲得も危機

2009年1月13日
セバスチャン・ブルデー
セバスチャン・ブルデーは、インディカーでもシートを獲得できない可能性がある。

セバスチャン・ブルデーは、廃止されたチャンプカー・シリーズで4年連続チャンピオンとなり、2008年はトロ・ロッソからF1に参戦した。しかし、12日にFIAが発表した来シーズンの公式エントリーリストにセバスチャン・ブルデーの名前はなかった。

噂によると、有名なインディカーのチームであるペンスキーがエリオ・カストロネヴェスの後任候補として、セバスチャン・ブルデーの起用を検討していたという。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム