セバスチャン・ボーデの将来はいまだ未定

2008年8月26日
セバスチャン・ブルデー(トロ・ロッソ)
セバスチャン・ブルデーのマネージャーは、2008年以降のボーデのF1における将来はまだ未定であることを認めた。

フェリペ・マッサのマネージャーも務めるニコラス・トッドは、来年を含めたセバスチャン・ブルデーの契約の延長に努めていると語る。

「F1では、ルーキーか10年目であるかに関係なく、常に何かを証明しなければならないし、常に最新のレースで判断される」

セバスチャン・ボーデ、「少しずつ改善している」

2008年8月8日
セバスチャン・ブルデー(トロ・ロッソ)
セバスチャン・ブルデーは、ここ最近のレースでチームメイトのセバスチャン・ベッテルとは対照的に苦しい戦いを強いられている。特にSTR3との相性が問題となっているが、解決の糸口を見つけたようだ。

4度のチャンプカーチャンピオンであるセバスチャン・ブルデーにとって、トロ・ロッソのニューマシンSTR3は扱いにくいマシンとなっている。ボーデは今、解決策としてドライビングスタイルの修正と小さなディテールに注力している。

セバスチャン・ボーデに5グリッド降格ペナルティ

2008年8月3日
スチュワードに呼び出されるセバスチャン・ブルデー
セバスチャン・ブルデーにハンガリーGP決勝での5グリッド降格が言い渡された。

セバスチャン・ブルデーは、ハンガリーGP予選で14番グリッドを獲得したが、Q1で脱落したニック・ハイドフェルド(BMW)が最終コーナーでブロックされたと申し出ていた。

スティワードは、予選終了後、セバスチャン・ブルデーに対して5グリッド降格のペナルティを下した。

セバスチャン・ボーデ、前半戦を振り返る

2008年7月4日
セバスチャン・ブルデー(レッドブル)
チャンプカー4年連続チャンピオンという輝かしい経歴を引っさげF1の世界へ戦いの場を移したセバスチャン・ブルデー。開幕戦こそ、力強い結果を出したが、以降は厳しいレースが続いている。セバスチャン・ブルデーがデビューシーズン前半戦を振り返った。

セバスチャン・ブルデー
「シーズン開幕戦のオーストラリアの予選は標準的だったが、レースは最高だった。少なくともフィニッシュの2周前まではね。色々とあったが、今でも良い思い出だし、素晴らしいデビューレースだったと思う。その後はいくつか技術的なトラブルがあったり、ぼくがミスを犯したりして、少し苦しい戦いが続いた。新車が手に入るまでは競争力が少し落ちてしまった。」

セバスチャン・ボーデ、ギアボックス交換で5グリッド降格

2008年6月8日
フリー走行でクラッシュしたセバスチャン・ブルデーのマシン
セバスチャン・ブルデー(トロ・ロッソ)は、カナダGPでギアボックス交換により5グリッド降格が決定した。決勝レースは最後尾からのスタートとなる。

セバスチャン・ブルデーは、土曜日のフリー走行の終盤にマシンをクラッシュ。ギアボックスの交換を余儀なくされ、予選では16番手タイムを記録したが、ギアボックスの4レース使用というルールにのっとり、5グリッドの降格が決定した。

セバスチャン・ボーデ、「重要なのは一歩一歩進むこと」

2008年5月24日
セバスチャン・ブルデー
セバスチャン・ブルデーにとって、夏にはフランスGPがあるが、今週末のモナコはフランス人のボーデにとってはホームレースと同じようなものだ。モナコを走るのも初めてではない。6年前にF3000のレースで優勝した経験がある。

「6年も前のこととは思えないよ。まるで昨日のことのようだ。でも、今週末はF1カーなので、クルマから見るコースも走る感覚も全く違うと思う。今回も素晴らしい週末になればいいな。でも、現実的に考えた方がいいだろう。新車は古いクルマよりも性能的なアドバンテージはあるかも知れないけどね」

セバスチャン・ボーデ、接触によりリタイア

2008年4月28日
セバスチャン・ブルデーと妻クレア(画像)
トロ・ロッソのセバスチャン・ブルデーは、レース中盤の接触で左フロントサスペンションが壊れ、リタイアとなった。

16番手からスタートしたセバスチャン・ブルデーは、ネルソン・ピケJr.と接触し、左フロントサスペンションを破損し、レースを終えた。ミラーでピケJr.を確認していたとコメントしているが、映像では明らかにピケJr.が先行してはみえた。やや楽観的過ぎたのではないだろうか。

トロ・ロッソ:スペインGP予選 ボーデは16番手

2008年4月27日
セバスチャン・ブルデー&セバスチャン・ベッテル(トロ・ロッソ)
トロ・ロッソは、F1 スペインGP予選で、セバスチャン・ブルデーが16番手、セバスチャン・ベッテルが18番手だった。

STR3の投入を控え、暫定マシンで戦うトロ・ロッソ。セバスチャン・ブルデーは、Q2に進出し16番手を獲得。

一方、セバスチャン・ベッテルは、マシンのセットアップに苦しみQ1で脱落した。

セバスチャン・ボーデ、STR3でクラッシュ

2008年4月17日
初走行でクラッシュしたSTR3(画像)
セバスチャン・ブルデーは16日、公式トラックデビューを飾ったトロ・ロッソ STR3でいきなり大クラッシュを起こしてしまった。これにより、トロ・ロッソによるSTR3のテストは継続不可能となった。

バルセロナテスト3日目でやっと走行にこぎつけたトロ・ロッソの新車STR3であったが、午後の走行でセバスチャン・ブルデーはマシンをクラッシュさせた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム