リアム・ローソン 「準備してきたよりも車の限界ははるかに高かった」

2022年8月27日
リアム・ローソン 「準備してきたよりも車の限界ははるかに高かった」 / スクーデリア・アルファタウリ F1ベルギーGP 金曜フリー走行
リアム・ローソンは、2022年F1第14戦ベルギーグランプリのフリー走行1目にスクーデリア・アルファタウリから出走し、14周を走行して19番手タイムをマークした。

F1チームはシーズンを通してヤングドライバーに最低2回のFP1セッションを提供する必要があり、スクーデリア・アルファタウリはその1回をスパ・フランコルシャンで消化。レッドブルのジュニアドライバーであるリアム・ローソンを抜擢した。

ピエール・ガスリー 「内容には満足。上位グリッドを目指す必要がある」

2022年8月27日
ピエール・ガスリー 「内容には満足。上位グリッドを目指す必要がある」 / スクーデリア・アルファタウリ F1ベルギーGP 金曜フリー走行
ピエール・ガスリー(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年F1第14戦ベルギーグランプリの金曜フリー走行を14番手で終えた。

フリー走行1回目はルーキーFP1枠で走ったリアム・ローソンにマシンを譲ったピエール・ガスリーは、FP2からの走行で難しさはあったものの、良いデータを集めることができたと初日を振り返った。

セルジオ・ペレス 10番手 「リアウイングにわずかな問題があった」

2022年8月27日
セルジオ・ペレス 10番手 「リアウイングにわずかな問題があった」 / レッドブル・レーシング F1ベルギーGP 金曜フリー走行
セルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング)は、2022年F1第14戦ベルギーグランプリの金曜フリー走行を10番手で終えた。

FP2でセルジオ・ペレスのマシンには問題があり、25分以上に渡ってガレージ内に留まることになった。その後、ソフトタイヤを履いてようやくコースに戻ったが、最高速コーナーのオー・ルージュで雨が降り始めたとの報告が入り、FP2は寸断された展開になっていく。

フェルスタッペン 「コースに出た直後から車はかなり良い状態だった」

2022年8月27日
マックス・フェルスタッペン 「コースに出た直後から車はかなり良い状態だった」 / レッドブル・レーシング F1ベルギーGP 金曜フリー走行
マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)は、2022年F1第14戦ベルギーグランプリの金曜フリー走行をトップタイムで終えた。

両セッションは雨の影響を受け、プログラムにも支障が生じたが、マックス・フェルスタッペンは、FP1を3番手で終え、FP2でもトップタイムを記録し、好調のうちにレースウィークエンドをスタートした。

角田裕毅 13番手 「予選とレースに向けて取り組めるエリアがある」

2022年8月27日
角田裕毅 13番手 「予選とレースに向けて取り組めるエリアがある」 / スクーデリア・アルファタウリ F1ベルギーGP 金曜フリー走行
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年F1第14戦ベルギーグランプリの金曜フリー走行を12番手で終えた。

両方のセッションで終盤に雨が降るという“スパ・ウェザー”に翻弄されることになった初日、角田裕毅はFP1に17周を走行して8番手、FP2では16周を走行して13番手タイムをマーク。予選と決勝にむけて取り組むことができるエリアはあると語った。

F1ベルギーGP FP2:レッドブルF1のマックス・フェルスタッペンが首位

2022年8月27日
F1ベルギーGP FP2:レッドブルF1のマックス・フェルスタッペンが首位 2番手のルクレールに0.86秒差
2022年F1第14戦ベルギーグランプリのフリー走行2回目が8月26日(金)にスパ・フランコルシャンで行われ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)がトップタイムをマークした。

FP1では終盤に雨に見舞われたF1ベルギーGP。FP2までに路面はドライに改善したが、気温18度、路面温度21度の肌寒いコンディションでセッションはスタート。各チームが再び雨が降った場合に備えて早めに周回を重ねていく。

F1ベルギーGP フリー走行2回目 速報:フェルスタッペンがトップタイム

2022年8月27日
F1ベルギーGP フリー走行2回目 速報:フェルスタッペンがトップタイム 終盤に再び雨 角田裕毅13番手
F1ベルギーGP フリー走行2回目の結果速報。2022年F1第14戦ベルギーグランプリのFP2セッションが8月26日(金)にスパ・フランコルシャンで行われた。

FP1は雨で終わったF1ベルギーGP。FP2のスタートまでに路面は改善し、気温18度、路面温度21度のドライコンディションで60分間のFP1セッションはスタート。しかし、残り20分あたりから再び雨に見舞われ、終盤にタイムは更新されずにセッションは終了した。

2022年 F1ベルギーGP FP2:順位結果 マックス・フェルスタッペンが首位

2022年8月27日
2022年 F1ベルギーGP FP2:順位結果 マックス・フェルスタッペンが首位
2022年F1ベルギーGP FP2の順位結果。

2022年のF1世界選手権 第14戦 F1ベルギーGPのフリー走行2回目が8月26日(金)にスパ・フランコルシャンで行われ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)がトップタイムをマーク。2番手にはシャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)、3番手にランド・ノリス(マクラーレン)が続いた。

F1ベルギーGP:フェルスタッペン&ルクレールらがPU交換ペナルティ

2022年8月26日
F1ベルギーGP:フェルスタッペン&ルクレールらがPU交換ペナルティ
2022年F1ベルギーGPでは、タイトルのライバルであるマックス・フェルスタッペン(レッドブル)やシャルル・ルクレール(フェラーリ)を含む多数のドライバーがパワーユニットエレメントの変更を受けて、グリッドの後方から決勝をスタートする。

マックス・フェルスタッペン、シャルル・ルクレール、マクラーレンのランド・ノリス、アルピーヌのエステバン・オコン、ハースF1チームのミック・シューマッハ、アルファロメオのバルテリ・ボッタスは、他のサーキットよりも伝統的にオーバーテイクが可能なスパ・フランコルシャンで変更を行うことを選択したため、グリッド後方からスタートする必要がある。
«Prev || ... 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 · 13 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム