レッドブル・ホンダF1 「アンダーカットを仕掛けるペースはなかった」

2020年9月2日
レッドブル・ホンダF1 「アンダーカットを仕掛けるペースはなかった」
レッドブル・ホンダF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1ベルギーGPの決勝でマックス・フェルスタッペンに2回目のピットストップをさせて、メルセデスのバルテリ・ボッタスにアンダーカットを仕掛けるためのペースはなかったと語る。

アントニオ・ジョビナッツィとジョージ・ラッセルのクラッシュを除けば、ほとんど波乱のないレースで、メルセデスF1はルイス・ハミルトンが優勝、バルテリ・ボッタス2位と1-2フィニッシュを達成。特にハミルトンは完璧な午後を過ごした。

レッドブルF1首脳 「雨を予想してダウンフォースをつけすぎた」

2020年9月1日
レッドブルF1首脳 「雨を予想してダウンフォースをつけすぎた」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、F1ベルギーGPでマシンのセットアップにミスがあったことを認めた。

F1ベルギーGPでは、メルセデスの2台に挑戦することができず、レース終盤にはタイヤの劣化が進んだことで、ルノーF1のダニエル・リカルドよりもペースは遅かった。

アルファタウリF1 「セーフティカーがなければガスリーはもっと上位だった」

2020年9月1日
アルファタウリF1 「セーフティカーがなければガスリーはもっと上位だった」 / F1ベルギーGP 決勝
アルファタウリ・ホンダF1のチーム代表を務めるフランツ・トストが、2020年のF1世界選手権 第7戦 F1ベルギーGPの決勝レースを振り返った。

アルファタウリ・ホンダは、タイヤを自由に選べる最前列である11番手と12番グリッドを確保。11番グリッドのダニール・クビアトはミディアム、12番グリッドのピエール・ガスリーはハードタイヤと戦略を分けた。

ホンダF1:2020年 第7戦 F1ベルギーGP 決勝レポート

2020年9月1日
ホンダF1:2020年 第7戦 F1ベルギーGP 決勝レポート
スパ・フランコルシャンで行われたF1ベルギーGPの決勝レースで、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが3位に入り、6戦連続の表彰台を獲得した。

レッドブル・ホンダは、ミディアムタイヤを履いたフェルスタッペンが3番手、ソフトタイヤのアレクサンダー・アルボンが5番手からスタート。フェルスタッペンはオープニングラップでダニエル・リカルド(ルノー)と激しく競り合い、3番手をキープしたが、アルボンは1つポジションを落として6番手でレースを展開することとなった。

メルセデスF1代表 「レッドブル・ホンダはアンダーカットの機会を逃した」

2020年9月1日
メルセデスF1代表 「レッドブル・ホンダはアンダーカットの機会を逃した」 / F1ベルギーGP 決勝
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、レッドブル・ホンダがF1ベルギーGPでメルセデスの1-2フィニッシュを揺さぶることができたかもしれないチャンスを逃したと考えている。

アントニオ・ジョビナッツィとジョージ・ラッセルのクラッシュを除けば、ほとんど問題のないレースで、メルセデスF1はルイス・ハミルトンが優勝、バルテリ・ボッタス2位と1-2フィニッシュを達成。特にハミルトンは完璧な午後を過ごした。

ピエール・ガスリー 「ペレスとのバトルではクラッシュを覚悟した」

2020年9月1日
ピエール・ガスリー 「ペレスとのバトルではクラッシュを覚悟した」 / アルファタウリ・ホンダ F1ベルギーGP 決勝
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーは、F1ベルギーGPでセルジオ・ペレス(レーシング・ポイント)をオーバーテイクする際にウォールにぶつかることを覚悟していたと認める。

ピエール・ガスリーは、1コーナーとオー・ルージュの間のストレートでセルジオ・ペレスをオーバーテイク。ベレスは抜かれる際にガスリーのスペースを閉めた。

アルファタウリ・ホンダF1 「ローダウンフォースパッケージを最適化できた」

2020年9月1日
アルファタウリ・ホンダF1 「ローダウンフォースパッケージを最適化できた」 / F1ベルギーGP 決勝
アルファタウリ・ホンダF1の車両パフォーマンス担当チーフエンジニアを務めるクラウディオ・バレストリが、2020年のF1世界選手権 第7戦 F1ベルギーGPの決勝を振り返った。

F1ベルギーGPでは、ピエール・ガスリーがハードタイヤでのスタートとセーフティカー中にステイアウトするという選択が奏功して8位入賞。他のドライバーと同様の戦略を採用したピエール・ガスリーは11位でレースを終えた。

F1ベルギーGP 決勝:トップ10 ドライバーコメント

2020年8月31日
F1ベルギーGP 決勝:トップ10 ドライバーコメント
2020年のF1世界選手権 第7戦 F1ベルギーGPの決勝でトップ10入りしたドライバーのコメント。

優勝はポールポジションからスタートしたメルセデスのルイス・ハミルトン。オープニングラップでトップを守ってからはレースを支配。終盤にはタイヤが厳しくなってきたが、トップ3は同じようにタイヤに苦しんでいたため、勝利が脅かされることはなかった。55回のポール・トゥ・ウィン。今季5勝目、通算89勝目を挙げ、ミハエル・シューマッハの最多勝利記録まであと“2”に迫った。

F1ベルギーGP 決勝:ドライバーコメント(11位~DNS)

2020年8月31日
F1ベルギーGP 決勝:ドライバーコメント(11位~DNS)
2020年のF1世界選手権 第7戦 F1ベルギーGPの決勝で11位~DNSだったドライバーのコメント。

レース前にはマクラーレンのカルロス・サインツがエキゾースト故障によって出走を断念。予報されていた雨が降ることはなく、アントニオ・ジョビナッツィとジョージ・ラッセルのクラッシュによって11周目という早い段階でのセーフティカーの導入によって、レースはタイヤマネジメントが鍵を握る展開となった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム