ニキータ・マゼピン、F1ベルギーGPのファステストラップは幻に

2021年9月2日
ニキータ・マゼピン、F1ベルギーGPのファステストラップは幻に
雨で史上最短のレースとなったF1ベルギーGPのライブタイミングに表示された『3分18秒016』というニキータ・マゼピンのファステストラップは、赤旗ルールによって幻のものとなった。

2021年のF1ベルギーGPは、このスポーツの71年の歴史のなかで史上最短のレースとして記録されることになった。最終的な分類は、危険なウエットコンディションのなかで完了した3周のセーフティカーラップの最後から2番目、つまり1周目のセーフティカーラップが公式レースラップの終わりとなった。

ジェンソン・バトン 「ラッセルのQ3は人生で見たなかで最高のラップ」

2021年9月2日
ジェンソン・バトン 「ラッセルのQ3は人生で見たなかで最高のラップ」 / F1ベルギーGP
元F1ワールドチャンピオンでウィリアムズの特別顧問を務めるジェンソン・バトンは、F1ベルギーGPの予選で2番グリッドを獲得したジョージ・ラッセルのパフォーマンスに最高の賞賛を送った。

ジョージ・ラッセルは、雨でレースをすることなく終了したF1ベルギーGPで初表彰台となる2位を獲得したが、それは土曜日のシュートアウトでの傑出したパフォーマンスが導いたものだった。

F1レースディレクター 「予選Q3をスタートさせるべきではなかった」

2021年9月2日
F1レースディレクター 「予選Q3をスタートさせるべきではなかった」 / F1ベルギーGP
F1レースディレクターを務めるマイケル・マシは、F1ベルギーGPの予選Q3セグメントを進めたのは間違いだったと認める。

先週土曜日に行われたF1ベルギーGPの予選は、開始時にコンディションが悪化。特にQ3では雨脚が強くなり、数名のドライバーは、いくつかのエリアでグリップが制限されていると主張していた。

ランド・ノリス、“不戦勝”のフェルスタッペンに「信じられない走りだった」

2021年9月2日
ランド・ノリス、“不戦勝”のフェルスタッペンに「信じられない走りだった」 / F1ベルギーGP 決勝
マクラーレンのランド・ノリスは、F1ベルギーGPのウィナーとなったマックス・フェルスタッペンのレース後のインタビュー後に割り込み、「信じられない走りだった」と冗談めかして祝福した。

ルイス・ハミルトン“茶番”と評されたF1ベルギーGPの決勝は、激しい大雨がレースの開始を遅らせ、3時間以上の中断の後、セーフティカー先導で数周を終えただけでレースは中止された。

マックス・フェルスタッペン、予選のノリスのクラッシュ後にF1幹部と会談

2021年9月1日
マックス・フェルスタッペン、予選のノリスのクラッシュ後にF1幹部と会談 / F1ベルギーGP
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、F1ベルギーGPの予選Q3でランド・ノリス(マクラーレン)がクラッシュした後、レースディレクターのマイケル・マシと会談したことを明かした。

予選中、スパ・フランコルシャンには“スパ・ウェザー”の混乱に見舞われ、最終セクションではさらに雨脚は強くなった。

F1ベルギーGPの“DRIVER OF THE DAY”はベルント・マイランダー?

2021年9月1日
F1ベルギーGPの“DRIVER OF THE DAY”はベルント・マイランダー?
2021年のF1ベルギーGPで最も多くの周回を重ねたのは、F1マシンではなく、セーフティカーとメディカルカーだった。

セーフティカードライバーのベルント・マイランダーは、スタートからフィニッシュまで4時間の時間を要したレースを実質的にルードした。毎回のことだが、はるかに重いメルセデスでグリッド全体を後ろに率いることは素晴らしい成果だ。

F1代表 「気象レーダーでは大雨が続くことは予測できなかった」

2021年9月1日
F1代表 「気象レーダーでは大雨が続くことは予測できなかった」 / F1ベルギーGP 決勝
F1の最高経営責任者を務めるストファノ・ドメニカリは、日曜日を通して大雨になることは予測できず、F1ベルギーGPを早期にスタートすることについて判断することができなかったと語る。

ウェットトラックではあったが、日曜日の早い段階ではコンディションは良く、FIA F3とポルシェスーパーカップの両方のレースが無事に終了していた。

2021年 F1ベルギーGP 決勝:ドライバーコメント(11位~20位)

2021年8月31日
2021年 F1ベルギーGP 決勝:ドライバーコメント(11位~20位)
2021年 F1世界選手権 第12戦 F1ベルギーGPの決勝で11位~20位だったドライバーのコメント。

11位:フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)
「コンディションを考えれば、レースを中止するのは正しい決断だった。でも、今週末にポイントが与えらえるのは奇妙だと思う。コース上はずっと赤旗の状況で、セーフティカー中を数周するだけだったので、レースではなかった。

レッドブルF1首脳 「我々はこの勝利を誇りに思っていない」

2021年8月31日
レッドブルF1首脳 「我々はこの勝利を誇りに思っていない」 / F1ベルギーGP 決勝a
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーをヘルムート・マルコ博士は、セーフティカー先導で2周走っただけで史上最短のF1レースとなったベルギーGPで優勝したことをレッドブルは誇りに思っていないと認める。

大雨のため、レースは当初のスタート時間から延期され、主催者はイベントが再開できるかどうかを待つ間、状況を監視し続けた。3時間以上の後、天候が改善されなかったため、レースはセーフティカーの下で再開され、再び赤旗が提示された。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム