2022年 F1ベルギーGP 決勝:スターティンググリッド

2022年8月28日
2022年 F1ベルギーGP 決勝:スターティンググリッド
F1は、2022年F1第14戦ベルギーグランプリ決勝のスターティンググリッドを発表した。

今大会は7名のドライバーがPUおよびギアボックス交換によって降格。バルテリ・ボッタス(アルファロメオ)が25グリッド降格、その後ろの6人が“バック・オブ・グリッド”として予選順にグリッド後方に降格する。

レッドブルF1&フェルスタッペン、ポーパシング対策に笑い止まらず

2022年8月28日
レッドブルF1&フェルスタッペン、ポーパシング対策に笑い止まらず / ベルギーグランプリ
レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンは、FIA(国際自動車連盟)のポーパシング対策がRB18に損害を与えたかと質問され、くすくす笑うしかなかった。

「そうだね。あの技術指令は僕たちにとって非常に悪いものだったね(笑)」とマックス・フェルスタッペンはDe Telegraafは語った。

角田裕毅、パワーユニット交換でピットレーンスタート / F1ベルギーGP

2022年8月28日
角田裕毅、パワーユニット交換でピットレーンスタート / F1ベルギーGP
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)は、F1ベルギーGPの予選後にパワーユニットを交換。決勝をピットレーンからスタートすることになった。

角田裕毅は、土曜日の予選Q1の最後のアタックでタイヤをロックアップさせ、19番手でQ1敗退。他のドライバーのペナルティによって13番グリッドからスタートする予定だった。

アルファタウリF1 「角田裕毅はもっと上位を狙えた。本人もチームも苛立ち」

2022年8月28日
アルファタウリF1 「角田裕毅はもっと上位を狙えた。本人もチームも苛立ち」 / ベルギーグランプリ 予選
スクーデリア・アルファタウリのテクニカルディレクターを務めるジョディ・エギントンが、2022年F1第14戦ベルギーグランプリの予選を振り返った。

タイトでミッドフィールドに属しているスクーデリア・アルファタウリだが、ピエール・ガスリーは難なくQ2に進出し、0.15秒差でQ3進出を逃して12番手。チームメイトの角田裕毅はQ1でミスを犯して19番手にとどまった。

メルセデスF1代表、屈辱の1.8秒差「14戦を終えてもW13を理解できてない」

2022年8月28日
メルセデスF1代表、屈辱の1.8秒差「14戦を終えてもW13を理解できてない」 / ベルギーグランプリ 予選
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフが、2022年F1第14戦ベルギーグランプリの予選を振り返った。

前戦ハンガリーでは、ジョージ・ラッセルがポールポジションを獲得し、決勝ではダブル表彰台を獲得して上昇の兆しを見せていたメルセデスF1。上位ドライバーの降格が決定しているスパ・フランコルシャンでは初勝利にも期待がかかっている。

2022年 F1ベルギーGP 予選:ドライバーコメント(11番手~20番手)

2022年8月28日
2022年 F1ベルギーGP 予選:ドライバーコメント(11番手~20番手)
2022年F1第14戦ベルギーグランプリの予選で11番手~20番手だったドライバーのコメント。

今大会では、7名のドライバーがPU交換によるペナルティで後方に下がるため、ミッドフィールドのドライバーも上位からスタートしてポイントを獲得するチャンスと言える。11番手のダニエル・リカルドは7番グリッドからのスタートとなる。

2022年 F1ベルギーGP 予選:ドライバーコメント(1番手~10番手)

2022年8月28日
2022年 F1ベルギーGP 予選:ドライバーコメント(1番手~10番手)
2022年F1第14戦ベルギーグランプリの予選でトップ10入りしたドライバーのコメント。

予選で最速タイムを記録したのはマックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)。ただし、ペナルティで15番グリッドに降格。2番手のカルロス・サインツJr.(スクーデリア・フェラーリ)がポールポジション、3番手のセルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング)がフロントロー2番グリッドに並ぶ。

F1:PU交換で最後尾への自動降格を回避する“15グリッド”の抜け穴を阻止

2022年8月28日
F1:PU交換で最後尾への自動降格を回避する“15グリッド”の抜け穴を阻止
FIA(国際自動車連盟)は、F1レギュレーションのPU交換によるグリッドペナルティの記述にある潜在的な“抜け穴”を阻止。PUコンポーネントを2回に分けて、1回の交換による降格を15グリッド以内に収めていたシャルル・ルクレールも“バック・オブ・グリッド”ペナルティを受ける理由を明らかにした。

オーバーテイクが多くスパ・フランコルシャンでは、多くのドライバーが新しいパワーユニットを投入してグリッド降格を受けることを選択。シャルル・ルクレールは決勝でグリッドペナルティを受ける7人のドライバーの1人だ。

レッドブルF1代表 「中団からのスタートには常にリスクがつきもの」

2022年8月28日
レッドブルF1代表 「中団からのスタートには常にリスクがつきもの」 / ベルギーグランプリ 予選
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーが、2022年F1第14戦ベルギーグランプリの予選を振り返った。

スパ・フランコルシャンでの予選では、マックス・フェルスタッペンが圧倒的なトップタイム(4基目PU投入で決勝は後方グリッドからスタート)をマークし、セルジオ・ペレスが3番手タイムで決勝フロントローを獲得した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム