アレクサンダー・アルボン 今季Q3初進出 「実力でメルセデスとコンマ数秒差」

2022年8月28日
アレクサンダー・アルボン 今季Q3初進出 「実力でメルセデスとコンマ数秒差」 / F1ベルギーGP予選
アレクサンダー・アルボンは、2022年F1ベルギーGPの予選を9番手で終えた。

今シーズン、唯一Q3進出を果たせていなかったアレクサンダー・アルボンだが、今週末はプラクティスから強さを見せており、Q3に進出すると8番手のジョージ・ラッセル(メルセデス)から0.058秒差の9番手タイムをマークした。

バルテリ・ボッタス 148戦ぶりのQ1敗退 「何があろうと14番グリッド」

2022年8月28日
バルテリ・ボッタス 148戦ぶりのQ1敗退 「何があろうと14番グリッド」 / F1ベルギーGP予選
バルテリ・ボッタスは、2022年F1ベルギーGPの予選を20番手で終えた。

バルテリ・ボッタス(アルファロメオ)は、PU交換によってグリッドペナルティを受ける7人のドライバーのうちの1人だったが、他の6名とは異なり、“バック・オブ・ザ・グリッド”の対象ではないため、その中の先頭となる14番グリッドからのスタートとなることが決定していた。

角田裕毅 19番手でQ1敗退「車の感触は良かったがミスをしてタイムロス」

2022年8月28日
角田裕毅 19番手でQ1敗退「車の感触は良かったがミスをしてタイムロス」 / F1ベルギーGP
角田裕毅は、2022年F1ベルギーGPの予選で19番手タイムにとどまり、Q1敗退を喫した。

角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)は、Q1の2回目のアタックでフロントタイヤを数回ロックさせるミスを犯してタイムを更新できず、事実上の最下位となる19番手タイムで予選を終了。今大会は7名のドライバーにグリッドペナルティが科せられており、角田裕毅は決勝は13番グリッドからのスタートとなる。

【動画】 2022年 F1ベルギーGP 予選 ハイライト

2022年8月28日
【動画】 2022年 F1ベルギーGP 予選 ハイライト
2022年 F1ベルギーGP 予選のハイライト動画。8月27日(土)にスパ・フランコルシャンで2022年のF1世界選手権 第14戦 ベルギーグランプリの予選セッションが行われた。

予選で最速タイムを記録したのはマックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)。ただし、ペナルティで15番グリッドに降格。2番手のカルロス・サインツJr.(スクーデリア・フェラーリ)がポールポジション、3番手のセルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング)がフロントロー2番グリッドに並ぶ。

F1ベルギーGP:予選最速はフェルスタッペンもポールスタートはサインツ

2022年8月28日
F1ベルギーGP:予選最速はフェルスタッペンもポールスタートはサインツ 角田裕毅はQ1敗退
2022年F1第14戦ベルギーグランプリの予選が8月27日(土)にスパ・フランコルシャンで行われ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)が最速、カルロス・サインツJr.(スクーデリア・フェラーリ)がポールスタートを決めた。

土曜日のスパ・フランコルシャンは曇り。サポートレースでの事故によってスタートが25分遅れ、気温15度、路面温度20度という涼しい温度のなかで予選セッションはスタートした。

F1ベルギーGP 予選速報:マックス・フェルスタッペンが最速

2022年8月28日
F1ベルギーGP 予選速報:マックス・フェルスタッペンが最速 ポールスタートはカルロス・サインツJr.
F1ベルギーGP 予選の結果速報。2022年F1第14戦ベルギーグランプリのFP2セッションが8月26日(金)にスパ・フランコルシャンで行われた。

サポートレースのポルシェ カップでクラッシュがあり、25分遅れで開始となったF1ベルギーGPの予選。気温15度、路面温度20度と低い温度のまま予選セッションはスタートした。

2022年 F1ベルギーGP 予選:順位結果 マックス・フェルスタッペンが最速

2022年8月28日
2022年 F1ベルギーGP 予選:順位結果 マックス・フェルスタッペンが最速
2022年F1ベルギーGP 予選の順位結果。

2022年のF1世界選手権 第14戦 F1ベルギーGPの予選セッションが8月27日(土)にスパ・フランコルシャンで行われ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)が最速タイムをマーク。2番手にはカルロス・サインツJr.(スクーデリア・フェラーリ)、3番手にセルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング)が続いた。

F1ベルギーGP 予選Q2:アルファタウリF1のピエール・ガスリーが敗退

2022年8月28日
F1ベルギーGP 予選Q2:アルファタウリF1のピエール・ガスリーが敗退
2022年F1第14戦ベルギーグランプリの予選Q2が行われ、シャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)がトップで通過した。

15台から10台に絞り込まれる15分間のQ2。今年、トップ10ドライバーは決勝でQ2をタイムを出したタイヤでスタートするというルールは撤廃され、Q3に進出したドライバーも決勝で自由にタイヤを選べるようになっている。

F1ベルギーGP 予選Q1:アルファタウリF1の角田裕毅が19番手で敗退

2022年8月27日
F1ベルギーGP 予選Q1:アルファタウリF1の角田裕毅が19番手で敗退
2022年F1第14戦ベルギーグランプリの予選Q1が行われ、アルファタウリF1の角田裕毅が19番手でノックアウトとなった。

18分間のQ1セッションは気温15度、路面温度20度のドライコンディションでスタート。このセッションでは5台が脱落。ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)が最初にミディアムでコースに出たが、基本的に全ドライバーがソフトタイヤを使用した。
«Prev || ... 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム